10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

これからは「エネルギーを生み出す家」の時代

2050年の世界を考える―プラチナ条件(4)できる!小宮山エコハウス

小宮山宏
東京大学第28代総長/株式会社三菱総合研究所 理事長
情報・テキスト
2014年8月3日開催「プラチナ未来人財育成塾@会津」におけるプラチナ構想ネットワーク会長・小宮山宏氏講演「2050年の世界を考える」を収録。次の世代を担う中学生たちに向けて、小宮山氏が熱く語りかける。(全17話中第11話目)
時間:02:58
収録日:2014/08/03
追加日:2014/10/05
≪全文≫

●皆に知ってもらいたい、エネルギー消費削減の重要性


 世界で一番たくさん使っているエネルギーは、暖房です。その次に自動車。今までお話ししてきたように両方ともエネルギーの理論値はゼロです。そのために最大のエネルギーを使っているわけですから、これらのエネルギー消費を減らすということは、もう極めてポテンシャルが大きくて、その効果も大きい、ということです。

 それを実践したのが、僕のエコハウスなのです。僕は研究者としてエネルギーのことをずっとやってきました。それで、今、話したようなことは前から言っているのです。「エネルギー自給国家を目指そう」「そのためにやれることはいくらでもある」と、いろいろなこと言っているのだけれど、論文なんて皆、読んでくれないのです。

 それで、岩波新書で本を書いたのです。そうしたら少しは効果があるかと思って。皆、結構読んでくれたようです。10万部近く売れましたから。

 でも、10万人ぐらいが読んでくれても仕方がないのです。人口1億人強で10万人なので、100人に1人ですから。しかも、その人たちは読んでも行動はしない。読むだけです。


●これからは「エネルギーを生み出す家」の時代


 それで、僕はまず家をつくったのです。僕たちのときは、「一度は家をつくりたい」という世代です。これは君たちと違いますね。そうして、そのときに今までできなかったことをやろうと思い、こうしたことをやれば少しは世の中にも効くかと思ったのですね。このエコハウスではエネルギー消費が81パーセント減っているのです。僕はデータをずっと取っていて、エネルギー消費が81パーセントも減るということが分かりました。

 これはもう11年前に僕がつくった家だけれども、今、ハウスメーカーがつくっている家は、太陽電池で発電するエネルギーの方が、消費するエネルギーよりも大きいのです。ですから、家がエネルギーを消費するのではなくて、エネルギーを生み出す家をつくっているのです。

 ですから、こういう話をどんどん加速しなくてはいけないのです。そうすると、先ほど言ったように、エネルギー消費を55パーセントから本当は60パーセントぐらい減ると思いますが、そのぐらい減らして、エネルギーを7割以上自給する。しかも太陽電池や風力というのは、安心です。基本的に太陽エネルギーは枯渇しないエネルギーで、しかも安心なエネルギー、環境汚染のないエネルギーですからね。

 これから日本はそういう方向に向かうというのが、僕の主張です。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。