10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

資源を輸入して加工するのではなく、これからは自給へ

資源大国日本(2)加工貿易立国の終焉

小宮山宏
東京大学第28代総長/株式会社三菱総合研究所 理事長
情報・テキスト
工業を独占する先進国と安価な資源を売る途上国。長い間続いたこの構図が近年崩れ始め、やがて従来の加工貿易という戦略が成立しなくなるだろう。そこで、小宮山宏氏が具体的数値を元に、資源自給国家への可能性を提起する。
時間:10:26
収録日:2014/04/11
追加日:2014/05/27
工業を独占する先進国と安価な資源を売る途上国。長い間続いたこの構図が近年崩れ始め、やがて従来の加工貿易という戦略が成立しなくなるだろう。そこで、小宮山宏氏が具体的数値を元に、資源自給国家への可能性を提起する。
時間:10:26
収録日:2014/04/11
追加日:2014/05/27
≪全文≫

●1割の国が工業を独占し、9割の国が安い資源を売る時代が続いた


今日は、日本の基本的な戦略である、資源を輸入して製品を輸出し、それによって稼いだお金でまた資源を買うという、いわゆる加工貿易というものが今後はもう成り立たないというお話と、それと合わせて、われわれは、エネルギー、鉱物資源、食料といった基本的な一次資源を自給する国家にならなくてはいけないし、そういう国家になれる、というお話をさせていただこうと思います。
まず、この図を見ていただきたいのですが、これは、縦軸が世界の主要国で、その中には日本も入っていますが、主要国の一人当たりのGDPを、そのときそのときの世界平均の一人当たりのGDPで割った値を示しています。いま世界の主要先進国が3とか4という値のところにいるというのは、世界平均の3倍から4倍の所得を得ているという意味です。
1000年ぐらい前ですと、主力の産業はほとんどが農業で、江戸時代になっても85パーセントは農業を主力としてやっていたわけです。
その状況を変えたのが産業革命でした。産業革命によって工業が起こったのです。工業製品は、一部の国でしか作れなかったため、非常に高価だったわけです。
昔、一つのトランジスタラジオが、カカオ豆3袋、その袋は大きなズタ袋ですが、その3袋と等価交換されたという時代がありました。それぐらい資源が安く、工業製品が高かったわけです。
では、なぜ資源が安くて工業製品が高かったのでしょうか。それを考えてみる必要があります。なぜかと言うと、産業革命をやった国は、1割の先進国だったからです。つまり、ヨーロッパの国と日本と、ヨーロッパのクローンとも言える北米、つまり、アメリカ、カナダと、それからオーストラリア大陸が先進国で、人口にすると世界の10パーセントの国で、これらが工業を独占していたわけです。
この他のアフリカ、アジア、南アメリカの国というのは、工業をやれなかったし、やるだけの力もなかったのです。
そうすると、この90パーセントの人口の国は、売るものというと一次資源しかなかったわけです。ですから、工業製品が極めて高く、一次資源が安いという時代がずっと続いていたのです。

●21世紀は先進国と途上国の差が急接近、加工貿易モデルが成立しなくなる


ところが、この図でも分かるように、ここ10年、20年で、先進国の人たちと途上国の人たち、ここにはインドと中国しか書いてありませんけれども、その差が急激に接近してきているのです。
これはご案内の通り、先進国がだんだん飽和して成長率が落ちてきて、途上国が高い成長率でどんどんと追いついてきているということです。
では、途上国は何をやって追いついているのでしょうか。それは、工業です。つまり、中国もインドもタイも、工業を手にすることになり、どんどんと先進国に追いついてきているのです。
ということは、21世紀は、ほとんどの国が工業を手にするということになります。20世紀の10パーセントが工業を行い、残りの90パーセントが資源を売ったという時代から、9割の国が工業製品を売る力を持つという時代になるということです。
そうなれば、世界はどうなりますか。当然、一次資源に対する工業製品の付加価値が小さくなっていきます。それは、僕ら日本の加工貿易というモデルが、もう成り立たないということを意味するわけです。
こうなれば、話は早いですよ。すでにいまでも、工業製品が大変な競争にさらされていると感じています。やがて、ごく一部の高級品しか...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。