10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン
DATE/ 2017.03.13
テキストサイズ

今日からできる「ちょい痩せ」ダイエット法

●健康的に痩せたい


 「ダイエット(diet)」という言葉はそもそも、私たちが摂る「日常の食べ物」という意味があり、「規定食」とも呼ばれ、食料そのものを指す言葉だったのだといいます(『スタンダード英語語源辞典』大修館書店)。それがいつしか、健康的な食事=痩せるための食事と認識されるようになっていきました。

 そんな意味が込められているダイエットですが、なかにはたくさん痩せたいわけではないけど、近頃体重が増えたので、ちょっとだけ痩せたい、しかもできれば健康的に痩せたいという方も少なくないのでは。今回は、そんな「ちょい痩せ」願望の方のための方法をご紹介します。

●方法1:ゼロにするのではなく「代わり」にする食べ方


 厚生労働省が発表した『平成27年「国民健康・栄養調査」の結果』によると、「主食・主菜・副菜を組み合わせた食事は、若い世代ほど食べられていない傾向にあり、この世代は、外食や中食の利用割合が高い」という結果が出ているとのこと。ダイエットというと痩せることばかりが話題になり、よく「〇〇抜き」や「〇〇だけを食べる」といったやり方が紹介されますが、その効果は一長一短。

 そこで実践してみたいのが、いつも食べているものを何かに置き換えるというもの。単純ですが、その効果は期待できます。いくつかの例をご紹介します。

<朝の洋食を和食に>
パンやハムエッグなど、朝食を洋食にするのは悪くありません。しかし、痩せることを考えるならば、カロリーや油分を抑えた焼き魚やご飯、納豆などの和食が良いでしょう。

<ケーキやスナック菓子をフルーツヨーグルトに>
おやつとして食べるケーキやスナック菓子は、糖分や油分が多く含まれ、太る原因になります。おやつを食べたいなら、それらの代わりに、腸の調子を整えてくれるヨーグルトや果物にしましょう。お通じが良くなって、腸の中がきれいになります。

<冷水→常温の水>
冷たい水をゴクゴク飲むのは気持ちが良いのですが、一方で内臓を冷やし、代謝を悪くしてしまいます。常温で良いものは、わざわざ冷やさないほうが良いでしょう。

●方法2:「ちょい痩せ」の鍵は「ちょい運動」にあり! 


 太る原因は運動不足にもあります。そこで、手軽にできるカロリー消費の方法をご紹介しましょう。

<家事をこなす>
当たり前のことですが、意外に面倒くさがってしまうのが家事。またすぐ使うからといって、身の回りのものを放置してしまうことはありませんか。でも物を片付けたり、洗濯ものを干したりといった一つ一つの動作が、カロリー消費につながっていると思えば、励みにもなるのではないでしょうか。

<早起きして歩く>
通勤、通学の電車やバスの距離が短く、歩ける距離ならば、いつもより早起きして歩いてみましょう。空気の澄んだ朝は気持ち良いですし、日光を浴びることで生成されるビタミンもあります。朝にそんな余裕はないという方も、駅や職場のエレベーターやエスカレーターを使わないようにするだけでも違います。

●「ちょい痩せ」は無理なくできるところがポイント


 一気に体重を減らそうと思うと体に負荷がかかりますし、ストレスも大きくなります。それでも、2~3キロ減らそうと決めて、ちょっとだけ痩せるのならば、気張らなくてもできるのが今回のポイントです。

 冒頭にも書きましたが、ダイエットの語源は「日常の食べ物」なので、やはり日常を大事にすることがダイエット=「ちょい痩せ」につながります。普段できていないことを見直して、「ちょい痩せ」の成果を手に入れましょう!
 

<参考文献・参考サイト>
・『スタンダード英語語源辞典』(大修館書店)
・厚生労働省 平成27年「国民健康・栄養調査」の結果
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000142359.html
(10MTV編集部)