10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

ケンブリッジ大100年に1人の英才の指導による大改革

シンガポールの謎(2)リー・クアンユーの大戦略

島田晴雄
慶應義塾大学 名誉教授
情報・テキスト
マレー半島からの分離独立後、指導者リー・クアンユーが行った大戦略により急成長を遂げたシンガポール。果たしてその戦略とはどんなものだったのか。そしてその結果、国民にどんな影響を与えたのか。その詳細に迫る。(後編)
時間:10:45
収録日:2013/10/03
追加日:2014/04/10
マレー半島からの分離独立後、指導者リー・クアンユーが行った大戦略により急成長を遂げたシンガポール。果たしてその戦略とはどんなものだったのか。そしてその結果、国民にどんな影響を与えたのか。その詳細に迫る。(後編)
時間:10:45
収録日:2013/10/03
追加日:2014/04/10
≪全文≫

●リー・クアンユーの大戦略その1~公営団地建設と持家政策~


そして、リー・クアンユーさんは本質的な大戦略を打っていきました。すべてを語ることができませんが、いくつか申し上げたいと思います。
当時、シンガポールは大変貧しい島で、ヤシの木が生い茂ったジャングルがあり、国民の生活は生きるのもギリギリという国でした。島内はどこも貧民窟ばかりだったのです。
これをなんとか近代国家にしていかなければいけないということで、リー・クアンユーさんは、まず地震の統計を行ったそうです。すると、シンガポールには、三百何十年間、地震がないことに気がつきました。それならば、ここに高層建築を大変安いコストで建てることができるのではないかと考えて、専門家と相談し、何十階建ての公営住宅をどんどん林立させたのです。
「貧民窟にいた住人はそこに入りなさい」「あなたたちが頑張って家賃を7割くらい払えば、自分たちのものになる」と言われたので、彼らは一生懸命働いて、家賃を払おうと努力をしました。

●リー・クアンユーの大戦略その2~海外企業誘致と優遇税制措置~


ところが、努力をしたくても、給料や職場は限られているので、家賃を稼ぐだけの働き場がないのです。また、島のなかにはそんな資源もありません。
そこで、リー・クアンユーさんは考え、世界に向かって「有力なものづくり企業さん、来て下さい」「シンガポールに来れば、土地はただです。ほとんど税はとりません。世界のどこに立地するよりも有利です」と発信したのです。
そうしたら、世界の有力企業が、シンガポールにどんどん立地をしたわけです。そのなかで最も活躍したのが、日本の松下電器やソニー、それからフィリップス。つまり、当時盛んだった電機、電子産業がどんどん立地をしたということです。
そのおかげで、どんどん仕事が生まれ、国民はそこで働きました。そうして、給料を得て家賃を払った国民は、高層ビルのなかにあるマンションを次から次へと自分の持家にしていったのです。これは夢のようなことですね。

●リー・クアンユーの大戦略その3~市場開放で世界の金融機関が投資~


ところが、そうしているうちに給料がどんどん上がり始めたので、ものづくり産業の競争力が落ちていきました。
「これではいかん」「もっともっと競争力の出る産業に来てくれ」ということになり、シンガポールの人たちが目をつけたのが、金融産業です。
金融産業はものづくりではありません。原料も使いません。必要なのは豊富な知識と情報という産業です。
非常によい条件で市場を開放したものですから、世界の主要な金融機関である銀行も証券会社もそこに投資をしたのです。特に欧米の機関が巨大な投資を行いました。シンガポールの人たちは、その高度な金融産業で働くようになり、もっと高給を得るようになったのです。

●シンガポールユニバーシティに世界の英知が集結


ということで、シンガポールは、急速に先進国の所得水準、あるいはそれを追い抜く勢いで発展したのです。その結果、シンガポールユニバーシティという大学があるのですが、これも世界の超一流大学の一つになりました。
なぜそうなったかというと、大原則が「シンガポール人を優遇しない」「世界の優れた人に門戸を開放する」ということで、世界の優れた人たちがそこに集まってきたのです。
そうすると、シンガポールは大変な勢いで発展していますから、シンガポール人も、そういう超エリート大学に入りたいということになります。それが...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。