10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントアトリビューションで災害対策の優先順位をつける

地球温暖化問題(2)イベントアトリビューションとは

住明正
理学博士/東京大学名誉教授/サステイナビリティ学研究機構・特任教授
情報・テキスト
最近は、毎年日本や世界のどこかで極端な気象が起こっているが、その異常気象は地球温暖化によるものなのか。「イベントアトリビューション」という方法を使えば、地球温暖化の影響を計測できると国立研究開発法人国立環境研究所理事長・住明正氏は語る。イベントアトリビューションとはいったい何か。シリーズ「地球温暖化問題」第2回。(全4話中第2話目)
時間:09:25
収録日:2015/09/28
追加日:2015/11/30
≪全文≫

●異常現象が温暖化によるものとは言えない


 今年の夏は、前半暑かったのですが、お盆を過ぎると途端に涼しくなり、残暑もないまま今日に至っています。それにしても、どうも毎年夏がおかしい。激しい豪雨があり、強い台風がいくつもやって来る。多くの人が、やはり何か最近の気候はおかしいのではないかと思っていることでしょう。事実、毎年日本や世界のどこかで極端で非常に激しい現象が起こっています。

 私は毎回、この異常気象が温暖化によるのかどうかを聞かれるのですが、実はこれに対してはいろいろと研究が進んでいます。その結果、ある現象が温暖化によるかよらないかは一概に言えないことが分かってきました。さまざまなことが起こりえるため、全体を統計的に考えていく必要があるのです。それぞれの天気現象はある変動の幅を持っており、地球の温暖化とはその変動幅、確率分布が変わっていくことだと考えられます。つまり温暖化が進むと、変動幅の平均値が少し上昇する、あるいは確率分布が少し広がってくるのです。例えば、35度以上の暑い日になる確率が高くなる。現在、専門家の間では、温暖化の影響はそのような形で出てくると考えられています。


●イベントアトリビューションで計測する


 地球温暖化の影響を計測する手法として、最近行われるようになってきたのが「イベントアトリビューション」です。ある極端な現象に温暖化の影響がどの程度出ているかを推定する方法で、基本的に統計分布をします。それは、いまのところ、温暖化予測は「気候モデル」という数値モデルを使うのですが、そのとき、一方は温暖化の影響を含めた状態で計算し、他方では温暖化の影響を取り除いた状態で計算します。その二つを比較して、温暖化の影響を見積もるのです。基本的に温暖化の影響は海面水温などに徐々に表れてくると考えられていますから、観測された海面水温から少しずつ上がっている温暖化の影響を除去した場合と、温暖化の影響を入れた場合の計算を比べて、異常気象が起こる確率の変化を研究するのです。

 天気の変化は決まっているものではありません。初期状態のちょっとした変化が、何日か後に非常に大きな変化を生む可能性がある。いわゆるローレンツの「バタフライ効果」が働いています。天気には本質的に「ゆらぎ」をもっていて揺れ動いています。ですから、将来の予測といっても確定的な将来があるわけではないため、「平均的には将来はこのようになり、平均からのばらつき具合はこの程度でしょう」といった情報が基本的には必要になってきますし、ある意味ではそういった形でしか言えないのです。

 温暖化に関してもさまざまな細かな「ゆらぎ」を初期値に与え、多数例を計算すると、計算結果がいろいろと違ってきます。それらを見ながら、異常現象・極端現象の確率分布を推定するのです。例えば、2010年7月、8月のロシアに猛暑がありましたが、その計算例がこちらです。何例か並んでいるのですが、同じ初期値から出発しても、ある計算結果ではロシア猛暑の予測が出て、ある計算ではまったく出ません。その中で、ロシアの猛暑が出た場合を集めると、何例か出てきます。

 それらを処理して比べると、ロシアの猛暑は、地球温暖化以前はほとんど発生しなかったのが、温暖化が進んでいる最近は発生確率が高くなっていることが分かります。具体的には、温暖化していなかったときは0.6%ほどだった発生確率が、温暖化によって3.3%まで上がっています。どちらにしてもそれほど大きい数字ではありません。いまでもロシアの猛暑は毎年起こるわけではなく、だいたい30年に1回起こるような現象です。しかし、温暖化以前はほとんど起こらなかったわけで、温暖化によって確率が上がっていることは間違いありません。

 それで、こうした個々の現象に着目し、温暖化の影響がどの程度働いているかを調べる研究が、いま世界各地で行われています。それぞれの極端な現象について考えるということで、「イベントアトリビューション」といわれているのです。例えば、カリフォルニアなどは数年来干ばつが続いていますが、そこに温暖化の影響がどの程度あるのか、またフィリピンで昨年、多くの人を襲ったハイヤンという強い台風に温暖化の影響がどの程度あるかといった研究がなされています。ハイヤンの場合も、細かなモデルを使って台風を表現すると、それなりに温暖化の影響があると言えるのではないかと思います。


●高い確率で予測できれば優先順位が判断可能


 今後は、こうした確率情報をどう使っていくかが大きな課題となります。これからお話ししますが、具体的な気候変動に伴う影響を減らすため、さまざまな手立てをする必要が出てきます。そのとき...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。