10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン

大学入試で問われるのは人間の能力のうちほんのわずか

大学改革実行プラン(1)大学入試改革~21世紀の学校教育で求められている三つの能力~

下村博文
衆議院議員/元文部科学大臣
情報・テキスト
2014年9月、文部科学大臣再任となった下村博文氏。在任中に変えたいものの一つとして、文部科学省が推進する「大学改革実行プラン」の柱の一つでもある大学入試改革を挙げた。この改革は、大学教育だけにとどまらず、日本の教育全体に影響し、21世紀の学校教育で求められている三つの能力と関係があるという。果たして下村氏が考える大学入試改革とは。(前編)
時間:07:32
収録日:2014/10/20
追加日:2014/11/28
2014年9月、文部科学大臣再任となった下村博文氏。在任中に変えたいものの一つとして、文部科学省が推進する「大学改革実行プラン」の柱の一つでもある大学入試改革を挙げた。この改革は、大学教育だけにとどまらず、日本の教育全体に影響し、21世紀の学校教育で求められている三つの能力と関係があるという。果たして下村氏が考える大学入試改革とは。(前編)
時間:07:32
収録日:2014/10/20
追加日:2014/11/28
≪全文≫

●文部科学大臣として抜本的に変えたいこと


下村 私は、9月に文部科学大臣再任ということになりました。来年の9月には自民党の総裁選挙があるものですから、それぐらいをめどとして任期を考えたとき、これからスキャンダルや失言などがなければ、あと1年あるとして、文部科学大臣として変えたいものがいくつかあるのです。一つは、大学入学試験を抜本的に変えたいということです。それから、もう一つは、不登校の子どもが、小中高を合わせると17万人を超えるのですね。

―― すごい数ですね。

下村 高校中途退学者も、それとは別に毎年5万人いるのです。これをぜひ解決していきたいと思っているのです。


●大学入学試験を変えることは日本の教育全体に影響する


下村 まず、大学入学試験を変えるというのは、高校以下の教育にもすごく影響するのです。ですから、高校以下の学習指導要領も抜本的に変えるということです。

 それから、大学入学試験を変えるということは、アドミッションポリシー、つまり、大学はどんな人材を受け入れて、そして、どのように養成して社会に送り出すかが、大学そのものにも問われますから、大学の出口管理を含め、大学教育をどう変えるかということでもあります。つまり、日本の場合は、大学入学試験を変えることは、日本の教育全体に影響する話なのです。


●日本の大学入学試験で問われる能力は実際に社会で求められている能力と違う


下村 なぜ大学入学試験を変えるのかということについては、賛否両論がありまして、批判も結構あるのです。ただ、冷静に考えてもらいたいのは、確かに今の学力による一発勝負の入学試験は、公正公平であることは事実なのですが、しかし、アメリカの教育学者が人間の能力を細かく分析すると、200項目ぐらいに分けることができ、そのうち日本の大学入学試験で問われる能力は、5項目か6項目ぐらいしかないということなのです。つまり、残りの190項目以上は問われないのです。端的に言えば、優秀な官僚は今まで、暗記や記憶中心の優れたインプット教育によって、それを短期間にまた引き出す能力が高い人だったと思うのです。ただ、私は文部科学大臣を1年9カ月やってきて、もうそういう官僚はいらないのです。

 今、実際に社会に出て求められている能力は何なのかというと、官僚であっても、課題解決型といいますか、多様な時代の変化の中で、教育行政はこのようにすべきではないか、あるいは、今までの法律はこうだからこういうことしかできませんということではなく、法律はそうかもしれないけれど、国民の多様なニーズに対して、このように教育行政を変えていかなければならない、というクリエイティブな発想力です。つまり、そういった能力を持っていなかったら、官僚も使いものにならないのです。

 世の中、特に会社ではもっとそうだと思うのです。社長の指示通りにイエスマンで、事務処理能力が高いという官僚的な社員ではなく、会社のいろいろな問題について、このようにしたらどうかということを、主体的、積極的に問題提起しながら行動を伴ってやれるような、そういう人材が必要だと思うのです。

―― 課題を設定して、課題を解決すると。


●21世紀の学校教育で求められている能力は三つ


下村 そうですね。もちろん今までの能力も否定はしません。それはそれで必要ですが、それ以上に21世紀の学校教育で求められている能力は三つあり、一つ目は、リーダーシップ能力だと思ってい...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。