10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本付近に存在する4つのプレートが地震大国の原因

地震を知って防災に生かす(2)日本はなぜ地震国なのか

纐纈一起
東京大学地震研究所教授/理学博士
情報・テキスト
世界有数の地震国、日本。その原因はどこにあるのだろうか? そして、東日本大震災が教えてくれる教訓とは? 東京大学地震研究所・纐纈一起教授が、写真や地図などを交え、明快に解説する。(全3話中第2話目)
時間:11:46
収録日:2015/12/22
追加日:2016/02/22
世界有数の地震国、日本。その原因はどこにあるのだろうか? そして、東日本大震災が教えてくれる教訓とは? 東京大学地震研究所・纐纈一起教授が、写真や地図などを交え、明快に解説する。(全3話中第2話目)
時間:11:46
収録日:2015/12/22
追加日:2016/02/22
≪全文≫

●世界の震源分布とプレート境界のメカニズム


 今回は、日本はなぜ地震国なのかというお話をして、ぜひ皆さんにいろいろ考えていただきたいと思います。

 こちらは、世界地図にここ30年ほどの地震を小さな点で描いたものです。点の色は、地震の起こった深さを表します。赤に近い暖かい色ほど浅い地震で、青に近い冷たい色ほど深い地震であることを示します。

 見ていただくと、地震の起こる場所が線状に並んでいることが分かります。この線が何を意味するのかということが、1960年代から70年代にかけて地球科学で非常に盛んに研究されました。その結果、分かったのは次のことです。

 第1回でご説明したように、地球の表面はプレートと呼ばれる岩盤で覆われ、その境目に地震が起こることになっています。プレートが全部同じ方向に動いていれば何事も起こりません。しかし、それぞれのプレートが勝手な方向に動くと、プレートの境目で衝突が起こります。その衝突により地震が起こる。そのようなメカニズムであるため、地震はプレート境界で起こるということになります。


●世界の地震の約10パーセントが日本で起こるメカニズム


 では、日本の付近はどうでしょうか。図を見ていただくと、日本付近にはこれだけたくさんのプレート境界があります。

 関係するプレートとしては、太平洋プレートとフィリピン海プレート、それに大陸のプレートであるユーラシアプレートとオホーツクプレートで、この四つが絡む境界がそれぞれにあるわけです。地震が起こるのは境界ですから、それがたくさんある日本は、結果的に地震国になっているというメカニズムです。

 世界の地震の約10パーセントが、日本付近で起きています。日本の領域が占める面積は、地球の表面積の1パーセント程度ですから、単純計算すると、世界平均の約10倍の地震が起こるということです。

 先ほどの世界地図でご覧いただいた海のプレートは、大陸のプレートに向かって年間数センチの速さで進んでいます。そうすると、そのプレートの運動に伴って、日本列島にもひずみがたまるという現象が起こります。

 この図は、国土地理院という機関が、GPSの高性能な観測機械を使って、日本列島にたまっていくひずみの形を実際に観測した結果を、かなり誇張して表現したものです。

 40万倍誇張しているために、日本列島は大変なことになっています。海のプレートが陸のプレートを押すことによって、このように日本列島にひずみがたまる。そして、第1回でご説明したように、そのひずみが最終的には断層付近に集中してきて、それが限界に達すると地震が起こってくるわけです。


●日本付近で起こる2種類の地震のタイプ


 日本付近の地震を大別すると、いま申し上げました陸の地震を「地殻内地震」と呼びます。海の地震の方は、プレートの境界で直接的に起こる地震なので、「プレート境界地震」と呼ばれています。大きく分けると、主にこの二つの地震のタイプがあるのです。

 2種類のタイプの地震を比較すると、プレート境界地震は、プレート境界の断層が一気にすべるという、非常に大規模な現象によるものです。これは地震の中でも頻繁に、数十年から数百年に1回の周期で起こっています。規模も大きく、最大規模マグニチュード8から9ぐらいの地震が起こります。海で起こるため、震源が浅い場合には津波の発生を伴います。

 これに比べて地殻内地震はどうでしょう。先ほどGPS...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。