10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「これが日本よ!」独立宣言の町で遭遇した、しつらえの感動

『歩こうアメリカ、語ろうニッポン』レポート(4)フィラデルフィア篇-1 美術館の茶室と浮世絵に見る貴重な日本研究

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
フィラデルフィア美術館でお茶室に遭遇
Shimada Talks
 『歩こうアメリカ、語ろうニッポン』の旅も後半となり、島田晴雄氏以下メンバーはいよいよ「独立宣言の町」フィラデルフィアへ。フィラデルフィア美術館にあるのは、ロッキーが駆け上がった階段だけではない。日本の美術を研究し、広めている人材がたくさんいるのだ。(全5話中第4話目)
時間:07:34
収録日:2014/06/24
追加日:2014/09/04
ジャンル:
≪全文≫

●旅程の最後はフィラデルフィアへ。総領事から情報収集


 残りあと2日の行程になったので、ペンシルベニア州のフィラデルフィアへ行きました。

 ケンタッキーでは非常に濃密なプランが組まれていて、行く前から誰が来るかも分かり、その人の履歴等も全部手に入っていたのですが、フィラデルフィアではほとんど何も手に入らない。なぜかと言うと、フィラデルフィア方面で面倒を見てくれるニューヨーク総領事館が、あまり協力してくれなかったようなのです。

 もしかしたら外務省の方には、「外交は俺たちがやるのだ」「官邸が思いつきで何かやるなんて」という感じがあったのかもしれません。私は、それは少しおかしいのではないかと思いましたから、到着すると総領事館へ連絡して、「少なくとも総領事は、必要な情報を私に提供する義務があるのではないですか」とお願いをしました。総領事が電話をかけてくれて、熱心にいろいろと情報をくださったので、とりあえず私としてはそれを了として、現地活動を始めたのです。

 ここでもやはり日米協会が大変頑張ってくれ、すてきなレストランで実に素晴らしいレセプションを開いてくれました。いろいろな立場の皆さんが会場に集まってくれました。


●独立宣言の町フィラデルフィアは、芸術と文学の都


 フィラデルフィアは、アメリカの中でも大変誇りの高い、伝統的な土地柄です。なぜかと言うと、フィラデルフィアは独立宣言が起草された町だからです。独立宣言が読まれたのもフィラデルフィアですし、ワシントンが首都になる前の10年間はアメリカの首都でもあったのです(その前はニューヨークがやっていたようですけれど)。

 そういう故事来歴があるため、遺跡が随分ありますし、芸術・文学の都です。ハーバードやコロンビアと同じクラスのペンシルベニア大学という、相当にレベルの高い大学があります。それから、全世界の美術品を集めたフィラデルフィア・ミュージアム・オブ・アート(フィラデルフィア美術館)。こちらはルーブル美術館やボストン美術館などと肩を並べる存在で、キュレーターさんたちも非常にレベルの高い人ばかりです。

 私たちのレセプションに来てくれたフィッシャーさんという方は、ここの東洋美術部長で、日本への関心がとりわけ深い方でした。長い間の貢献に対して、日本政府からの勲章を受賞されています。そういう方をはじめ、ビジネスマンやいろいろな人たちが集まり、忌憚のない議論をしてくれました。大変いい集まりでした。


●フィラデルフィア美術館でお茶室と浮世絵に遭遇


 翌日は、そのフィラデルフィア美術館に行きました。エジプト、中国、インド、日本と全世界のセクションを持っていますが、われわれは日本のセクションに案内いただきました。キュレーターさんが3、4人集まって、いろいろな話をしてくれました。

 アメリカ人に日本文化を理解させるために、美術館の中にはお茶室が作ってあります。茶室に至るドアウェイとして石畳もしつらえ、空も日本の空に似せた空間を作っています。

 なぜそういう所にそんなものを作るのか。子どもたちを呼んだときに、「これが日本よ」と見せても、全体像が見えないと分からないからと考えて、そこまでやってくれているのです。

 フィッシャーさんはチーフですが、非常に感心したのは教育専門のキュレーターの存在です。「何をやっているの?」と尋ねると、「アメリカの小中学生に日本の美術、特に版画の良さを教えている」と言うので...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。