10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアゲートが招くトランプ大統領の弾劾リスク

トランプ政権研究(9)ロシアとの不透明な関係

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
クレムリン
公立大学法人首都大学東京理事長の島田晴雄氏が、トランプ政権の抱えるスキャンダルについて解説する。トランプ政権の中枢メンバーには、公私混同・利益相反の傾向がある。さらに、大統領選挙中にロシアにクリントン氏の妨害を依頼したのではないかという疑惑さえあり、これがもし真実であると分かれば、弾劾は避けられない。(全11話中第9話)
時間:09:07
収録日:2017/05/23
追加日:2017/07/01
ジャンル:
≪全文≫

●トランプ大統領にはスキャンダルの芽がある


 ドナルド・トランプ大統領には、スキャンダルの危険な芽があります。1つ目は公私混同です。2つ目は利益相反、つまり公務員の服務規律違反です。ただし、アメリカの法律は少し奇妙で、大統領本人は利益相反の訴求から免責されることになっています。トランプ氏はジャレッド・クシュナー補佐官や家族を政府の中枢に据えており、彼らも非常に大きな財産を持っています。したがって、公私混同として国家公務員の規律違反になる可能性がかなりあるのです。

 トランプ氏は世界各地にホテルやゴルフ場を所有しています。トランプグループの経営権は長男に譲ったということになっていますが、世界中に存在する、莫大な財産が彼の政治決定や政治判断に影響を及ぼさないとは言えません。実際、入国禁止令の対象としたイスラム諸国7カ国には、トランプ氏のゴルフ場やホテルがありません。そして、それ以外のイスラム諸国は入国禁止例の対象外でした。こうしたところに公私混同が自然と表れてきています。


●トランプ氏とクレムリンの間に不透明な関係があった


 しかしさらに危険なのは、いわゆるロシアゲート、ロシア疑惑です。昨年(2016年)の大統領選の最中に、民主党本部の外には絶対出ないはずの情報がハッキングされ、それが脚色されてWikipediaなどに流出しました。これによって、ヒラリー・クリントン氏の大変な悪評が立ったわけですが、これはロシアの仕業ではないかというのが、もっぱらの関係者の推測です。

 実際、バラク・オバマ大統領は2016年9月に中国で行われたG20の会議の際、ウラジーミル・プーチン大統領に会って、目の前で厳重注意をしたと報道されています。現職の大統領がそうしたことをするというのは、相当な確証があるということでしょう。背後には、トランプ氏のロシアコネクション疑惑が取り沙汰されています。プーチン氏はこれを無視しましたが、オバマ氏は任期満了直前、2016年の暮れに記者会見を行い、はっきりと言いました。「トランプ陣営が、クリントン陣営にロシアを使ってサイバー攻撃をしかけた、許さない」。そして、実際にオバマ大統領の決断によって、ロシア外交官35人が年末に国外退去処分を受けています。よほどの確証がなければ、こうしたことはできません。

 トランプ氏はこの問題に関与していないと、ずっと言い続けています。ところが、5月9日、突然ジェームズ・コミーFBI長官が罷免されました。表立った理由は、大統領選挙中のクリントン候補のメールゲートに対する処置が不適切だったというものですが、誰もそんなことは信じていません。コミー長官が最近、やはりトランプ氏とクレムリンの間に不透明な関係があったに違いないと、調査を強化したのです。これが罷免の原因ではないかと、推測されています。

 さらに、これよりも前の話ですが、トランプ氏の側近の一人だったマイケル・フリン氏が、職務忠実違反で解雇されています。フリン氏が政権発足前に、セルゲイ・キスリャク駐米ロシア大使と会談をしていたことがわかったのです。その中でフリン氏は、トランプ氏はプーチン氏を尊敬しており、ロシアに対する経済制裁の解除を検討しているという趣旨のことを述べていました。この会談の内容をトランプ大統領に報告しなかったため、フリン氏は首を切られてしまいました。しかし実際、トランプ氏は選挙戦中、プーチン大統領は大変実力がある、素晴らしい指導者だと述べており、アメリカとロシアがもっと友好関係を持つためなら、経済制裁を解除しても良いと言っていたのでした。これはグレートバーゲン、偉大なる取引というようにいわれていますが、こうしたことをトランプ氏は終始匂わせていたのです。

 また、レックス・ティラーソン国務長官はエクソンモービルの会長だった人です。エクソンは世界に220カ所以上の子会社を持っています。最大の石油輸出国はロシアですから、ロシアにも何十社も子会社があり、プーチン氏とは非常に親しい関係にあります。これは誰もが知っていることです。ティラーソン氏は最近、事ある度に、ロシアは非常に危険な国で警戒を要すると、わざとらしいほど繰り返しています。極めて不自然でしょう。また、ロシアはシリアのアサド政権を支えています。トランプ氏は、アサド政権の政府軍基地に、これ見よがしに突然59発のトマホークを打ち込んだのですが、これもわざとらしいところがあります。つまり、自分はロシアとは縁がないということを、ことさらに見せつけるためのパフォーマンスを繰り返しているように思われるのです。


●トランプ大統領は弾劾という時限爆弾を抱えている


 しかし、とうとう司法省も、世間や政治の世界で噂されているトランプ大統領の疑惑について、特別な権能を持ち、完全に独立の立場で捜査ができる特別検...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。