10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「国際政治にはリアリズムが必要」と教えてくださった先生

四人の恩師

前原誠司
衆議院議員/民進党代表
情報・テキスト
『国際政治―恐怖と希望』(高坂正堯著、中公新書)
政治家・前原誠司氏にとって、欠かすことができない四人の恩師がいる。国際政治を学んだ学生時代、松下政経塾の頃、そして政治家になってからと、大事な時期に前原氏を支えた恩師たち。その人物像について、前原誠司氏が熱く語る。
時間:20:52
収録日:2014/03/20
追加日:2014/06/05
≪全文≫

●高坂正堯氏:『国際政治』とリアリズム


前原 私の恩師には、いろんな方がおられます。先輩方にもお世話になっておりますし、いろいろな方との出会いの中で今までやってくることができました。その中で何人かお話しをさせてもらいたいと思うのですが、今日は四人の方のお話をしたいと思います。そのうち三人の方はすでに亡くなられたのですが、お一人は今も生きておられる方です。
一人目は高坂(正堯)先生で、「国際政治はリアリズムが必要だ」という考え方を私に教え込んでくださった方です。
先ほどお話した『国際政治』という中公新書の本の中で、日本の政治家というのは、国内政治なら 権謀術数だと分かっているのに、国際政治になると理想主義的なものになる。国際政治であれ、国内政治であれ、政治という名がつく以上は権謀術数であるのに、そのことを忘れてしまう、ということをおっしゃっていました。
例えば、平沼騏一郎首相ですが、独ソ不可侵条約が結ばれたときに残した言葉が「複雑怪奇」という言葉でした。たしかに、当時は日独伊で協力していましたし、その後のことで言うと、アメリカ、ソ連、イギリスがヤルタで話をしたりしていますし、今クリミア半島がいろいろと注目されています。そうなると敵同士であることは間違いないけれども、その敵同士だと思っていたところが、不可侵条約を結んだということです。それを「複雑怪奇」だと言って、総辞職するわけです。これを高坂先生は、ばっさりと切っています。
国際政治というのは、複雑怪奇なものであり、お互いが国益に基づいて打算で行動しているということを考えれば、そんな組み合わせは十分にあり得ること。なのに、それを分かっておらずに日本の国を統治していたということについて、かなり厳しくばっさりと切っているわけです。
私は、そのリアリズムというものに非常に感銘を受けております。また同時に、高坂先生は、中江兆民の『三酔人経綸問答』という本を引用されています。
その本には、洋学紳士君、東洋豪傑君、そして、彼らの先生も出てくるのですが、要するに、理想主義的な平和、例えば武器をなくすという、昔の国際連盟のような考え方の洋学紳士君と、一方、徹底的に武力を強化し、そして力により支配するという考え方の東洋豪傑君、どちらもだめだということを言っています。つまり、そういった理想主義も排除するけれども、徹底した力による支配も排除するということなのです。先生は、そのことを三酔人、つまり、酔人というのは酔っぱらっている人ということですが、その経綸問答という、中江兆民の本から引用されているのです。
ということで、歴史への洞察力、そして、そこからどう理想を作り上げていくかという地に足の着いた議論をする上で、私にとって 高坂先生というのは、なくてはならない方であったと思います。

●学生最優先の阪神ファン


前原 若干脱線しますと、高坂先生は大の阪神ファンでした。私も阪神ファンなのですが、毎年4月から始まる国際政治の授業のはじめに、「今年、阪神タイガースが優勝したら、おまえらみんなに単位をやる」ということをおっしゃっていたのです。
阪神タイガースというのは、吉田義男監督のときに優勝したわけですが、それまで数十年間優勝がなかったのです。それで、吉田阪神タイガースの優勝はハレー彗星と言われたのですが、それぐらい阪神は優勝していませんでした。だから、おそらく先生は今年も優勝しないだろうという前提で、そんなことをおっしゃっていたと思います。
ところが、なんと、われわれが3年生のときに、その吉田阪神タイガースが優勝したのです。そして、〝阪神タイガース優勝万歳〟と答案用紙に書いたら、みんな単位をもらったのです。先生は、ちゃんとおっしゃったことを実行されたのです。それから、何度も一緒にゼミ生と甲子園球場に行きましたし、あるいは、ソフトボールを一緒に先生とやったりしました。
また、あの頃はサンデープロジェクトなどにもコメンテーターとして出られていて、マスコミの露出も多かったのですが、授業が最優先。言ってみれば、学生との交流が最優先ということです。日曜日にはソフトボールをしよう、阪神タイガースの試合を見に行こうということで、「俺、テレビで、サンデープロジェクトの日だ。まあ、いいわ、断るわ」とおっしゃって、学生を優先されるような方でした。

---- すごくいい先生だったのですね。

前原 そういう意味では、もちろん非常に厳しかったのですが、われわれにとっては優しくて、そして、温かみのある先生でした。

●常に自分で考えさせる指導方針


前原 大学の頃、ゼミ論を書くとなると、知識も洞察力もないので、稚拙ではないですか。でも、高坂先生から、「おまえはだめだ」とか、「おまえの論文はなってない」ということを1回も聞いたこ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。