10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルかメキシコかは、中国か米国かの資源版・代理取引

ブラジルレアルの反発(3)メキシコペソとの対比

高島修
シティグループ証券 チーフFXストラテジスト
情報・テキスト
シティグループ証券チーフFXストラテジスト・高島修氏は、新興国に進出する企業に対し、よく「あなたが投資する国がインドネシアであれ、トルコであれ、南アであれ、メキシコペソを必ず見ておいてください」と伝えるという。高島氏がブラジルレアルの反発要因を新興国通貨の雄・メキシコペソとの比較で鋭く分析する。(全3話中最終話)
時間:06:24
収録日:2016/04/08
追加日:2016/04/25
シティグループ証券チーフFXストラテジスト・高島修氏は、新興国に進出する企業に対し、よく「あなたが投資する国がインドネシアであれ、トルコであれ、南アであれ、メキシコペソを必ず見ておいてください」と伝えるという。高島氏がブラジルレアルの反発要因を新興国通貨の雄・メキシコペソとの比較で鋭く分析する。(全3話中最終話)
時間:06:24
収録日:2016/04/08
追加日:2016/04/25
≪全文≫

●新興国通貨はメキシコペソとの対比で見るべし


 三つめの観点として、ブラジルレアルの反発をメキシコとの関係で見てみましょう。これは、ブラジルに限らず、インドネシア、トルコ、南アなどに投資している投資家や進出している企業に話すことなのですが、「あなたが投資している国がインドネシアであれ、トルコであれ、南アであれ、ブラジルであれ、メキシコペソを必ず見ておいてください」と申し上げます。なぜならば、メキシコペソこそがやはり新興国通貨の雄であり、なおかつアメリカの経済政策の変化を非常に過敏に織り込む傾向にあるからです。

 ですから、例えばブラジルレアルが売られたときに、われわれがまず最初にすることは、メキシコペソも売られているかどうかを見ることです。レアルもペソも両方売られている場合は、その要因はブラジル固有ではなく、アメリカを中心としたグローバルな要因なのだという見方をしなければなりません。また、もし南アランドが買われた場合も、必ずメキシコペソを見ます。南アランドもメキシコペソも両方買われていれば、これは南ア固有の要因ではなく、メキシコを筆頭としたグローバルな要因で南アランドやメキシコペソが買われているのだと判断します。

 逆に言うと、ブラジルレアルが売られたときにメキシコペソが売られていなければ、そのとき初めてブラジル固有の要因があるのだろうという考え方をすべきですし、南アランドが買われてメキシコペソが買われていなかったら、そこで初めて南ア固有の理由で南アランドが買われているのだという見方をしなければなりません。ですから、メキシコペソとの対比でそれぞれの新興国通貨を見ることが極めて重要になってきます。


●2月のメキシコ通貨防衛策はレアル反発の暗示だった


 そういった中、ブラジルレアルが3月に入って反発が始まる前、2月17日にメキシコ政府とメキシコ中央銀行が共同声明を発表して、通貨防衛策を強めていきました。1)メキシコ中銀の利上げ、2)為替介入方法の変更、3)財政政策の一層の引き締め、4)メキシコ石油公社(ぺメックス)の投資計画の削減、この四つからなる通貨防衛策すなわち緊縮政策を発表しました。これによって2月の後半にメキシコペソが反発する動きが出ました。実はメキシコペソは、新興国通貨の中では流動性が優れています。そのため、例えばブラジルやコロンビアに投資している投資家が、ブラジルレアルやコロンビアペソのリスクをヘッジするときに、流動性に優れたメキシコペソで代理のヘッジを行うことがあります。これを専門用語で「プロキシーヘッジ」と呼んでいますが、そのプロキシーヘッジの手段に使われていたメキシコペソが売りにくくなりました。これが2月下旬のことです。

 そこで私が注目していたのは、プロキシーヘッジで売られていたメキシコペソが売られなくなったときに、そこでブラジルレアルが売られるのか、コロンビアペソが売られるのか、ということでした。それによって中南米通貨の当面の方向性が出てくると考えて見ていたところ、2月下旬にブラジルレアルやコロンビアペソが売られなかったのです。このあたりが、3月に入って明確になってきたブラジルレアルの反発を実は暗示していたのでした。そういう動きをつぶさに観測していると、この3月に突然に始まったように見えるブラジルレアルの反発は、実はあらかた予期できていたと言えます。


●資源相場が上がればレアル高、下がればレアル安


 メキシコペソとブラジルレアルの関係は、ご覧い...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。