10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

レーガンとトランプ、二人の年齢・主義・主張は共通だが…

2017年トランプ新政権を考える(2)レーガンとトランプ

伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授
情報・テキスト
ロナルド・レーガン元大統領
トランプ政権の行方を占う上で最も参考になるのはレーガン政権との比較だと、東京大学名誉教授で学習院大学国際社会科学部教授・伊藤元重氏は言う。いずれも高齢の共和党候補であり、既存政治への対抗姿勢も共通している。どちらも「強いアメリカ」を打ち出すことで、民主党支持者であった白人層の票も集めた。就任を2017年1月下旬に控えた今、レーガン政権8年間をざっと復習してみよう。(全2話中第2話)
時間:09:41
収録日:2016/11/30
追加日:2016/12/21
ロナルド・レーガン元大統領
トランプ政権の行方を占う上で最も参考になるのはレーガン政権との比較だと、東京大学名誉教授で学習院大学国際社会科学部教授・伊藤元重氏は言う。いずれも高齢の共和党候補であり、既存政治への対抗姿勢も共通している。どちらも「強いアメリカ」を打ち出すことで、民主党支持者であった白人層の票も集めた。就任を2017年1月下旬に控えた今、レーガン政権8年間をざっと復習してみよう。(全2話中第2話)
時間:09:41
収録日:2016/11/30
追加日:2016/12/21
≪全文≫

●年齢、主義、主張の共通するレーガンとトランプ


 ドナルド・トランプ氏が大統領に選ばれた後、いろいろな人が過去の大統領を参照しながら、どんな大統領になるのだろうと思いをはせたと思います。私も当然、考えてみました。常識的に見て、トランプ氏と非常に重なってくるのは、1980年に大統領に選ばれたロナルド・レーガン氏だろうと思います。

 まず、トランプ氏は年齢も70歳とかなり高齢ですが、レーガン氏が大統領になったのは69歳と300何日かで、ほぼ70歳でした。いずれも高齢の大統領であり、ともに共和党候補です。また、トランプ氏はまったくの政治の素人の中から、既存の政治に対する非常に強い批判の声をバックに当選しました。レーガン大統領は、その前にカリフォルニア州知事の経験を持っていたことはあるものの、もともとは映画俳優でした。ワシントンのプロの政治家から見れば、「レーガンが出てくるの?」ということで、やはりこれも既存の政治とは距離を置いた新しい動きでした。

 ともに「強いアメリカ」を打ち出し、二人とも共和党候補ではあるのですが、選挙結果を見ても、それまで民主党を支持していた白人票を集めたところに、既存の政治勢力とはかなり違うところが感じられます。


●「減税」の景気刺激は、財政赤字と裏腹


 これだけ共通点があるのはなかなか面白いと思うのですが、結果的にトランプ氏が大統領に当選してからのマーケットの動きを見ると、やはりかつてレーガノミクスといわれたレーガン政権の時の動きと非常に似た面があると思います。簡単にいえば、二人とも減税を非常に強く打ち出しています。これは景気刺激効果が期待できるだけではなく、財政に関してみると、財政赤字の方向に動いていくことを意味します。

 レーガン氏は、減税と同時に歳出を抑えようとして、積極的に「小さな政府」の推進と規制緩和の方針を打ち出していました。ところが現実的には「強いアメリカ」と関連して、大統領自身が「スターウォーズ計画」という軍備の強化や構造化に動きました。また、当時のソビエト連邦(現ロシア)がアフガニスタンに侵攻したことから、米ソ関係が軍事的に緊張して軍事費中心の支出がかさみ、結果的にレーガン政権は巨額の財政赤字を出すことになったのです。


●ドル高と高金利が招いた新興国財政破綻


 景気の刺激効果は大きかったものの財政赤字となり、結果としてアメリカの通貨は大きくドル高へとシフトしていきました。ドル円でいうと、直前のジミー・カーター大統領の頃は一時1ドル180円ぐらいから140~150円まで円高になっていたものが、一気に200~250円の円安にまで動き始めます。

 そして、金利が急騰しました。これはもう一つ複雑な事情があります。レーガン政権以前、カーター政権が指名したポール・ボルカーという中央銀行総裁が、非常に強い反インフレ政策をとるために金利を引き締めていたのです。それに輪をかけたのがレーガン政権による財政赤字でした。こうして、長期にわたり金利が上がっていったことで、ドル高が進み、この結果、ブラジル・メキシコ・アルゼンチンなどの国々が、レーガン政権登場によって非常に厳しい状況を迎えることになったのです。

 レーガン大統領就任翌年の1982年には、ブラジル・メキシコ・アルゼンチンが累積債務問題で破綻していきます。ドルで大量の債務を抱えたブラジルやメキシコ、アルゼンチンは、自国通貨における債務金額が膨らむことで非常に苦しくなったのです。また同時に、金利が非常に高くなる...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。