10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

香川俊介氏への歴史家として述べる哀悼の意

追悼・前財務次官 香川俊介氏

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
2015年8月、前財務次官・香川俊介氏がこの世を去った。生前親交があり、その優れた能力と温かい人柄に魅了されていた歴史学者・山内昌之氏は、香川氏の死にあたり明治の二人の軍人にある共通点を見出すという。これは、国を憂えて命を懸けた人々の仕事と思いに、当代随一の歴史家が敬意を表しつつ語る哀悼の弁である。
時間:10:01
収録日:2015/08/19
追加日:2015/09/21
2015年8月、前財務次官・香川俊介氏がこの世を去った。生前親交があり、その優れた能力と温かい人柄に魅了されていた歴史学者・山内昌之氏は、香川氏の死にあたり明治の二人の軍人にある共通点を見出すという。これは、国を憂えて命を懸けた人々の仕事と思いに、当代随一の歴史家が敬意を表しつつ語る哀悼の弁である。
時間:10:01
収録日:2015/08/19
追加日:2015/09/21
≪全文≫

●故・香川俊介氏の仕事


 皆さん、こんにちは。

 今日は、残念なことについて話題にさせていただきます。前財務次官の香川俊介さんが、この8月9日に東京都内の病院で亡くなられました。58歳の若さでした。惜しみても余りある死だという声は、いろいろなところから、さまざまな人から聞こえてきます。

 香川さんは、1979年に旧大蔵省、現在の財務省に入省してから、もっぱら予算編成を担う主計局を中心に勤務され、2014年7月に木下康司さんの後任として事務次官に就かれました。香川さんは、2012年の自民党、公明党、民主党の3党合意による社会保障と税の一体改革の推進や、14年4月の消費税率8パーセントへの引き上げなどに力を尽くした人でした。


●優れた能力と人柄-日本の将来を憂えた人


 増税は、政治家と国民には大変不評であり、かつ不人気な政策です。特に消費税の値上げともなると、もろ手を挙げて歓迎する人は極めて少ないでしょう。しかし、実質的に破綻国家となり、最近話題になったギリシャよりも財政状況の悪い日本において、誰かが国の未来や子孫の歴史を見据えて、消費税について取り組まなければいけない。次なる課題として、消費税の10パーセントへの増税の必要性を分かりやすく説明しなければなりませんでした。

 香川さんは、その包み込むような人格的な温かさや、難しい問題を分かりやすく説明してくれる能力において、私が思うに、一頭地を抜いた存在でした。生前、香川さんとの個人的な会話や研究会などでの触れ合いにおいても、私が魅せられたのはその頭脳の明晰さにもまして、誰をも分けへだてしない人間的な温かさ、誠実さでした。税金だけではなく、そもそも日本はこれからどうなるのかといった日本の将来や国のあり方について、総合的に心から憂えた香川さんは、歴史や政治外交についての私の意見も、静かに、そしてじっくりと聞き、感想を的確に述べてくれました。


●歴史的共通点をもつ香川・川上・田村


 香川さんの58歳という早すぎた死を歴史的に思う時、私はすぐに、明治時代に生まれた二人の人物を思い浮かべます。それは、川上操六と田村怡与造という二人です。この二人は、それぞれ50歳と48歳の若さで死を迎えました。二人とも軍人であり、香川さんは文官であるという大きな違いはあります。戦後生まれの昭和人である香川さんと、明治に活躍した軍人を比較することをいぶかしく思う方も多いかもしれません。しかし、歴史家として私は、それでもこの三人にはある共通点があると考えました。

 薩摩出身の川上操六は、明治26(1893)年10月に当時の日本陸軍参謀本部次長に就任し、日清戦争の開戦に大きく関わった人物です。しかし、何よりも川上操六は、明治31(1898)年1月に参謀総長となって、やがて必至と見られた日露戦争の備えをする、そうした運命を担っていました。けれども、この川上は、激務の高じたあまりに、翌年の明治32(1899)年5月に満50歳で亡くなったのです。

 この後を託されたのは、現在の山梨県である甲州出身の田村怡与造でした。田村は、その出身地の英雄であった武田信玄になぞらえて「今信玄」とうたわれた人物でした。田村は、明治32(1899)年1月に参謀本部第一部長、すなわち作戦部長となりましたが、彼は、当時日本を脅かし東アジアの安全保障にとって大変な脅威となっていたロシア帝国とのありうべき戦争が想定されていた折も折、同じその年に上司の参謀総長川上操六...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。