10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

生ごみは発酵して土に戻す―これが当然の自然の摂理

発酵は人類を救う(2)無限の可能性を秘めた「FT革命」

小泉武夫
農学博士/食文化評論者/東京農業大学名誉教授
情報・テキスト
(C)NPO法人発酵文化推進機構 2013.12/会報誌『KAMOS』創刊号より
発酵による世界最大級の堆肥化施設
農学博士で食文化評論者でもある発酵学者の小泉武夫氏が10年以上前から大きな期待を寄せているのが「FT革命」だ。それは、人と地球への優しい発酵技術による21世紀のための革命であるという。ではFT革命とは具体的にどのようなものなのか? 小泉氏が4つの柱を挙げて熱烈解説する。(3話中第2話)
時間:10:43
収録日:2015/11/09
追加日:2015/12/10
タグ:
≪全文≫

●発酵の無限の可能性「FT革命」


 こんにちは。今日は、発酵の話を前回に引き続いて行います。
 
 発酵というのは、目に見えない小さな生き物である微生物が、人間のためにいろいろといいことをしてくれることをいいます。前回、発酵は最近の日本の大きな企業に貢献しているということをお話しましたけれども、私は発酵の無限の可能性というものを信じまして、いまから10年以上前に『FT革命―発酵技術が人類を救う』という本を書いたことがあるのです。これは、東洋経済新報社から出ている本で、私の大変親しい友達である黒田征太郎さんにイラストを書いていただき、私がこうして文章を書いています。

 これは何か。FTのFというのはファーメンテーションといって、英語でいうと「発酵」という意味です。Tというのはテクノロジーですね。だから、「発酵技術革命」ということ。これが、私の唱えているFT革命です。


●未解決の人類の問題をFT革命で解決


 革命というと、いままでにいろんなことがありましたよね。例えば、産業革命がものすごく昔にありました。イギリスあたりから出て、蒸気機関が出現し、今度は自動車革命が起こりました。その少し前には電気革命もあったと思います。20世紀に入る直前には石油革命が起こり、アメリカでものすごく石油が出てきました。

 そして、次は何革命でしょう。IT革命ですね。もうこれで革命は全て終わりかと思ったら、そうではありませんでした。私から言わせると、IT革命は人間にとってものすごく素晴らしくて驚くべき革命だけれど、オールマイティーではないですね。というのは、コンピューターを中心として、ボタンを一つ間違えて押してしまったらとんでもないことになるということだってあり得るわけです。例えば、ある銀行がボタン一つ間違えて押し、一晩で540億円消えてしまったという話がある。それから、病院の集中医療をはじめ、いろんな医療技術でも、ボタンを少し押し間違えたり、プログラムを間違えたら大変なことになってしまう。だから、全ての革命というのはオールマイティーではないんだよと、私は思っています。

 そこで、これからの新しい21世紀の革命、いままでの人類が考えてきた革命の次の革命は、「発酵革命」だと私は思うのです。それは何かというと、人間に優しい微生物が発酵によって、まだわれわれが20世紀で解決できていない問題を、これからの21世紀に解決するというもので、それがFT革命なのです。


●FT革命4つの柱(1)難病の解決


 FT革命は、地球に優しく人間に優しいのです。その四つをこれからお話しします。FT革命では、私は4本の柱を立てました。一つは、難病の解決です。いま、がんの特効薬はないではないですか。これを発酵によって解決します。制がん剤は、すでにブレオマイシンから何から発酵によってつくられているわけです。微生物というのはがん細胞までやっつけます。そういうDNAを持っているのです。

 それから人間の不治の病といったら、がんだけではありませんね。これから人食いバクテリアが出てくるかもしれません。いろんな問題があり、エイズ、SARSの問題も出てきている。こういうものの特効薬がないわけです。これを微生物で全部、解決しようというわけです。微生物というのはいかなる微生物でも、自分以外の細胞を殲滅しろという、そういう遺伝子を持っているのです。強い、弱いは別ですよ。だから、自分以外のがん細胞でも何でも消去してくれるという可能性があるわけです。現実、そういう研究をわれわれはやっています。そういうような医薬品の問題がまず一つです。

 それから、その医薬品の問題は人間だけではありません。BSE(牛海綿状脳症)や、豚コレラ、鶏のインフルエンザなど、いろんな動物のこういうものに対しても微生物製剤で治してくということができるのです。「風邪? インフルエンザか。じゃあ、これ飲めよ」「何、あんた。肺がん? これ飲めば治っちゃうよ」、そういう夢の薬を発酵によってつくることができるというのが一つ。人間の健康問題ですね。


●FT革命4つの柱(2)環境問題


 2番目は、前回も少し言いましたけれど、環境問題です。水は発酵によって、いまきれいになりました。だから、水の問題はほとんどありません。これからの問題は固形物、生ごみですよ。どこかの町に行ってごらんなさい。渋谷でもどこでも、ものすごい高さの煙突が立っていますが、あれはごみ処理をしているのです。全国そうです。なぜ燃やしているのかと、私はいつも思っているのです。燃やすということは、とんでもないことになるのです。なぜかというと、ごみを集めてくるのにものすごいエネルギーがかかっているからです。ごみ焼却場を造るだけで100億、150億かかるわけです...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。