10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

言語学者・伊波普猷のエピソードにみる当時の沖縄社会

沖縄問題を考える(4)沖縄の歴史:琉球王国と明、明治時代

島田晴雄
慶應義塾大学 名誉教授
情報・テキスト
歴史から考える沖縄問題。数百年、中国・明と良好な関係にあった琉球王国が薩摩藩の支配を経て明治日本で県に組み込まれていくまでの沖縄の歩みを、当時の沖縄の人たちの意識とともに追跡する。(全6話中4話目)
時間:11:01
収録日:2012/12/25
追加日:2014/02/24
歴史から考える沖縄問題。数百年、中国・明と良好な関係にあった琉球王国が薩摩藩の支配を経て明治日本で県に組み込まれていくまでの沖縄の歩みを、当時の沖縄の人たちの意識とともに追跡する。(全6話中4話目)
時間:11:01
収録日:2012/12/25
追加日:2014/02/24
≪全文≫

●600年ほど前に尚家が琉球王国を建国


 沖縄というのは東シナ海にあります。日本列島の南、数百キロの南にあります。沖縄の少し南はもう台湾です。あそこがある種の文明史を持ったのは、日本の歴史に照らして言うと室町時代と言っていいと思います。まだ戦国時代になるはるか前です。

 沖縄は長細い島ですから、北のほうを北山、真ん中を中山、南を南山と言うのですが、それぞれ群雄割拠していたようです。その頃、沖縄は琉球と言ったのですが、尚家という後の沖縄の王家になった貴族が北山、中山、南山を統一して、600年ほど前にあそこに琉球王国を作ったのです。
 
 実はそれは沖縄本島なのですが、本島の南には宮古島、石垣島、一連の八重山群島があります。そのような構造になっていて、ここはまた全然違った文化圏なのです。

 この沖縄の南の群島と本島と、それから小さな離島がいくつかありますが、これはどこに位置しているかと言うと、南は台湾、北は日本、東は中国なのです。そして、もう少し北に近い東になると韓国。これら諸国が全部この島のことをいつも見つめているわけです。そういう極めて微妙な地政学的な地、位置にあります。


●明から冊封使を送られても乗っ取られない時代が何百年も続く


 その当時の超大国は中国です。明という大変立派な時代で、非常に強力な皇帝がいたのですが、この時代に明は沖縄に特別なことをしているのです。それは何かと言うと、様子をうかがっていたと思いますが、数年に1回、冊封使(サッポウシ)という200人から300人の集団を沖縄に送るのです。大使は1人、2人ですけれど、冊封使は数百人いますので、なんのためにそういうことをしたのか、なかなか興味のあるところですけど、とにかく数年に1回送ってくる。送ってくるときに、巨大な船に乗せてくるのです。長さ40メートルと言いますから、当時、世界最大の木造船だったようです。3隻ぐらいに100人近い人が乗り、上海から北上してくる。これは帆前船ですから、春に来るわけです。春は南風が吹くわけですから、南風に吹かれて北へ上がってきて沖縄に到着する。秋になると北風が吹いてくるので、上海へ帰っていくということで、半年いるのです。

 どこにいるかと言うと、だいたい今の首里城のようなところに陣取ります。超大国の貴族や武官、おそらくならず者なども一緒にいたと思いますが、そんなのが数百人来られたら、沖縄はたまらないです。半年いて、飲めや食えや歌えやの大騒ぎですから、沖縄の人は、もう必死になって彼らを満足させるためにサービスしたのです。

 例えば沖縄へ行くと、着物のデザインで紅型(ビンガタ)というのがあります。あるいは、組踊(クミオドリ)という踊りがあります。いろいろな料理や、いろいろなものがあります。あれは、だいたいこの時代に非常に磨かれたと言われているのです。

 なぜかと言うと、ジョセフ・ナイ先生がおっしゃるソフトパワーです。沖縄は戦争をしたことがない。沖縄の人は空手が強い。なぜか。武器を持たない。身を守るためには手を使う。だから、圧倒的に手が武器の代わりをしているのです。しかし平和なのです。そういう国を明は、乗っ取ろうと思えばあっという間に乗っ取れるのですが、冊封使を送って、飲めや歌えやと恭順の意を示しているということが分かると帰っていきます。

 私は少しこの冊封使の船の勉強をしましたが、なんとこの船は沖縄の資金で沖縄が作っていたのです。だから、朝貢外交をやっていたわけです。それに乗り、沖縄に...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。