10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

田辺朔郎―北垣国道と土木事業の前線を担った「水運の父」

技術と民生から見た明治維新(5)田辺朔郎

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
琵琶湖疏水 蹴上インクライン(運転当時)
画像提供:京都府水道局
本編シリーズ講話第5回は、北垣国道とともに京都や北海道で数々の土木事業に取り組んだ田辺朔郎。その仕事に見る明治の先人たちの発想の豊かさ、教養とセンス、志の深さに触れつつ、現代日本の繁栄がこの努力に根差していることを、感謝をもって振り返る。
時間:10:51
収録日:2014/02/26
追加日:2014/03/27
≪全文≫

●琵琶湖疏水建設に見る驚くべき明治人のスケール


 皆さん、こんにちは。前回は、北垣国道について触れました。北垣が着手し、そして開削、設計、その開通を命じた琵琶湖疏水や北海道の各鉄道。彼は、さまざまな土木事業に大きな影響を与えましたが、それを実際に前線で担ったのが、田辺朔郎であるということは、既に触れたとおりであります。

 とにかく驚きますのは、何と言ってもこの明治人のスケールの大きさです。大津市の三井寺の近くから、大体におきまして、長等山を掘り抜いてくる。その第1トンネルだけで、2436メートルあったと言います。この2436メートルを、当時はまだパワーショベルや重機のようなものがない時代に、ほとんど人力を中心に開削事業をしたのですから、大変な努力も必要でした。

 しかし、同時にそれが間違いなくきちんと大津と京都との間をつないだということは、驚くべきことです。前回申し上げましたように、浜大津から京都の蹴上までの高低差がわずか4メートルの中に琵琶湖疏水をつくっていったという点にも大変な驚きを感じるのです。

 そこで、前回の話に引き続きまして、今日はその田辺朔郎についてお話ししてみたいと思うのです。


●画期的運搬方法-インクライン


 前回もお話ししましたけれども、私は自分が特に好きなせいか強調したいのですが、京都の蹴上や岡崎のあたり、南禅寺を中心とした地域は本当に静かで、あちらこちらに煉瓦造やアーチの構造が残っています。中でも代表的なのはもちろん水路閣ですが、この水路閣を出て、下りまして南禅寺を出て、蹴上の方に坂を上がっていくと、すぐにレールがあることに気がつく人も多いかと思います。私も高校生の時に初めて京都を訪れ、その時に、このレールとここにある遺跡を見たくて、出かけて行きました。

 そこで私も皆さんも、今ではさびついた不思議な台車を見出す方も多いかと思います。これが、いわゆるインクラインの名残です。インクラインとは、舟のためにつくられた傾斜鉄道のことです。

 琵琶湖から通じた水路、水運のためのトンネルが蹴上の上の方に来ると、そこから今度は南禅寺の正門あたりまで、30メートル以上という大変な高低差が生じます。ここにどうやってその水を通すかという大問題があったのです。

 また、琵琶湖からせっかく運んで来たのは水だけではなく、舟を使って物も運んでいるのです。その運んでいる物を、今度はどのようにして京都市内に入れていくかといったときに、蹴上の上から一回、その舟をそのまま台車に乗り換えて、最終的にはこの荷物を運搬する舟を、鴨川経由で京都市街の中心に入れていくという設計を描いたのが、田辺朔郎だったのです。そして、そのバックアップをしたのが、北垣国道知事であったということになります。


●北垣・田辺の仕事が物語る発想の豊かさ、明治の教養とセンスの高さ


 面白いのは、インクラインをつくって台車に乗せるという、素晴らしい発想です。一つには、舟からいちいち荷物を降ろさないで、乗り換えの台車に舟をそのまま移し変えるという発想が素晴らしいです。

 もう一つは名前です。インクラインという名前は、私は非常に素晴らしいと思うのです。傾斜鉄道という野暮な名前を付けずに、非常にハイカラな要素を残しておく。しかしながら、他方において、田辺たちがつくった琵琶湖疏水の支線の一つは、南禅寺の中で水路閣という名前を付けました。一方では、非常に洗練された、当時の洋風文化のインクラインという名前をそのまま使い、他方においては、和風文化の粋を生かした水路閣という言葉を使う。南禅寺という伝統的な寺社建築やお寺の伝統を崩さずに、水路閣という名前を付け、そして寺の境内から外に出た所では、インクラインという名前を付ける。こうした和と洋の対照の妙というものが、大変素晴らしいのです。技術の素晴らしさもさることながら、当時の幕末から明治を生き抜いた、和と漢と洋の三つの文化に通じた先人たちの教養とセンスの高さに、私は非常に驚き、感心するのです。

 また、設計水準の高さもさることながら、このように急勾配を利用して舟を運び、インクラインをつくったり、前回紹介したような蹴上に発電所をつくり、急傾斜へ流れる水を使って水力発電を行い、その発電をまたさらに応用して、京都の市外電車を動かすというマルチな利用法を考えたところが、大変素晴らしいと思います。


●明治人・田辺朔郎が示した健全な愛国心、経世済民の志


 また、こうした京都と北海道の結びつきというものにも驚くのです。子どもの頃に、それを知って驚きました。

 というのは、北垣国道の名前は、琵琶湖疏水で子どもの頃になぜか知っていたのですが、もう少し大人になり、高校生ぐらいなってから後、だんだんと、その北垣が北海道庁...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。