10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

『茶の本』の背景にあった激動と争いの時代

岡倉天心『茶の本』と日本文化(2)Teaismに見る日本文化

大久保喬樹
東京女子大学名誉教授
情報・テキスト
出典:『岡倉天心アルバム』(茨城県天心記念五浦美術館所蔵)
東京女子大学名誉教授の大久保喬樹氏が明治の美術運動家・岡倉天心と著書『茶の本』について解説。第2話では『茶の本』第1章を取り上げる。茶は中国から日本に渡り15世紀に茶道という形に高められた。その世界観を表すために天心は「Teaism」という言葉を使っている。当時、世界は先が見えない激動の時代、天心は茶を喫することで「愚」の境地に至ることの必要性を説いた。(全6話中第2話)
時間:11:07
収録日:2018/05/22
追加日:2018/07/01
ジャンル:
≪全文≫

●茶の歴史と茶道の本質を説く第1章


 では、『茶の本』を章ごとに順にお話ししていきたいと思います。この本は全部で7章になっていますが、まず第1章は、茶というものが日本においては非常にさまざまな意味を持っているのだ、というイントロダクションに当たるものになっています。冒頭の文章をちょっと読んでみたいと思います。これはもともと英語ですので、私が日本語に翻訳したものを読ませていただきます。

 「茶はもともと薬として用いられ、やがて飲み物となったものである。中国では8世紀に優雅な遊びの一種として洗練され、詩歌、芸術と並ぶ域にまで達した。さらに日本に入って15世紀には、ついに美を極め崇める宗教、すなわち茶道へと高められたのである。茶道は雑然とした日々の暮らしの中に身を置きながら、そこに美を見出し、敬い尊ぶ儀礼である。そこから人は純粋と調和、互いに相手を思いやる慈悲心の深さ、社会秩序への畏敬の念といったものを教えられる。茶道の本質は不完全ということの崇拝、つまりものごとには完全などということはないということを、畏敬の念をもって受け入れ処することにある。不可能を宿命とする人生の只中にあって、それでもなにかしら可能なものを成し遂げようとする心、優しい試みが茶道なのである。
 茶の哲学は世間一般で普通思われているような単なる唯美主義、ひたすら美だけを追求する流派に留まるものではない。それは人間や自然に対するもろもろの見方を表している点で、倫理や宗教と結びついている。清潔さを強調するという点では、衛生学である。複雑で金のかかるものよりは、単純質素なものにやすらぎを見出すということからいえば、経済学である。さらにそれは宇宙とのバランス感覚を養うという意味で精神の幾何学でもあり、茶を嗜むことによって誰でも趣味の世界の貴族になり得るという東洋的民主主義の真髄を示すものでもあるのだ」

 このように、茶というものが日本の文化においては、あらゆる文化を集約したものなのだということを、まず紹介しています。

 ついでにお話ししますと、茶道は普通、英語に訳すと「Tea Ceremony(茶の儀礼、儀式)」と言いますが、天心はあえて「Teaism」という言葉を使います。「-ism」とは何かというと、例えば「Christianism」「Buddhism」というように、宗教や思想を表す言葉です。つまり、日本の茶道は単なる作法の問題ではなく、世界観の問題であるということを、まずはっきりと述べているのです。


●『茶の本』の背景にあった激動と争いの時代


 そして、そこから『茶の本』においては、さまざまな文化の様相を論じていくわけですが、『茶の本』が書かれたのは日露戦争の直後で、世界は欧米を中心として非常に激動の時代でした。つまり、今は各国が争い合って混沌とし、先の見えないような時代である、そうした世界が争い合う時代を、天心は嘆く形でこの章の最後の方では、次のようなことを言っています。

「現代世界において、人類の天空は、富と権力を求める巨大な闘争によって粉々にされてしまっている。世界は利己主義と下劣さの暗闇を手探りしている有り様だ。知識は邪心によって買い求められ、善行も効用を計算してなされるのである。東と西は、荒れ狂う大海に投げ込まれた二匹の龍のように、人間性の宝を取り戻そうとむなしくもがいている」

 そして、中国の神話に登場する救世神の女カ(じょか)という女神がいるのですが、そういう女神が現れて「混乱を鎮めてほしい。そう願うばかりだけれども、まだまだその時期は来ない。となれば」と続けます。


●「美しくも愚かしいことに思いをと説いた天心


 「それまでの間、一服して、お茶でも啜(すす)ろうではないか。午後の日差しを浴びて竹林は照り映え、泉はよろこびに沸き立ち、茶釜からは松風のひびきが聞こえてくる」

 松風というのは、鉄瓶の中に金属の一片を入れて、お湯が沸くとそれがちりちりと松の間を渡る風のように聞こえる。そのことを言っているのです。そのようにお湯が静かに沸いてくるのを待つ間、次のようにしようと天心は言います。

 「しばらくの間、はかないものを夢み、美しくも愚かしいことに思いをめぐらせよう」

 この、最後の一行ですが、「美しくも」は分かりますね。これは茶も芸術である、ということでしょう。ところが、「愚かしい」とは一体何なのか。原文では「foolishness」という言葉を使っているわけですが、特にこの原文を欧米の人が読むと、ほとんど意味は分からないだろうと思います。つまり、「foolishness」(愚か)には非常にネガティブな意味しかないわけですが、天心はあえて、次にお話しする老子や荘子、あるいはその流れを継ぐ禅の思想を含めて、「愚か」という言葉を使っているのです。


●現世の常識を離脱して「愚」の境地へ


...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。