10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

この三つをなくした人間は、必ず浮草のように浮遊する

日本が取り戻すべき三つの教育~宗教心・道徳・歴史の大切さ

山田宏
参議院議員
情報・テキスト
『日本人の精神構造』(会田雄次著、PHP研究所)
(現在品切れ・重版未定)
戦後、日本の教育は捨ててはならないものを捨ててしまった。それが日本人のガッツを失わせ、慎みと誇りと自信を喪失させている。浮遊する日本を救うには、どうすればいいのか。山田宏氏が語る日本再生の道。
時間:12:28
収録日:2014/04/04
追加日:2014/06/26
ジャンル:
≪全文≫

●宗教心・道徳・歴史。日本が取り戻すべき三つの教育


 山田宏です。今日は、なぜ日本人のガッツがなくなったのか、その原因である日本の教育についてお話ししたいと思います。
 
 教育とは、頭つまりブレーン、それからハート、そしてもう一つ腹、この三つです。ブレーンは知識、頭、ハートは、胸、優しさや思いやりのことです。ここまでの教育は戦後してきました。ところが、腹の教育がなくなってしまったのです。英語では、腸をガッツ(guts)と言います。日本でも同様で、「腹が据わっている」ということを「ガッツがある」と言います。そういう日本人が少なくなって、日本が浮遊しているのです。
 
 私はそれを国会議員たちにも感じてきました。先日、ヨーロッパに視察に行ったときのことです。特定秘密について各国がどういう対応しているかを調査することを目的に、自民党から共産党まで超党派で行ったのですが、そこで、自民党も含めて、著名な国会議員などにも、やはり少し幼稚さ、うぶさがあることが分かったのです。
 
 例えば、自民党のある重鎮の議員は、「この特定秘密保護法ができたおかげで日本は秘密を守ることのできる体制になった。だからどんどん秘密をください」と言うわけです。しかし、各国とも諜報活動など多額の費用と命をかけて情報収集・分析をしているのに、日本に特定秘密保護法ができたからといって簡単に秘密情報をくれるわけがありません。もし情報をくれたとしても、彼らにとって都合のいいものだけです。
 
 また例えば「安倍首相の靖国神社参拝をどう思うか」というようなことを質問する与野党議員が複数いました。そんなことは日本人が自分で考えるべきことで、政治家が聞く質問ではないと私は思います。こういうところになんとなく、うぶというか幼稚さというか、ガッツのなさを感じるのです。
 
 これは政治家だけではありません。経営者も、ばれなければ偽装表示でもいいと考えるなど、とにかく自分自身を律する大義がありません。教育界でも同様です。校内暴力やいじめが陰湿化しています。しかし、そのことについて教育者や教育行政に関わる人がどう対応しているかというと、これも「ばれなければいい」という状況です。そして、うるさい親の顔を見て、うるさい子供の顔を見て、おだてて、自分が担任をしている間は問題が起きないようにする。これが今の教育界の対応なのです。また、社会はどうなっているのかと言えば、ここではまことに身勝手な親殺し、子殺し、または赤の他人を殺める事件が起こっています。その理由も、全く考えられないような身勝手な理由です。
 
 このように日本全体が浮遊しているのはなぜか。このことにぜひ思いをいたしていく必要があると思います。

●戦後いち早く現代を予見した先人の警句


 これは、一にも二にも戦後の教育に原因があると私は思っています。
 
 戦後の教育について、京都大学名誉教授の会田雄次先生が、昭和30年代前半に、当時の京都大学の学生に対して言ったとされるお話について聞いたことがあります。昭和30年代前半に学生だった人たちですから、現在およそ60代後半から70歳です。その人たちが20歳前後の学生だった頃に、会田雄次先生は、現代を予想するようなこのようなお話をされています。
 
 「いずれ皆さんがリーダーになる、皆さんの時代がやってくる」。京都大学だからそうでしょう。「そうなったときが、日本は最も心配である。皆さんがリーダーになったとき、おそらく日本は浮遊...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。