10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.08.09

外国人に人気の日本の観光スポットランキング

 昨今、日本を訪れる外国人の数は激増しています。相変わらず中国からの買い物ツアーも人気のようです。他にも2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことや、2020年の東京オリンピック開催地となったことなど、いくつもの要因があると思われます。つい最近では「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)が世界文化遺産に登録されたこともあり、今後も外国人観光客が増加する流れが継続しそうです。では、外国人観光客は実際には日本のどんなところを訪問しているのでしょうか。今回は「外国人に人気の観光スポット」ランキングを見てみましょう。

外国人に人気の観光スポットランキング

 旅行の口コミサイト、トリップアドバイザーによると、外国人に人気の「外国人に人気の観光スポット」ランキングトップ10は以下の通りとなっています。

1位 伏見稲荷大社(京都府京都市)
2位 広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園)(広島県広島市)
3位 宮島 (厳島神社)(広島県廿日市市)
4位 東大寺(奈良県奈良市)
5位 新宿御苑(東京都新宿区)
6位 兼六園(石川県金沢市)
7位 高野山(奥之院)(和歌山県高野町)
8位 金閣寺(京都府京都市)
9位 箱根彫刻の森美術館(神奈川県箱根町)
10位 姫路城(兵庫県姫路市)

 見たところ、神社仏閣や庭園が多くランクインしています。やはり神社仏閣は日本文化を一目で感じることができるからでしょうか。似た建造物はほかのアジア地域にもありますが、雰囲気はだいぶ異なっているようです。庭園は雪景色や花々の変化など季節によって鮮やかに変化する風景が人気のようです。

伏見稲荷大社

 京都は世界中から観光客が訪れますが、伏見稲荷大社は特にフォトジェニックな場所として大変人気のようです。また拝観料も無料という気前の良さでとりあえず日本にきたら行ってみるべき場所、なのかもしれません。

 伏見稲荷大社の名物と言えば、およそ400メートルにわたって連なる無数の朱色の鳥居、千本鳥居です。しかし千本というのは、あくまでも数が多いということの比喩で、実際に鳥居が千本あるわけではありません。これらの鳥居は商売繁盛を願って奉納され、随時修繕されたり新たに奉納されたりするので、実際の数には変動があるとのこと。

広島平和記念資料館

 広島平和記念資料館は、2016年にオバマ大統領が現職米大統領として初めて被爆地を訪れたことから、世界中から注目を集めました。世界各地に戦争に関連する資料館はあると思われますが、原爆が直接街に投下されたのは、歴史上、広島と長崎だけです。知識として学ぶ機会はあるかもしれませんが、現地にしか残っていない被曝した遺物や、資料が多く展示されています。現在の平和を感じるためには大事な施設といえるかもしれません。こういった悲惨さからは目を逸らしがちですが、やはり痛みを経験した地にしか作ることのできないものです。平和に対する意識を持つために大事な場所かもしれません。

番外編:サムライ ミュージアム

 人気ランキング15位に位置しているのが、「サムライミュージアム」。場所はなんと新宿歌舞伎町のビルです。展示されている甲冑、兜、武具などは70点ほどで、英語、中国語、韓国語で案内が表記されています。なかでも甲冑を着ての写真撮影が外国人旅行者に大人気とのこと。また、英語ガイドツアーもあり、なかなかの充実ぶり。また「殺陣ショー」も観光客の反応はなかなかのようです。やはり、サムライ、忍者といったところは日本のシンボル的なイメージなのですね。

 このように日本を外国人観光客の視点で見てみると、意外と発見があるような気がします。普段なんとなく、生活の一部となっているエリアにも実は日本的なものが潜んでいるかもしれません。

<参考サイト>
・トリップアドバイザー:旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本の観光スポット ランキング 2018
http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/best-inbound-attractions/
・サムライミュージアム
https://www.samuraimuseum.jp/
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事