10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.07.07

資格不要!時給の高いバイトベスト5

 人材不足が慢性化しているようです。パート・アルバイト求人倍率の全国平均は1.83倍(2018年1月度)とたいへん高い状況にあります。接客業におけるアルバイトにいたっては、7.77倍という倍率。場所によっては、従業員がみつからず、やむを得ず閉店という状況も発生しているようです。深刻な人材不足に関連して、ここではアルバイトの時給の現状を詳しく見てみましょう。

三大都市圏の平均時給は1,021円

 リクルートジョブズが行った調査(2018年4月度)によると、首都圏・東海・関西の三大都市圏におけるアルバイトの平均時給は1,021円となっています。これは前年同月比で19円(1.9%)のアップです。また職種別で見ても全職種で前年同月比プラスとなっています。依然として上昇傾向のようです。

 三大都市圏を少し詳しく見ると、首都圏の平均時給は1,062円(前年同月比+1.7%)、東海は964円(前年同月比+2.1%)、関西は989円(前年同月比+2.8%)となっています。

資格不要で最も時給の高い職種は塾講師

 三大都市圏の募集時平均時給を職種別にみて、資格が不要な職種に絞ったトップ5です(カッコは前年同月比)。

1位:塾講師/1,380円(+7.7%)
2位:テレフォンアポインター/1,230円(+1.6%)
3位:コールセンタースタッフ/1,223円(-2.5%)
4位:ホールスタッフ(パチンコ・遊技場)/1,221円(+0.1%)
5位:営業/1,178円(+4.6%)

 資格が不要で高時給となると、やはり資格の後ろ盾がない分、実力勝負の要素が強いといえるかもしれません。

 ちなみに資格が必要な仕事も含めた全職種のうち、最も時給の高い職種は「看護師」で、時給は1,664円です。前年同月比-1.2%と若干の減少ではありますが、アルバイトとしては突出しています。次いで高いのは歯科衛生士・歯科技工士で1,427円(前年同月比+2.6%)。3位はここにも挙がっている塾講師で1,380円。1位の看護師、2位の歯科衛生士は国家資格なので時給が高いことは理解しやすいかと思います。

この一年間でもっとも時給がアップしたアルバイトは塾講師

 前年同期比で伸びた職種トップ3を見ると、1位は先に挙げた塾講師です。時給1,380円は、前年同月比+7.7%(99円)、今回の調査にある全職種で最も高い伸びを示しています。2位は宿泊施設関連(旅館・民宿)+6.6%(63円)で時給は1,020円、3位は医療関係技術者で+6.2%(65円)で1,124円となっています。3位の医療関連技術者とは「理学療法士」「臨床検査技師」「保健師」といった職種で、資格は必須です。この分野は病院に限らず、行政や介護・看護やドラッグストアと連携するなど、高齢社会による幅広い医療の形が広がりつつあることから、伸びていると考えられます。

 では、1位の塾講師はなぜ大きな伸びを示しているのでしょうか。この点は、政府の教育政策による影響があるのかもしれません。政府は文科省の組織再編を行い、教育に関わる人材育成、環境整備、事業支援を進めようとしています。この点から、学校だけの学びではない、周辺の教育組織に対する需要が伸びていると言えるのかもしれません。

 アルバイトを「短期雇用」と捉えれば、その需要は時代の変化を正社員需要よりも素早く、また派遣の需要よりもさらに細かく敏感に反映していると言えるのではないでしょうか。

<参考サイト>
・リクルートジョブズ:2018年4月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査
http://jbrc.recruitjobs.co.jp/data/pdf/pdf201805151029.pdf
・文部科学省:文部科学省の組織再編(平成30年5月時点)
http://www.mext.go.jp/a_menu/other/1405395.htm
(10MTV編集部)