10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン

チャレンジ精神、神経ニューロン、認知症にも影響!?

男性医学とテストステロン(1)リーダーと男性ホルモン

堀江重郎
順天堂大学医学部大学院医学研究科教授
情報・テキスト
あるホルモンの量が、リーダーとして優れているかどうかに関係しているという。そのホルモンとは一体何か。順天堂大学医学部大学院医学研究科教授・堀江重郎氏が語る。(2015年7月24日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演「リーダーシップのアンチエイジング」より、全6話中第1話目)
時間:10:57
収録日:2015/07/24
追加日:2015/10/08
あるホルモンの量が、リーダーとして優れているかどうかに関係しているという。そのホルモンとは一体何か。順天堂大学医学部大学院医学研究科教授・堀江重郎氏が語る。(2015年7月24日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演「リーダーシップのアンチエイジング」より、全6話中第1話目)
時間:10:57
収録日:2015/07/24
追加日:2015/10/08
≪全文≫

●組織や目標をどうアンチエイジングするか


 皆さん、こんばんは。御茶ノ水にある順天堂大学泌尿器科の堀江と申します。どうぞよろしくお願いします。経営者の皆さんの前で話す機会はあまりありませんので、若干緊張しています。

 ここに「泌尿器外科学」と書いていますが、いわゆる「泌尿器科」ですが、実はこれは造語です。分泌の「泌」という字と、おしっこの「尿」をくっつけて、明治時代の人がそれまでなかった「泌尿」という言葉を作ったのです。「泌」は、実は「ホルモン」を意味しており、「尿」はおしっこをつくることです。ただ、泌尿器科は、英語でいうと“private parts”、つまり、膝の上からおへその下あたりのいわゆる下半身を扱っているため、「泌」を秘密の「秘」と思っている方も多いのではないかと思います。実は医者でも、紹介状に秘密の秘を書いて来る方がいますが、実際は分泌の泌と尿をくっつけたものです。

 私は外科医で、普段はもっぱら手術をしていますが、もう一つ、抗加齢、「アンチエイジング」についての研究もしており、アンチエイジング医学会の副理事長をさせていただいています。そこで今日は、少しテーマが大きすぎるかもしれないと思いましたが、「リーダーシップのアンチエイジング」のお話をさせていただきたいと思います。

 しかし、私はリーダーシップのことがよく分かりませんので、インターネットを見てみると、ピーター・ドラッカーさんの「リーダーシップ」の定義が書いてありました。実はドラッカーさんは、ビジネスのマネジメントだけでなく、病院、教会、ボーイスカウトといったNPO、NGOなどの非営利組織のマネジメントの本を多く書かれており、われわれ医療関係者も大変参考にしています。

 インターネットに書いてあるものをそのまま抜き出してみると、リーダーシップとは、組織の使命を考え抜き、それを目に見えるかたちで確立することである。リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である。リーダーは、妥協を受け入れる前に、何が正しく望ましいかを考え抜く。おそらく、皆さまは毎日このようなことを考えていらっしゃるのだろうと思います。そこで私は、「組織」や「目標」、そして「正しく」をどのようにアンチエイジングするかというお話を、これから40分ほどさせていただきたいと思います。


●男性ホルモンが、社会活動を活発にする


 ある実験のセンセーショナルな結果が発表されました。実際の実験ではもっと多いのですが、今日お集まりの20人ほどの方を、二つのグループにくじ引きで分けたとします。本人の希望ではなく、偶然で分けるわけです。片方の方は、ホルモンXを飲んでいただきます。もう一つの群は、ホルモンが入っていないお砂糖水、プラシーボを飲みます。飲んでいただいた方は、何を飲んだのかは分かりません。

 その上で、時間を置いて、どの程度社会貢献をしたかを調べたのです。例えば、何か新しい会を始める際にどの程度寄付したか、あるいは、ボーイスカウトや地域のボランティアにどれだけ貢献したかを聞いたのです。驚くべきことに、ホルモンXを飲んだ方々の方が、より多くの社会貢献活動を行い、より多くのお金を寄付したことが分かりました。この結果は、『ネイチャー』という世界で最も有名な科学雑誌に載ったのです。では、このホルモンとは何でしょうか。

 実は、被験者は全員女性で、ホルモンXとは「男性ホルモン」です。男性ホルモンを女性の方が飲むと、ある...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。