10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

9.11問題でアメリカを挑発したサウジアラビアの失策

アメリカとサウジ同盟関係の終焉(3)二つの深刻な問題

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
9.11(世界貿易センタービルの崩壊直後)
歴史学者・山内昌之氏がアメリカとサウジアラビアの関係変化の背景とプロセスについて解説するシリーズ講話。現在、両国間にはとりわけ深刻な問題が二つある。サウジアラビアによる米国債の売却脅迫問題と、9.11(アメリカ同時多発テロ事件)の被害者によるサウジアラビアに対する賠償請求問題だ。結果的に、アメリカはサウジアラビアの保有する米国債総額の公開に踏み切ったのだが、それはなぜか。見えてくるのは、両国の戦略的同盟関係の大きな変質である。(全7話中第3話)
時間:11:30
収録日:2016/07/26
追加日:2016/09/03
ジャンル:
≪全文≫

●アメリカとサウジ間の二つの深刻な問題


 皆さん、こんにちは。前回は、アメリカ大使を務め、かつ総合情報庁長官を務めたトゥルキー・イブン・ファイサル王子が「アメリカは友人を裏切り、軸足をイランに移した」と厳しく批判したことについて、触れました。

 今、アメリカとサウジアラビア両国間には多くの問題がありますが、中でもサウジアラビアのアメリカ国債のいわゆる売却脅迫問題、それから9.11(アメリカ同時多発テロ事件)の被害者に対するサウジアラビアの国家としての賠償問題、この二つが大変深刻な問題となっています。バラク・オバマ大統領は、9.11の被害者家族がサウジアラビア政府に賠償を求める法案がアメリカ議会に上程された際、さすがにその法案の議会における討論と採決には消極的でした。被害者家族たちは、9.11の首謀者がサウジアラビア人のウサマ・ビン・ラディンを中心とする人たちであり、サウジアラビア人が一番多数の実行犯を出した以上、サウジアラビア政府がその事実に基づき、謝罪と賠償に応じるべきだと主張しました。


●サウジの対米投資総額2000億ドル減少の謎


 これに対して、サウジアラビアのアーデル・ジュバイル外相は、サウジアラビアに9.11の賠償を求める法案を、もしアメリカ議会が承認するならば、アメリカにあるサウジアラビアの資産と投資を引き上げると、アメリカを恫喝しました。アメリカの金融機関や金融アナリストたちは、早速サウジアラビアのアメリカに対する投資総額について、現状を調べました。そして、米国経済の被るリスクについて算定を試みたのです。

 その数字については意見が分かれています。今年の3月、『ニューヨーク・タイムズ』は、サウジアラビアの投資総額は全体として7500億ドルと算定しました。一方、アメリカ財務省は40年間で初めて、サウジアラビアの保有する米国債総額について公開に踏み切りました。その米国債総額は1168億ドル、日本円でおよそ12兆7400億円と見積もりました。他方、ブルームバーグが開示したアメリカ政府筋の情報によれば、サウジアラビアの保有国債は、5870億ドルに下がったと伝えられています。つまり、『ニューヨーク・タイムズ』が伝えた7500億ドルから、わずか2年で2000億ドルも減少したということに、数字上はなるわけです。

 この謎は、サウジアラビアが最近の石油価格の低下に伴い、また「支出を抑える」ことはしないというサウジアラビアの従来の財政的特質から、2015年と16年の国家予算の欠損分を補填する原資として、アメリカから投資や債権を引き揚げざるを得なかったのではないか、と推定されています。


●米国債保有額開示で露呈したサウジの実力


 その結果、今ほぼ確実にいえるのは、サウジアラビアが保有するアメリカ国債は他国と比べると意外と控えめで、サウジアラビアはアメリカにおいてそれほど財産を持っていないということで、その現実が明るみに出たわけです。これは、サウジアラビアの米国債保有額が世界で上位12カ国の中に入る規模にすぎないというその力の程を露呈したことになります。かりそめに中国と比較しますと、中国はおよそ1兆3000億ドル、一説には1兆2000億ドルという数字が出ています。日本はどうかというと、およそ1兆2000億ドルとされています。これと比べると、サウジアラビアの1168億ドルという数字は、比較もできないほど少ないといってよろしいかと思います。

 しかし、同じアラブの湾岸諸国と比べると、やはりサウジアラビアは破格な数字を持っていると言わなければなりません。UAE(アラブ首長国連邦)は625億ドル、クウェートは312億ドル、オマーンは159億ドル、カタールは307億ドル、バーレーンにいたっては120億ドルですから、やはりサウジアラビアは、湾岸諸国の中では堂々たる地域大国だといえます。


●サウジの対米投資総額を公表したアメリカの意図


 アメリカ政府はなぜ、こうした数字について公表に踏み切ったのでしょうか。その答えはとても簡単です。サウジアラビアが保有している米国債をそこに残そうとも、あるいは引きあげようとも、そのサウジマネーはアメリカ経済のリスクを呼ぶほどの存在感を持たないからであり、そのことを内外に向けて暴露したということです。

 すなわち、アメリカによるサウジアラビアの投資総額をわざわざ開示したのは、ジュバイル外相に対する逆威嚇であり、「なんとこしゃくなことか。サウジアラビア政府ごときが何を言うか」「サウジアラビア何するものぞ」というオバマ大統領の非常に厳しいメッセージの表れだと考えるのが自然です。

 今回の情報開示によって、オバマ大統領は、サウジアラビア政府が赤字予算を補填するため昨年末と本年の最初に...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。