10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

真珠湾攻撃に始まる大戦緒戦で日本軍が挙げた戦果

敗戦から日本再生へ(3)緒戦の大進撃と逆ABCDライン

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
真珠湾攻撃
公立大学法人首都大学東京理事長・島田晴雄氏による日本の敗戦、占領、経済復興を考えるシリーズ講話。今回は、真珠湾攻撃に始まり、アジア南方侵攻で勝利し続けた日本軍が、開戦5カ月にして「逆ABCDライン」を形成するに至った経緯を詳細にたどる。(2016年7月8日開催島田塾第137回勉強会島田晴雄会長特別講演「敗戦、占領、経済発展:日本は異民族支配からいかに再生したか?」より、全13話中第3話)
時間:10:44
収録日:2016/07/08
追加日:2017/07/17
≪全文≫

●大戦果を挙げた真珠湾攻撃


 日本時間1941年12月8日午前1時、ハワイ時間では12月7日午前5時30分、黎明(れいめい)のことです。直前の偵察のため、巡洋艦「利根」と「筑摩」のカタパルト(航空機を射出するための機械)から零式水上偵察機が勢いよく発出されました。午前6時、南雲忠一中将率いる軌道艦隊の主力をなす航空母艦「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」「瑞鶴」「翔鶴」6隻の航空母艦は、艦首を風上に立てて全速で進みます。甲板上に並んだ戦闘機、爆撃機の発進を始めました。オアフ島北方230マイルのことです。15分後、戦闘機43機、爆撃機51機、攻撃機(魚雷)89機、計183機、上空で編隊集合、一路南へ飛び去っていきました。当時の日本軍にはこういう力があったのですね。

 1時間15分後、第二次攻撃隊が発艦します。攻撃機など合わせて167機で、乗組員は九州の佐伯湾で連日、猛訓練をしていた人たちです。午前7時をまわり、「トラトラトラ」という暗号(意味は「我、奇襲に成功す」)を打電。ハワイでは、戦艦「アリゾナ」は炎上炸裂、「ウェストバージニア」は沈没、「オクラホマ」は転覆、「カリフォルニア」は3日後に沈没、他4隻は大破・中破、巡洋艦、駆逐艦、工作艦12隻は沈没、大破・中破となりました。航空母艦はとうとう捕捉できませんでしたが、日本軍の大戦果です。


●南方作戦の発令へ-まずマレー半島上陸作戦


 もう一つ、知らなければいけないのは、南方作戦です。前回「ABCDライン(包囲網)」の話をしましたが、私が「逆ABCDライン」と呼ぶものが、実はあったのです。

 1941年10月17日、開戦よりも随分前のことです。参謀本部は対英米蘭戦争における作戦見通しを起案します。攻撃の範囲と順序はまずフィリピン、マレーに対する先制攻撃を行う。作戦初頭、グアム、香港、英領ボルネオの要地を占領し、タイ国、インドシナを安定確保する。次いで、速やかに英領ボルネオ、セレベスの要地を占領。さらに進んで、ジャワ、スマトラの要地を攻略し、ビスマルク諸島、モルッカ諸島、ティモール島の要地を占領する。すごい案ですが、これが予定より少し遅れて発令されました。

 まずマレー半島上陸作戦です。この時は、マレー半島に上陸して陸海軍の部隊がシンガポールまで南下したのですが、そのスタートとして41年12月7日深夜、第一次上陸部隊約5,500名を乗せた高速輸送船団3隻が、マレー半島の中部のコタバル海岸に接近し、投錨しました。工兵隊が50隻近い上陸用舟艇を荒れ狂う海の中に浮かべて、兵士が乗り込みます。途中で海に落ちた人もいるそうですが、激しい銃砲撃の中、第1回上陸に成功します。

 12月8日、日本軍はコタバル市に侵入、占領しました。コタバルと同時にマレー半島の中部、タイ国領のシンゴラ(地図などで見ると、細くなっている部分のこと)、パタニにも上陸作戦を進め、一路南下します。兵力は約2万6,600名、戦闘員約1万7,000名です。ただ、これは兵力、火力ともに英軍より劣っています。山下奉文中将は猛スピードで突破作戦を命令しました。時に1日48キロ、兵も武器も、そして死体も踏み越えて、退却する英・インド混成軍の武器を押収しながらの直撃です。


●日本軍狂喜の大戦果-英極東艦隊撃滅


 もう一つ、日本軍が狂喜した事件があります。英極東艦隊の撃滅です。トーマス・フィリップス大将の指揮下、世界に誇る大戦艦であるイギリス極東艦隊の旗艦「プリンス・オブ・ウェールズ」と戦艦「レパルス」が、相前後して本国を出発しました。そして、アフリカの南端ケ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。