10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.05.17

ペン1本でも送料無料!ヨドバシ通販のスゴさ

 通販サイトを使っていますか?2017年はAmazonに楽天、Yahoo!の通販大手三社の販売額が百貨店の売上げを抜くなど、近年、オンラインショッピングの戦国時代と言っても過言ではないでしょう。

 そんな中、電化製品を取り扱っているヨドバシカメラのオンラインショップ「ヨドバシドットコム」が良いよという口コミが聞こえて来ました。電化製品やプリンターのインクを専門に扱っているのでしょうか?早速アクセスしてみました。

家電だけじゃない! ヨドバシオンラインで買えるもの

 アクセスしてまず目に入るのが、検索カテゴリーに「家電」以外の項目がずらりと並んでいることでした。「パソコン」「家電」「AV機器」はもちろん、「ホーム&キッチン・ペット」「ヘルス&ビューティー」「書籍」「ファッション・バッグ」などなど、いろいろと揃っています。

 ヨドバシドットコムの売上げは大きく、通販新聞社が2017年の7月に実地した売上高ランキング調査では、1千億円を超えたことが報じられています。全社売上高の中で実に15%を占め、今や稼ぎ頭のひとつだそうです。

 それならばやっぱり「家電」の売り上げが大きいのでは?と思いがちなところですが、昨今では日用品やインスタント食品での検索回数が増えているようで、今後ますます品揃えの拡充が期待できそうです。

注目ポイントは送料無料!

 ショッピングサイトで何よりネックになるのは送料です。近くのお店では見かけない可愛い小物を見つけて、100円もしないしオンラインで買おうとクリックしたら送料の方が全然高い!本末転倒だとがっかりということも多いと思いますが、ヨドバシドットコムではボールペン1本でも送料無料です。しかも都内23区と一部の市では、ヨドバシエクストリームサービス便が最短2時間30分以内にお届けというすぐれもの。

 さらに、あらかじめ店舗で商品を物色し用意されたQRコードをスマホなどで読み取ると、店舗で気になっていた商品がオンラインで注文できます。すると、店舗販売ではかかってしまう送料が無料に…そんな賢い使い方もできてしまいます。

 これらのサービスを可能にしたのは、ヨドバシカメラでは配送を業者に頼まず自社で行っていることにあるようです。2017年はその利便性から注文が殺到し、遅延トラブルが発生していましたが、現在では解消しているようです。利用する方としては、注文はなるべくまとめて行うのがオンラインショッピング時代のマナーかもしれません。また、いわゆるコンビニ受取ならぬヨドバシ店舗での受取も可能になっています。店舗によっては24時間対応しているので対応店舗が近くにある人には便利ですね。

ポイント還元をどう見るか

 ヨドバシドットコムで販売されている多くの商品が、一部ゲーム機やソフトを除いて、10%ポイント還元されます。こちらはゴールドポイントと呼ばれ、ヨドバシカメラ独自のポイントになっています。大手サイトと比較したとき、値引きがどれくらいされているかは大きな注目点ですが、この設定は好みの分かれるところになりそうです。

 ゴールドポイントはヨドバシでしか使えません。それならばポイントが出なくてもあらかじめ安く設定されているサイトや、他社との連携のあるポイントを発行してくれるサイトを選択するのもありでしょう。逆に高額な家電を買いたいけれど、あれやこれや目移りしてなかなか節約できない人には、ゴールドポイントを高額家電用の貯蓄に回すこともできそうです。

賢く選びたいショッピングサイト

 ボーナスの時期や新生活の始まりの頃、家電を買うときに訪れるだけだった電気量販店も、今やオンラインの世界でマルチ展開の様相です。ヨドバシカメラの成功に続けとビックカメラは楽天と提携し、売上げ1千億円を目指して追走しています。今後もウェブ市場がますます加熱していくのは想像に難くありません。

 大手に新規参入と比較するだけでも大変な数のオンラインショッピングですが、メリット、デメリットを検討して賢く買い物できるようにしたいですね。

<参考サイト>
ネットショップ担当者フォーラム:EC売上1000億円突破のヨドバシカメラなど通販売上ランキング2017【ジャンル別】
https://netshop.impress.co.jp/node/4682
・ヨドバシドットコム
https://www.yodobashi.com/ec/support/service/yodobashi_com/index.html
・RakutenBic
https://www.rakuten.ne.jp/gold/biccamera/
(10MTV編集部)