10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

練り上げた構想だからこそ確信を持って世に打ち出せる

松下幸之助の人づくり≪1≫真のリーダーとは(4)多くの意見を聞き、ど真剣に考える―衆知を集める

松下幸之助
パナソニック(旧松下電器産業)グループ創業者
情報・テキスト
画像提供:公益財団法人松下政経塾
一つの結論を出すまでに徹底的に考え抜き、さまざまな人に相談したという松下幸之助。松下政経塾の設立もまた長年温めてきた構想だが、実は周囲に相談して反対され、しばらく様子を見ていたという。限りある個々の知恵を超えるため、多くの人の知恵を集めた幸之助の実践に迫る。(第1章4話目)
時間:05:14
収録日:2015/06/17
追加日:2015/11/19
画像提供:公益財団法人松下政経塾
一つの結論を出すまでに徹底的に考え抜き、さまざまな人に相談したという松下幸之助。松下政経塾の設立もまた長年温めてきた構想だが、実は周囲に相談して反対され、しばらく様子を見ていたという。限りある個々の知恵を超えるため、多くの人の知恵を集めた幸之助の実践に迫る。(第1章4話目)
時間:05:14
収録日:2015/06/17
追加日:2015/11/19
≪全文≫

●8年前に塾設立を反対され、しばらく様子見 1980年4月1日 入塾式


 ところが、その当時はまだ反対する人がありまして、そういう塾をつくることはいいけれども、どうも実業家がそれをやることはどうかと思うという反対があった。それで、しばらく様子を見ていたのです。

 ところが、日本の状態は、経済界は発展しましたけれども、しかし世界における日本のあり方というものは、必ずしも安心するような状態ではない。それでまた再び、この塾をやろうということになったのです。その時に、8年前に反対した人々は、今度はみな賛成であると、ぜひやってくれということで、すっかり様子が変わった。

 8年前までは、こういう状態で日本は発展していくんだということを考えていた。しかし、今日現在、だいぶ様子が変わってきた。なんらかの活を入れないといけない。政治にしても、経済にしても、脆弱なところがあって、いけない。そういうことで、今度は前に反対する人も賛成するということで、それならばやろうということで、実は決心をいたしまして、この塾を設立することにしたのであります。

 幸いにして、その賛成者がたくさんあって、希望者も907名あった。そんな状態で今日まで来たのですが、本日ようやく入塾式を挙行するに至りましたことは、非常に私としてはうれしく存じておる次第であります。

 また、この企てが世界に情報が流れますと、米国なり、その他の国々から、その激励の電報が参りました。そういう塾は世界としても非常に興味があるということで、ハーバード大学の先生が進んで講師になることを志願してこられた。というような具合で、今は内外ともにこの塾の発展に対して、非常に関心を持っておられるわけです。その他、重要な方々の賛成を得ましたので、ついに今日に踏み切ったような次第であります。


●一つの結論を出すまでに考えに考え抜いた松下塾主/野田佳彦


 大体、松下幸之助さんというのは、一つの結論を出すまでに、相当考え抜きますね。ど真剣に考える。考えた上で、いろんな方に相談をしますよね、衆知を集めて。そして、正しいかどうか、前へ進めていいかどうかということを、本当に慎重に確認をしながら、温めてきたものを世に発表するというやり方をする人ですから、つくり上げたものについてはもう、確信を持っていらっしゃいます。確信を持って構想を発表するということは、それはもうやらなければいけないということなのです。そこまで練り上げたものを構想として持ち、そして、打ち出しているということだったと思います。

 それで、そのときに、これはいま反省も含めてですけれども、政党としてのマニフェスト、政治家としての選挙公約というもののつくり方は、やはりど真剣に考え抜き、衆知を集める。そのプロセスを、短期間でそれぞれの選挙前にやり切れているかというと、政治家として反省点はやはり多いと思いますね。

 松下政経塾をつくること自体も、構想としては持って、最初に自分ではやるべきだと思っても、皆さんに相談したら、まだ早いとか、経営者がやるべきではないとか、反対がありました。それでも8年温め続けて、ようやく1980(昭和55)年につくったということですよね。

 というぐらいに、一つの構想を持っても、練って、駄目だったら引っ込めて、でも、温め続けていて、チャンスがあればまたやろうとするという。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。