10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

柳井正氏の年度方針「儲ける」は商売の本筋

ストーリーとしての競争戦略(1)当たり前の重要さ

楠木建
一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授
情報・テキスト
『ストーリーとしての競争戦略―優れた戦略の条件』(楠木建著、東洋経済新報社)
一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授の楠木建氏が、商売における優れた戦略の条件について解説する、シリーズ講話の第1話目。商売は科学とは違って、法則の存在しない世界である。当たり前のことを現実の商売で実践することの大切さについて、ファーストリテイリングの柳井氏を参考に考える。(2017年5月25日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演「ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件」より、全9話中第1話)
時間:11:33
収録日:2017/05/25
追加日:2017/06/30
≪全文≫

●商売に法則はない


 楠木と申します。本日はこのような機会をいただきまして、誠にありがとうございます。釈迦に説法ですが、大前提として、商売にはこうすればうまくいくという法則はありません。この点で、科学とは違います。例えば、科学の世界にはアインシュタイン方程式というものがあります。いつ、どこで、誰が、どのような気分で自然現象を観察しても、方程式の左辺は右辺と必ず等しくなります。これが科学の法則であり、本質はそれを見ている人によりません。科学者は、こうした法則を扱うことを仕事にしています。

 ところが、商売事ではそうはいきません。僕がずっと手伝っている会社の一つに、ファーストリテイリングがあります。その会長兼社長の柳井正氏は、もちろん科学者ではなく商売人、経営者です。他方、同じ業界の優れた経営者の一人に、例えばアマンシオ・オルテガ氏がいます。ZARAなどを展開している、インディテックス社の創業経営者です。どちらも優れた経営者ですが、来週突然、柳井氏とオルテガ氏が経営する会社を交代するとしましょう。両社とも業績が落ちると思います。つまり、これが法則がないということです。商売は人によるという、当たり前のことです。

 先日、新聞を読んでいると、この本の宣伝がありました。三流は、出されたコーヒーをゆっくり飲み、二流は急いで飲む。そして一流は、飲まない、と。僕はコーヒーをゆっくり飲むので、その時点で三流確定ということになって、悲しかったのですが、ただ、出されたコーヒーを飲まなければ一流になれるのかというと、そうは問屋が卸しません。人間が関わってくると、科学のような法則は一気に成り立ちにくくなってくるわけです。


●商売で大切なことは当たり前のことだ


 僕は科学者ではないので、「どうしたらよいのか」と聞かれても、当然「いや、分かりません」としか、答えようがないのです。そうすると、ふざけるなと叱られるのですが、言うまでもなく、皆さんのご商売は、ご自身でどうすればいいのか考えていただくしかありません。僕の仕事はそのときに、「こう考えてみたらいかがでしょうか」と提案する程度です。

 この本は、僕なりに「こう考えてみたらいかがでしょうか」という話を書いたものです。もし気が向いたら読んでいただきたいと思います。ただ、世の中は厳しいもので、この本の感想としてお送りいただいたメールの8割方が、「カネ返せ」という内容です。連日連夜、あまりにたくさん来るので、専用のフォルダーを作って、そこにカネ返せメールを仕分けしているほどです。もう何百通もたまっていて、僕はそれを「ビッグデータ」と呼んでいます。これを調べると、大体皆さん同じ所で頭にくるようで、「こんなのは当たり前の話じゃないか」とおっしゃいます。この感想は、僕もそう思っているのですから、間違っていません。どう読んでもらっても構わないのですが、商売とは、普通の人間が普通の人間に対して普通にやっていることです。つまり、月にロケットを飛ばすといった話ではないのです。「あっと驚く大発見」や「誰も知らない秘密の花園」のようなことは、商売事には絶対にないと思っています。ですから、大切なことほど言われてみれば当たり前だ、というのが今日の最終結論になります。今日の話をここで終わってしまっても差し支えないほどです。

 科学には、誰もが驚く大発見が時折あります。これは言葉の正確な意味での「発見」で、中にはノーベル賞に値するものもあります。ところが、こうした科学の世界とは違って、商売...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。