10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

カントは哲学史上飛び抜けて重要な哲学者の1人

西洋哲学史の10人(7)カント 近代の基礎

貫成人
専修大学文学部教授/文学博士
情報・テキスト
カント
西洋哲学史史上、最重要哲学者の1人とされるカントは、その批判哲学においてあらゆる人間の能力の可能性と限界について論じた。専修大学文学部教授の貫成人氏によれば、これらは人の認識やなすべきこと、美しさをめぐって、私たちにさまざまなことを気付かせてくれる。(全10話中第7話)
時間:11:24
収録日:2018/02/09
追加日:2018/06/08
ジャンル:
≪全文≫

●カントは哲学史上飛び抜けて重要な哲学者の1人である


 7回目はカントです。カントは、1500年以上の西洋哲学史の中で、飛び抜けて大事な哲学者を3名挙げた場合、必ず入ります。近代の私たちの考え方や哲学の在り方の基礎を作ったのがカントであるといっても過言ではありません。

 カントは、1724年から1804年に生き18世紀の後半に活動した人です。北ドイツのケーニヒスベルクという、現在ロシア連邦カリーニングラードがあるところで生まれ育ち、活動し、死にました。カント自身はケーニヒスベルクから一度も外に出たことがないといわれています。

 もちろん、カントが全く世間知らずの観念的な学者であったかというと、そういうわけではありません。彼はケーニヒスベルク大学で教鞭を執っていましたが、非常に社交的でした。ケーニヒスベルクはドイツにおいてハンザ同盟の都市の一つであり貿易都市で、カントはそこにやってくる各国の船乗りや貴婦人のような人々と必ず社交の場を設けて、あちこちの知識を吸収するように努めていたとされています。非常に人間味にあふれた、社交的な人であったいわれています。

 ただ彼の考えは、数ある哲学の中でも最も難解な哲学の一つといっても過言ではありません。それは一体、どういうものだったのでしょうか。


●カントは認識や善悪判断、美的能力を批判的に検討した


 カントはもともと天文学者で、彼が哲学者として本格的に活動し著作を書いたのは、実は50代になってからです。彼の主な哲学の著作としては、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』という3冊があります。『純粋理性批判』をカントが書いたのが56歳の時でした。この事実は中年の哲学研究者にとっては非常に励みになる事実なのですが、それはともかくとして、この3冊の著作はいずれも「○○批判」と書いてあります。カントの哲学はそのため、「批判哲学」と呼ばれています。

 何を批判したかというと、例えば純粋理性であり、実践理性であり、判断力でした。純粋理性とは私たちが何かを認識する際に用いている知的な認識能力であり、実践理性とは私たちが行為をして善悪を判断し、何をするべきかを自分で選択する際に用いている能力であり、判断力とは自然や美の美しさを味わうときに用いられている能力です。これらを批判的に検討していくというのがカントのやり方でした。


●神や霊魂は認識できないので認識しようとしても意味がない


 もう少し具体的にいうと、次のようになります。『純粋理性批判』においては、私たちが身の回りの街並みや自然法則のようなさまざまなものを認識し、内実を確かめていくとき、果たしてそれがどのようにして可能であるのか、そして、どこまでが可能であるのかを検討しています。

 認識が可能であるものとしてカントが考えていたのは、主に自然科学でした。つまり、物理学や化学といった自然科学です。何が認識できないのかということで彼が考えていたのは、宗教に関することでした。例えば神は存在するのか、あるいは人間が死んだ後、死後の魂である霊魂はどうなるのかといったようなことについては、私たちははっきりと知ることはできないのだとカントは考えました。

 どうしてそう言ったかというと、当時の哲学者たちがまさにそうした問題に熱中していたからです。つまりカント以前の哲学者は、神の存在や死後の魂があるのかということを論理的に証明する作業に追われており、本当にやらなければならないことをおざなりにしていました。そのようなことはやっても意味がないのだということをカントは主張したのです。


●『実践理性批判』では行動基準、『判断力批判』では美しさが問題に


 『実践理性批判』で問題になっているのは、人はその都度の状況において何をすればいいのか、あるいは自分が何をするかを決める際、果たしてどのような基準や手がかりによってそれを行えばいいのかということです。

 『判断力批判』では、絵画や音楽などの美しさ、あるいは自然の美しさを問題にしました。夜空の満天の星や峨々たる山脈や稲光など、巨大で力強い自然は神々しく、人はそれに感銘を受けるわけですが、そうしたものが一体何なのかということを問題にしたのです。

 本当はここで、それぞれがどのように行われたのかということをお話ししなければならないのかもしれないのですが、それははっきりいって無理です。そのためここではいきなり、カントがこれらによって私たちにどのようなことを気付かせてくれるのかということを簡単にお話ししたいと思います。


●いくら考えても分からない「認識の限界」がある


 大きく分けて4つあります。『純粋理性批判』からは2つです。1つは、「認識の限界」です。先ほど申しましたように、カントは当時の哲学者たちが熱中していた神の...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。