10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

マルコムXとネーション・オブ・イスラム

「イスラムとアメリカ」再考(8)マルコムX暗殺

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
銃弾の跡(マルコムX暗殺)
歴史学者・山内昌之氏による「イスラムとアメリカ」を考察するシリーズ講話の最終話。今なお、アフリカ系アメリカ人にとっての屈指の英雄として語られるマルコムX。一時は「ネーション・オブ・イスラム」に傾倒したマルコムXだが、やがて彼は正当イスラムへの回帰を主張するようになる。その運命的な契機となった出来事とは何か?(全8話中最終話)
時間:06:23
収録日:2016/06/09
追加日:2016/08/04
ジャンル:
≪全文≫

●マルコムXに込められた「X」の意味


 皆さん、こんにちは。

 モハメド・アリの死について縷々述べる機会に、マルコムXという名前が出てきました。マルコムXの「X」とは、前にも少しだけ触れましたが、自分の本来の家系の名前は永久に分からない、すなわち自分の祖先のアフリカ名というのは分からないから、その分からなさを象徴するのが「X」である、という意味なのです。

 本当の名前は「Little」と言いました。これは黒人を雇用した白人のプランテーション(農園)の主人が、自分が雇う黒人奴隷たちを分かりやすく識別するために付けた差別的な名前でした。BigやLittle、あるいはUgly(醜い)やSmall、Bigなどで、こうした名前から分かるように、このLittleという名前は白人の奴隷所有者から押し付けられたものだから、自分はもはや使わない、とマルコムXは言ったのです。これはカシアス・クレイの「クレイ(Clay、粘土・土)」が、白人の奴隷所有者から付けられた名前だから自分は使いたくないと言って、モハメド・アリに改姓したようなことと同様です。


●メッカ巡礼で真のイスラムに目覚めたマルコムX


 マルコムXはイライジャ・ムハンマドの教えを熱心に伝道しましたが、それは「イスラムの民」に多数のメンバーを引き入れる原動力ともなりました。マルコムXはこのイライジャ・ムハンマドの薫陶を受けてそこに入会し、そして、さらに新しい人たちを入会させたのです。その一人が何度もお話しましたが、元世界ヘビー級ボクシングチャンピオンのカシアス・クレイことモハメド・アリでした。また、その後、“Nation of Islam”(イスラムの民)と呼ばれる現在のアメリカ最大の黒人イスラムの結社のリーダーとなるルイス・ファラカーンという人物も、モハメド・アリと同様、イライジャ・ムハンマド、そしてマルコムXに導かれてイスラム教徒になったのです。

 マルコムXはメッカに巡礼します。そして、それによって彼は、自分たちのイスラム解釈がやや特異で、イスラムはアッラーに従う普遍的な同胞性、統一性をもっていなければならない、と考えるようになります。かつて自分の師であったイライジャ・ムハンマドは皮膚の色にこだわって「黒人は白人より高貴である」と言ったり、あるいは性的関係において非常に厳格であるイスラムの教えと違って、大変に女性関係が奔放でした。こうしたイライジャ・ムハンマドのような生き方、あるいは言行不一致が目立つ“The Nation of Islam”は、真のイスラムではないとして、こうした人たちとの決別をマルコムXにもたらしました。


●マルコムX暗殺後の「イスラムの民」


 この結果として、マルコムXは1965年2月、ニューヨークのハーレムにあるオー・デュポンという舞踏場での集会で演説をしている時、暗殺されました。その際、「イスラムの民」の信者2人が殺人容疑で有罪とされました。

 マルコムXにはキビラ・シャバーズという娘がいます。暗殺から30年目の1995年1月、彼女は「父親の暗殺を先導したのはルイス・ファラカーンである。だからファラカーンを殺害する」として殺害を企てましたが、未遂に終わりました。その容疑で彼女が起訴されたことは、当時の日本でも話題になりました。“Nation of Islam”のリーダーのファラカーンは、「マルコムXには死がふさわしい」などと誣告し、そして、その死を正当化しましたが、 ファラカーンは現在に至るまでブラックムスリム運動の指導者として、現役の人物です。


●黒人屈指の英雄マルコムXとその系譜


 いずれにしても、メッカ巡礼後のマルコムXの説教は、アフリカ系アメリカ人における正当イスラムへの回帰と関心を引き起こす原因となりました。その中にはイライジャ・ムハンマドの息子ウォレス・D・ムハンマドという人物もまた、含まれていました。こうしてマルコムXは数百万のアフリカ系アメリカ人、すなわち黒人にとっての屈指の英雄となったわけで、そして、このマルコムXの系譜につながる人物として、まさにモハメド・アリ(カシアス・クレイ)がいたのです。

 このように今では、黒人イスラムの中において生まれたマルコムX、そしてモハメド・アリことカシアス・クレイの名前は、ただ単にアフリカ系アメリカ人の歴史のみならず、イスラム史、ひいてはアメリカ史においても大きな足跡とインパクトを示す人物として、今日の日本でも知られるようになったわけです。

 今日はこれで失礼いたします。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。