10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

人を激励して応援することが、自分の成長につながる

人間力をつけるために(10)人を激励し、応援しよう

浜口直太
経営コンサルタント
情報・テキスト
人間力をつけるための10個目のポイントは、人を激励し応援することである。経営コンサルタントの浜口直太氏は、そう語る。人を応援する際には、思いやりの心を持って、相手の苦しみを分かち合うことが重要である。また、人を応援しているうちに、人間は自分でも頑張ろうと思うようになる。(全10話中第10話)
時間:11:13
収録日:2018/03/19
追加日:2018/06/01
ジャンル:
≪全文≫

●人を激励し応援していくことが非常に大事


皆さんこんにちは、今回で10回目になりますが、今回のテーマとして、人間力をつけていくためにぜひお勧めしたいのが、人を激励し応援することです。

 すでに簡単には触れましたが、人間力をつけていくためには、人を激励して応援していくことは、絶対に欠かせません。それは、自分の体験からそう思っています。人を励まし応援することには、経験や知識や年齢といったものは、無関係です。例えば自分がビジネスをしていて、芸術で困っている人を励ますように、全く違う分野で生きる人に対してでも、激励し応援していくことが非常に大事です。それは、自分が音楽のプロをしていて、学校の先生を応援するときも同じです。


●人を応援することで、人の話を聞く忍耐力がつく


 人を激励し応援することが、人間力になぜつながるかと言いますと、人を激励するためには、そもそも人の話を聞く必要があるからです。そうしますと、つまらない話ですとか、聞きたくない話ですとか、何を言っているのかも分からない話でも、聞かないといけません。つまり、まずは自分に忍耐力がつきます。

 その人の話を聞いている理由は、相手の方が困っていらっしゃる、悩んでいらっしゃるからです。そのためにお話を聞くのですが、悩んでいることや関係のあることを、延々と話さないことも往々にしてあります。そうなりますと、聞いているうちにだんだんと、何が言いたいのか、何が悩みなのか、早く言ってほしいということが、喉から出かけてしまう。しかしそれは、相手にとっては聞いてほしい大事なことです。それを我慢して聞くという忍耐力がまずつきます。


●アクティブリスニングをして、相手の苦しみに同調することが大事


 また、話しやすい環境を作ってあげる力もつきます。これは、アクティブリスニングといわれますが、相手に同調することで、相手の話を引き出してあげることです。まずは聞いてあげることで、だんだんと本題に入っていくわけです。話を聞いていてよくあるのは、世の中の批判をしたり、泣き出したり、恨み・つらみを言ったり、ということです。しかし、それでも我慢して、否定しないで聞いてあげることが重要です。場合によっては否定したい気持ちもあるとは思いますが、まずは、相手のことを本当に受け止めていると分かってもらいたいので、そうしたときには、相手の言っていることをリピートしてあげるというテクニックがあります。

 ただし、例えば人の悪口を言っている場合のように、何かを批判していることをそのまま同調してしまうと、自分も一緒になって批判してしまうことになります。そういう場合には、批判そのものではなく、困っていたり苦しんでいたりすることに対して、同調してあげることが大事です。そこでは、相手の気持ちを分かっているということを、相手に教えてあげることが重要です。


●思いやりを持って、相手の話を徹底して聞くことが大事


 忍耐に加えて、人を応援するときにもう一つ必要なものが、思いやりの気持ちです。つまり、相手を元気にしてあげよう、夢や希望を与えてあげよう、そう思う気持ちです。思いやりを持って話を聞いてあげないと、例えば仕事上必要で対応しなければならないという気持ちで聞いていると、相手にもそういう態度は必ず伝わってしまいます。それではうまくいきません。まずは、思いやりを持って、相手のことを理解しようとすることが重要です。

 このことは、当たり前といえば当たり前のことです。なぜならば人間は、100人いれば100通りの生き方をしています。生まれ育った環境、教育レベル、考え方、価値観、思想、こういったものが全部違います。ですから、相手の話を理解しようとしても、簡単に理解することは無理です。もし理解していると思ったら、それは勘違いです。それは、夫婦や兄弟や親子の間でもそうです。毎日どれだけ一緒にいても、いろいろなところで理解し合ってはいません。しかしそれでも、一緒に生きていくことはできます。それは、違いというものを尊重しているからです。

 ということで、まずは思いやりを持って聞いてあげることが重要です。思いやりを持つことで初めて、徹底して相手の話を聞くことができます。思いやりがなければ、途中で否定したくなったり、聞き飽きて嫌になったりしてしまいます。思いやりと忍耐を持って聞いてあげることが重要です。ポイントはとにかく、相手を明るく元気にしてあげる、問題を解決してあげる、励まして応援してあげる、ということです。


●同じ思いで苦しみを分かち合う同苦のために、自分の環境に感謝


 私は、「同苦」という言葉をよく使います。これは、仏教からきた用語です。私たちは、全く同じように苦しむことはできません。しかしながら、同じ思いで苦しみを分か...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。