10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は駄目じゃない! ものづくり国家・日本の底力を見よ!

2050年の世界を考える―日本再発見(2)エネルギー危機を効率化で克服

小宮山宏
東京大学第28代総長/株式会社三菱総合研究所 理事長
情報・テキスト
2014年8月3日開催「プラチナ未来人財育成塾@会津」におけるプラチナ構想ネットワーク会長・小宮山宏氏講演「2050年の世界を考える」を収録。次の世代を担う中学生たちに向けて、小宮山氏が熱く語りかける。(全17話中第5話目)
時間:04:10
収録日:2014/08/03
追加日:2014/09/29
≪全文≫

●「石油は100パーセント輸入」の日本を襲ったオイルショック


 それからもう一つ、今日は、「日本は世界に冠たることをやっている」ということをいくつか言いたいのです。先ほど、黒船が来ても植民地にならなかったということを言いましたし、それから、環境問題を起こしたけれども、克服しました。

 そして、これは「エネルギー問題」についてです。1973年のことですから、君たちは、まだ当然生まれていないわけで、君たちが生まれる10年ぐらい前になります。その頃、オイルショックというのが起こったのです。これは、いろいろな理由があって、政治的な理由が強かったのですが、石油の値段が一気に跳ね上がったのです。10倍から20倍に跳ね上がりました。

 日本は今言ったように、工業をやって一気に先進国になれたのですが、どうやったのかというと、安い輸入のオイルに100パーセント頼って、高度成長を成し遂げたのだけれども、その石油の値段が一気に10倍に跳ね上がったのです。これは、世界中が大変だったのですが、日本は特に大変でした。石油は100パーセント輸入に頼っていたからです。


●技術者の努力で危機を乗り切る


 ところが、それを見事に乗り切りました。これは、君たちのお父さんかおじいさんの世代かな、その頃の技術者が頑張ったのです。何を頑張ったかというと、これはセメントの例ですが、セメントをつくるには必ずエネルギーが必要なのですが、1トンのセメントをつくるのに、これぐらいのエネルギーを使っていたのを、30年ぐらいで一気に半分まで減らしてしまったのです。

 細かい話はやめて、大がかりなセメントをつくるプロセスがあるのですが、それをどんどん改良していったわけです。技術屋がそのようなことをやるのは当たり前かというと、そんなことはないのです。日本の技術者が頑張ったのです。

 これは、2000年頃のデータですけれど、日本が1トンのセメントをつくるのにこれぐらいのエネルギーを使っていたときに、アメリカは日本の1.7倍も使っていたのです。この図の〝US〟というのは〝United States〟の略ですね。これは、日本の1965年頃の技術だったのです。

 こうした技術開発を僕の友達ぐらいの年齢の人がやったのです。ですから、君たちのお父さんかおじいさんぐらいでしょう。そういう人たちが、本当に血のにじむような技術的な努力を重ねて、1トンのセメントをつくるのにエネルギーが半分になる。そうしたら、オイルが高くなっても勝てるわけですよね。どこもオイルは高くて使う量を減らさなければいけなかったわけですから。


●技術の力で世界一のものづくり国家となった日本!


 そういう形で、日本は世界一のものづくり国家をつくったのです。これはセメントの例ですが、鉄をつくるところも技術開発をやったし、化学分野、プラスチックをつくったりするところでもやりました。ガラスをつくるところでも、紙やパルプをつくるところもやった。日本のもうあらゆる産業が、そういう技術を開発してエネルギーを減らし、これで世界一のエネルギー効率のものづくりをしたのです。

 「日本はもう駄目だ」「日本の産業は駄目になる」と言われたのと全く逆で、これで世界一のものづくり国家をつくった。ですから、日本はいいことをやっているのです。今日はいいことだけ話しますけどね。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。