10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.05.15

男性を魅了する「モテる」香水テクニック

 ふわっと香る香水に、ドキドキする男性は多いもの。では男性が好きな香りとはどんなものなのでしょうか? 男性の心をグッとつかむ香りや香水のつけ方、選び方を学んでおきましょう!

香りよりも大事なのは「距離感」

「男性が好きな香り」のアンケートはあちこちで見られますが、筆者の周囲にいる男性の意見も含めてまとめてみると、

・せっけんやシャンプーなど、清潔感を感じられる香り
・華やかでフローラルな、女の子っぽい香り
・レモンやグリーン系など、フレッシュ&柑橘系の香り

 以上のような香りが好き、というコメントが多く寄せられました。モテる香水選びに迷った時は、以上の香りを優先的に選ぶといいでしょう。

 しかし何よりも目立ったのは、

「香りにこだわりはないけど、強すぎるのは嫌」(40代男性)
「近づいた時に、ふと香ってくるくらいがキュンとする」(20代男性)
「満員電車で匂ってくる香水はキツい」(30代男性)

 香りとの「距離感」に関する意見。香りの種類よりも、香ってくる強さで好感度が変わってしまう男性は多いようです。

好印象な香水のつけ方

 では、男性に好印象を持たれやすい香水のつけ方とは何でしょうか? 香水の基本性質を把握し、つけ上手になりましょう。

・温度が高まる場所につける

 香りは温度が高いほど、よく香る性質があります。そのため脈が通り血管が集中している場所、熱がこもりやすい場所につけると効果的。具体的には手首や腕、ひじ、耳の後ろ、うなじなど。直接日光(紫外線)が当たりにくい場所というのがポイントです。

・できるだけ身体の下につける

 基本的に香水をつける場所は上述の通りでOKですが、より自然に香らせたいなら脚のつけ根、ひざの裏側、足首など、身体の下のほうにつけるとベスト。香水は揮発性のため、つけた瞬間にふわっと立ちのぼり、身体全体から自然に香るように感じるからです。特にスカートでデートする時はオススメ!

・肌質や体質、時間経過によって香りが変わる

 香水ごとに配合されている香料の濃度、香りの持続時間が違います。また、つける肌質によっても違いがあり、一般的に汗をかきやすい人、皮脂量の多い人は強く香り、時間の経過による香りの変化が出やすいといわれています。

 香水と肌の匂いと混ざり合うことでその人ならではの香りとなり、チャームポイントとなります。自分の体質を把握するのも、適した香水をつけるコツです。

やってはいけない香水のつけ方

・服に香水をつける

 香水の成分で服を傷める可能性があります。また別の香水を使った時は混ざり合ってしまい、本来の香りとかけ離れた匂いになってしまうことも。香水は清潔な肌に、直接つけることを心がけましょう。

・汗が出やすい場所につける

 脇の下など、汗をかきやすく汚れがたまる場所につけるのはNG! 汗と香水が混ざり、不快な臭いになってしまいます。この部分につけるべきはデオドラント剤。香水と合わせるのなら無臭のものが無難でしょう。同じように足の裏も香水はタブーです。

香害、スメルハラスメントに注意!

 ガス漏れにすぐ気づくようガスに嫌な臭いがついているように、人は臭いに非常に敏感な生き物。あまりに強い香りは「香害」「スメルハラスメント」などと言われて嫌悪されることも…。またお葬式やレストランでの会食など、香水そのものがその場にふさわしくない場合もあります。

 ドレスコード同様、香水もTPOに合わせるもの。周囲への気遣いや思いやりが、モテる&デキる女性の大前提だといえるでしょう。

印象アップのアイテムとして、周囲と差をつける

 いかがでしたか?

 香水はシーンを考慮する必要があるため難しく感じるかもしれませんが、だからこそ印象アップのアイテムとして、周囲と差をつけることができます。上手に利用し、誰よりも華やぐ女性になりましょう!
(10MTV編集部)