10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

木を伐ってもいいの? 森林保護の基本を知ろう!

森と都市の共生(1)山の森林と都市の森林

腰原幹雄
東京大学生産技術研究所 教授
情報・テキスト
木質構造学を専門とする東京大学生産技術研究所教授・腰原幹雄氏が「森と都市の共生」をテーマに、木という素材、木造建築について語る。木の本質や木を取り巻く環境、社会の実態を知ると、「森林保護のために木は伐ってはいけない」といった固定観念が塗り替えられていく。目からうろこの木の世界! (2015年11月19日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー「森と都市の共生~都市木造の役割」より、全8話中第1話)
時間:11:51
収録日:2015/11/19
追加日:2016/04/07
木質構造学を専門とする東京大学生産技術研究所教授・腰原幹雄氏が「森と都市の共生」をテーマに、木という素材、木造建築について語る。木の本質や木を取り巻く環境、社会の実態を知ると、「森林保護のために木は伐ってはいけない」といった固定観念が塗り替えられていく。目からうろこの木の世界! (2015年11月19日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー「森と都市の共生~都市木造の役割」より、全8話中第1話)
時間:11:51
収録日:2015/11/19
追加日:2016/04/07
≪全文≫

●木造ブームの裏に建築基準法改正あり


 東京大学生産技術研究所の腰原幹雄です。今日はよろしくお願いいたします。

 私は東大でも研究をしているのですが、もう一つ、都市の木造ということで「team Timberize」というNPO法人を立ち上げています。そこでは「都市の中に木造建築を増やしましょう」という活動をしていますので、ご興味のある方はそれを追っていただけるとよろしいかなと思います。

 生産技術研究所(生研)というのは、普通に考えると結構すごいところでして、「研究成果を社会に実装する」ということが目的で、最先端の研究者がたくさんいるのです。私が生研に来たのはもう10年ぐらい前なのですが、ここに入っていいのかな? というような感じでした。大体、木造なんて、なんだかハイテクではないし、ローテクで昔からやっているし、もうかりそうな匂いがしない。ましてや、林業というと何かあまり元気がないイメージだなというわけで、なぜ私が生研に呼ばれたのかがよく分かっていないのです。逆に言えば、生研がそういうところで、いま木造がちょっとブームになっている、ブームというか盛り上がっているというのは、やはりそういう嗅覚があるのかなという気もしています。

 そもそも、なぜ木造がいま盛り上がっているのかといいますと、一つ目は、2000年に建築基準法が変わり、木造でもビルが造れるようになったのです。それまでは、木造は2階建てか3階建ての小さい住宅しか造れなかったのですが、基準法の改正により、大きい建築やビルと呼ばれているようなものも木造でできるようになったのです。


●公共建築物の木材利用促進という画期的法律


 一方、もう一つ大きい法律がありまして、2010年に「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が施行されました。国が木造を応援してくれるというのですから、これはもう木造業界では衝撃的な法律なのです。

 実は60年ほど前に日本建築学会が「木造禁止」の決議をしているのです。というのは、戦後すぐで、山が焼けて木材がなくなってしまったので、「木材が貴重だから木を使うのを少し控えましょう」という理由もあったし、近代国家を目指すにあたっては、近代建築は鉄やコンクリートだから、「木造は原始的だからちょっと恥ずかしいよね」といった、多分そのような理由もあり、「都市不燃化運動」というものもありました。どちらかというと「木を使うな」という風潮だったのです。実は閣議決定もされていたりして、誰もそれをまだ撤回していないので、禁止の決議がそのまま生きているのではないかと少しドキドキしています。

 2010年には新しく法律ができまして、「自ら率先してその整備する公共建築物における木材の利用に努めなければならない」という形になっています。そこで、「低層の公共建築物は原則としてすべて木造化を図る」という方針ができたわけです。

 ですが、私はこの法律があまり好きではありません。なぜかというと、抜け道だらけだからです。「低層の」と書いてあるのは、もともと2階建てや3階建てぐらいまでの技術しかなかったので、「そこまではまずやりましょう」と。それから、「原則として」とありますが、大体原則というのは、「一生懸命検討はしたけれど、できませんでした」と、逃げ道ができるわけです。これは国土交通省と農林水産省林野庁が共同で出した法律で、議員立法でもあるのですが、実はこの法律を作った人の前で今のような話をしてしまったところ、「無...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。