10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

サービスセクターの低生産性と「おもてなし」との関係は?

「おもてなし」のビジネスモデル

曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)
情報・テキスト
東京オリンピック招致を契機に流行語になった「おもてなし」。この「おもてなし」のビジネスモデルとしての構造に、曽根泰教氏がさまざまな角度からアプローチする。
時間:17:17
収録日:2014/03/24
追加日:2014/05/29
東京オリンピック招致を契機に流行語になった「おもてなし」。この「おもてなし」のビジネスモデルとしての構造に、曽根泰教氏がさまざまな角度からアプローチする。
時間:17:17
収録日:2014/03/24
追加日:2014/05/29
≪全文≫

●東京オリンピック招致で流行語になった「おもてなし」


2013年の東京オリンピック招致をきっかけに、「おもてなし」という言葉が、あらためて重要な言葉として多くの人に意識されるようになりました。その「おもてなし」がどんなビジネスモデルなのかを少し考えてみたいと思います。言い換えれば、日本のサービスセクターは「おもてなし」で生き延びることができるかどうかということです。一方にサービスセクターの生産性の低さがあり、もう一方に「おもてなし」がある。これをどう理解したらいいのかを考えるために、東京オリンピック招致で注目された「お・も・て・な・し」のプレゼンテーションを持ち出したのです。
もっとも、東京オリンピックの決定には、おそらく「おもてなし」ということよりも、「東京では落とした現金が年間3千万ドル以上も戻ってくる」というデータのほうがはるかに重要で、東京の安全なインフラをお伝えしたのではないかと思っています。ですが、それはそれとして。
しかし、「なぜ東京オリンピックなのか」ということは、実は一言ではなかなか語れないものがあります。これがイスタンブールの場合、「イスラム圏で最初のオリンピックをやりたい」というメッセージは明快です。それに比べて東京は、先進国、二度目の開催地、あるいは環境、成熟社会におけるオリンピックなど、さまざまな切り口で語られてはいますが、なぜ東京でなくてはならないのかは、いまだにあまりよくわからないところがあります。ただ、プレゼンテーションはなかなか上手であったということです。


●「対価をもらわない親切さ」は日本人だけの特技ではない


「おもてなし」ということを考えるとき、かなりの誤解があると思います。「おもてなし」ができるのは日本人だけではありません。もちろん、海外では「おもてなし」という用語は使いませんが、〝hospitality〟や〝friendship〟や〝kindly〟という言葉があります。つまり、海外にも「おもてなし」同様の対価をもらわない親切さはたくさんあるのです。
一つ具体的な例を申し上げます。私がオーストラリア国立大学(ANU)に半年間在席したときのことです。私を受け入れてくれた学部長は、アメリカの学者が書いたある本の一節を、たまたまお互いそれぞれに担当して執筆しただけの関係であるにもかかわらず、私に大変親切にしてくれました。どのくらい親切だったかというと、例えば夏休みには、ニューサウスウェールズの海岸の上にある彼の別荘を設備・備品ごと全部無料で使ってかまわないと鍵を預けてくれました。また、私がお借りしていた研究室の研究者が海外から戻ってくることになったときに、学部長はアシスタントの部屋に移り、学部長室を私に譲ってくださいました。その後、学部長の娘さんから学部長室に直接電話があり、「あなた、誰?」と言われたこともありました。大変な親切さです。
これと同じことを自分が日本で外国からきた研究者にできるかと言ったら、私には多分できないと思います。この事例からもわかるように、外国に親切な人がいないかといえば、そんなことはありません。
つまり、親切であるかどうかは、国によっても人によっても全く違うのです。もちろん、日本人は平均して親切であるということはおそらく言えるでしょう。

●通常、サービスセクターでの「おもてなし」はマーケットモデル


しかしながら、ビジネスモデルがそこだけに頼れるかと言うと、そうはいかないのではないかと思います。
サービスセクターでは通...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。