10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

レーガン政権以降のアメリカの「グローバル化戦略」

トランプ政権と今後の世界情勢(1)米歴代政権という鏡

白石隆
立命館大学 特別招聘教授/ジェトロ・アジア経済研究所長
情報・テキスト
レーガン元大統領
2017年に発足したアメリカのトランプ政権では、相次ぐ大統領令や重要ポストの人事をめぐる混乱が続いている。このトランプ政権発足で、日本や中国などのアジア、そして世界の情勢はどうなっていくのか。立命館大学特別招聘教授でジェトロ・アジア経済研究所長の白石隆氏が、トランプ政権と今後の世界情勢について語った。(全5話中第1話)
時間:07:41
収録日:2017/02/16
追加日:2017/04/13
ジャンル:
≪全文≫

●現在進めている研究


 今、(『オンリーイエスタディ』という)原稿を原稿用紙600枚分ほど書き進めたのですが、これがどうなるか。多分、2,000枚ぐらいの大きい本になるのではないかと思います。

 ただ、ひょっとすると全部は終わらないかもしれません。そして、どういう形で発表するのかも問題です。1冊の本にまとめて出すのがいいか、それとも新書か何かで3分冊にして出すのがいいか。今は本当に雑誌という媒体が危機的状況なので、なかなか連載にするのは難しいと思うのですが、気持ちとしてはどこかで連載できないかということを考えています。

 というのも、今進めている原稿を実際に全部まとめるとなると、早くてもおそらく3~4年ぐらいかかります。(新たな資料を)どんどん読んでいますから。当たり前のことですが、本を書くために調べ始めると、きりがありません。ある意味では、その作業が一番楽しいのですが。ですので、完成にはまだ数年はかかるでしょう。


●レーガン政権以降のアジア政策


 その原稿の第2章では、アメリカのアジア政策を扱っています。ここで、レーガン政権からクリントン政権までの変遷を見ており、大きく分けると二つのセクションがあります。

 一つ目のセクションは、レーガン政権、父ブッシュ(ジョージ・H・W・ブッシュ)政権、それからクリントン政権で、ホワイトハウスの運営がどう行われたかについてです。各政権で政策の優先順位はおのずと決まっていきます。何が戦略上大きく、優先順の高い課題だったか。またこの時期、冷戦が終わりますが、それによって政権運営がどのように変わってくるのか。その人物と大戦略の変化を描くのが、最初の部分です。

 後半はそれを踏まえて展開されます。特にレーガン政権以降は、グローバル化戦略、つまりグローバル化が大きな政策目標になります。グローバル化こそ、アメリカにとっての利益であり、世界にとっても良い、という理解の下に、さまざまなグローバル化を推し進める政策を取ります。私はそれを、「グローバル化戦略」と呼んでいます。

 大きく分けると、国境を越えた資本の移動の自由化、そして貿易の自由化、さらに民主主義支援、この三つです。それらをどうやって進めたのか。

 このグローバル化戦略の中で、対中政策および対日政策がどういうものとして出てきたのか。この点をずっと調べていくと、別に意図したわけではないのですが、やはり現在のトランプ政権を考える上でも、これらが分析の鏡になることが分かります。この時代のグローバル化戦略と比較して、ドナルド・トランプ大統領がどうして反グローバル主義を掲げるのか。彼が反グローバリズムだということはよくいわれますが、では実際の反グローバリズムとはどういうことなのか。この問題は、先のグローバル化戦略と照らし合わせてみると、非常によく分かります。

 そういう意味で、この原稿は今後4~5年間、発表せずにずっと置いておいてキープするよりも、むしろ適時連載の形でも出した方が良いのではないか。おそらく読者にとっても、1980~90年代にアジアがどう変わっていったのか単に知るだけではなく、それを読むことで現在を振り返り、さらに現代のことが分かる方が良いでしょう。少なくとも私は、そのように理解し始めています。だから、連載をどこかでできないかと思っている最中です。


●自由こそアメリカの強みである


 トランプ大統領にとって、ロナルド・レーガン元大統領は英雄だったという話もありますし、人に...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。