10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルは21世紀を代表する成長国で非先進国のリーダー

ブラジル訪問に学ぶ(1)「犯罪立国」ブラジルの問題と底力

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
島田晴雄氏は、日本が学ぶべき点があるとしてブラジルとアゼルバイジャンに注目しており、2014年前半に両国を訪問した。現地での見聞から学び、日本の将来を考える、シリーズ講演前半のブラジル篇第1話目。(2014年10月2日開催島田塾第117回勉強会島田晴雄塾長講演より、全7話中第1話目)
時間:17:53
収録日:2014/10/02
追加日:2014/12/05
≪全文≫

●日本が参考にしたい、ブラジルの明るさ


 「ブラジル、アゼルバイジャン訪問から学ぶこと」と題して、若干のお話をさせていただきます。

 なぜ、ブラジルとアゼルバイジャンなのかというと、二つとも今年の前半にかなりしつこく訪ねて、現地でいろいろな知見をしたという理由もあります。また、この両国は全然違った意味で、日本にとって参考になるというか、われわれにとって大変参考になるものをいくつか含んでいると思うのです。それがなぜ参考になるのかということを理解するために、現地に行ったぐらいのつもりで少し皆さまにお考えをいただくと、「うん、なるほどな」ということが出てくると思います。割に詳しい話になって恐縮ですけれど、聞き流していただければと思います。

 ブラジルでは10月5日に大統領選挙の第一回目の投票が行われます。今、日本ではそれほど報道されていませんけれど、『フィナンシャル・タイムズ』は毎日のように大きい記事で、「どうなるんだ」と報道しています。ブラジルは、相当な大国ですからね。女性同士でギリギリの接戦をやっていて、世界中が注目しています。

 ブラジルという国は、良かったり悪かったり、浮き沈みが相当激しいのです。10年ごとに国の様相が変わります。しかし、国民は結構あっけらかんとして、とんでもないことも平気で耐えていて、明るいのです。私は最後にそのことを日本に対して少々申し上げたいと思うのですが、あのブラジルの明るさをどこか学んだ方がいいなという感じがします。今の日本は少し暗すぎます。暗すぎるというか、やる前にあきらめてしまっているようなところがあるので、少しまずいなと思います。

 ブラジルがどのような経験によって、激しい浮き沈みを乗り切っていたのかを少しお知りになると、どなたか友人に「こんなことがあったんだよ」と話せるかもしれないので、少し詳しく知っていただくといいかなと思います。


●アゼルバイジャンとそこから見えてくるロシア


 それから、アゼルバイジャンは小さな国で、箱庭のような国です。実は、ここには島田村塾の仲間と訪ねたのですが、行く前にいろいろと勉強しました。小さい国ですが、一言で言うと、そこを通してロシアのやり口がにじみ出ていますね。今、ウクライナがどうなるのかということで、世界中でもうひっくり返したような大騒ぎですが、実は今はウクライナであって、6年前はグルジアだったし、その前はチェチェンと、ロシアは数年おきにあのような衝突を起こしているのです。たまたまわれわれが系統的に追いかけていないから分からないだけであって、実はアゼルバイジャンは20年前、ロシアにえらい目に遭っています。そこで、どのような形でロシアが武力行使をするのかということが、今日のお話で明確に分かります。

 地球の4割ぐらいの問題をロシアがつくっている感がありますので、それらの問題を理解するのにアゼルバイジャンという小さな箱庭から見ると、とても分かりやすく、参考になると思います。ということで、お話をしたいと思います。


●ブラジル訪問二つの理由-成長力と存在感


 ブラジルは、今年の3月に島田塾の創設10周年記念事業ということで、行くことになりました。その1年半ぐらい前から行こうということになっていました。

 なぜ、行こうかということになったのかというと、こういう理由です。まず、ブラジルは21世紀を代表する成長する国だからです。2億人弱の人口を抱えて、南半球では最も力のある国で、たくましく成長しています。2008年のリーマンショックから世界で初めていち早く脱却しました。2010年に7.5パーセントの経済成長率を達成して、「BRICsの星」と言われたのです。そこで、「これは行きましょうよ」ということになりました。あの調子で成長していたら、ほどなくイギリスを抜くことになっていたのです。世界の大国は、アメリカ、中国、日本、ドイツですから、その次の5番目に入る国は今のうちに見ておいた方がいいということで、島田塾で10数人のチームをつくって出かけました。

 もう一つの理由は、非先進国のリーダーとして、非常に存在感を出していたからです。2014年サッカーワールドカップ、2016年リオのオリンピック、もうブラジルイヤーということで、行こうということになりました。しかも、日系人が150万人も活躍しています。これは世界で唯一の所ですね。


●スローダウンの原因はアメリカのテーパリングと海外投資家の見限り


 ところが、実際に行ってみたら経済がどんどん悪くなっているのです。2012年が1パーセント成長、2013年2.3パーセント成長、今年は2パーセント成長に行...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。