10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病の診断をスマホのアプリから変革する!

うつ病対策と経営リスク(2)うつ病の「見える」化

渡部芳德
ひもろぎGROUP理事長/東邦大学薬学部 客員教授
情報・テキスト
ひもろぎGROUP理事長・東邦大学薬学部客員教授の渡部芳德氏が開発したのが、うつ病の症状や薬の効果を定量化するための「アン‐サポ」という無料アプリだ。PHVの燃費競争アプリをヒントに開発されたこのツールを使えば、数十年来の「誤診」やうつ病の地域分布などが一目瞭然で分かるようになるという。(2015年10月15日開催 日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演「企業でのうつ病休職者の社会復帰(リワークプログラムの実情)~ストレスチェック制度を有効活用した人材育成と企業経営~」より、全5話中2話目)
時間:07:54
収録日:2015/10/15
追加日:2016/01/21
ジャンル:
タグ:
≪全文≫

●うつ病を「見える化」する


 精神科という職業は、皆さんに説明するのがすごく難しいのです。精神疾患というのは、目に見えず、概念しかないのです。うつの場合、症状が何項目あるかで「うつ」だと診断します。

 一方、身体疾患は分かりやすく、心筋梗塞でも、肺炎でも、写真をパシャッと撮ればすぐ出てくるから、皆さんでも病気だと明らかに分かります。画像を一目見れば分かるからです。

 これに対して精神科というのは非常に難しいです。うつと不安の二つの症状があるのですが、うつの人は不安も持っているし、不安障害の人はまたうつも持っており、両方の症状を持っているということです。これを定量化するにはどうしたらいいかということで、われわれは自己記入式スケールを使っています。これは「アン‐サポ」というアプリですが、定量化させるためのスケールとして、アンケートを毎日つけます。このアプリを携帯の中に入れて、毎日入力すると、そのときの気分が定量化できるというものです。今ではもう大体2万人ぐらいの携帯のデータを集めています。ビッグ・データになってきていますが、そのくらいのデータを蓄積しています。

 そうすると、どの薬でどういう風になったかの推移が見られます。こういうスケールをつくりました。英文論文にして、バリデーションが済んでおり、皆さんに無料で使っていただいています。


●うつ病と言われている60パーセントが実は躁うつ病だった


 実際このスケールを使って症状を見ると、例えばこの人は50歳の男性で、発症した時は22歳だったのです。当時もうつ病と言われて、最初の抗うつ剤は非常に効果があり、これは三環系抗うつ剤でした。今から28年ぐらい前に、初めてうつになったこの方は歯医者さんです。開業して20年もたっており、生真面目だから(病院は)すごく流行っているのです。

 でも、うちに来る前まで、反復性のうつ病と言われていたのですね。抗うつ剤を飲むと、そのあと効果がなくなって、別の抗うつ剤に変える。それも効くけれど、またすぐに効かなくなる。こういうことを繰り返していたのです。ある大学病院で、新薬のミルタザピンという薬にしたけれど、よくならない。そこで最後にうちに来たということでした。

 この方によく聞いてみると、大学受験の時はハイテンションになり、夜も寝ないで勉強するのが全く平気だったそうですが、今は、うつが発症する前、気分が落ちる前に4日ほど必ずハイテンションになるときがあるそうで、そのとき何をするかというと、ネットでモノを30万円分ぐらいたくさん買ってしまうそうです。それで、うつになった途端に、「なんであんなの買っちゃったんだ?」というように悔やむわけです。これは、普通の人から見たら(気分が落ちているところしか見えなければ)うつ病なのですが、本当の診断は躁うつ病なのです。

 つまり薬の使い方が違うということなのですね。几帳面で真面目、そして執着気質ですから、うつ病のように見えるのです。この方は、途中で薬を変えて治療をした途端によくなりました。もう普通になり、気分の上がり下がりがなくなった。抗うつ剤もやめました。(躁うつ病という)診断名が付くまでに約30年かかったのです。うつ病の診断が誤診されていて、うちのクリニックに来て初めて、躁うつ病という診断が付いて治った。ここまでに30年かかりました。(補足:診察に加え、光トポグラフィー検査という鑑別診断補助の検査を導入することにより、うつ病、躁うつ病等の傾向を把握することが可能となった。)

 診断が違っていたケース、つまり「うつ病」だと言われた人が「躁うつ病」である確率を見ようと私たちのカルテを全て調査すると、60パーセントの人が誤診されていました。うつ病と言われている60パーセントが、実は躁うつ病だったということです。これは大変なことで、使用する薬が全然違ってきます。双極性障害(躁うつ病)の人に抗うつ剤を使ったら、(テンションが過度に上がり行動化してしまうので)自殺するのは当たり前ですよね。ですから、自殺の多さというのは、ある意味で抗うつ剤の使用に関係していると、私は考えています。


●「アン‐サポ」誕生の背景には東日本大震災があった


 今から4年前に東日本大震災がありました。これは私の院長室です。ここにいたら私は死んでいたか、あるいは死にはしないけれどもケガはしていたかもしれません。この時、ちょうど東京で診察していたのですが、白河(福島県)に車で戻りました。

 向こうに2週間いる間に、壊れた物の処理のめどをつけなければいけないという時のことです。うちの庭でガイガーカウンター(放射線量計測器)をかけると、こんなに上がるわけです。そうすると、不思議なもので、今までならなかったザクロが、この原発事故が起き...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。