10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ISが挑戦しているのはサイクス・ピコ秘密協定の無効化

第一次世界大戦から100年にあたって(1)20世紀の病根と21世紀の進路

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
アラブ世界
「2014年は後世、国際政治と世界史の転換点として記憶されるかもしれない」と山内昌之氏は言う。第一次世界大戦から100年。ようやく世界で一番むごかった戦争の痕跡が、中東でもウクライナでもそして日本でも、何か新しいものを吹き出そうとしているからだ。第一次世界大戦と中東、そして日本の関係を見詰め直すシリーズ講話の第一弾。

2014年は、第三次ガザ戦争とシリアにおける二重の内紛、ロシアによるクリミア併合など、「ポスト・冷戦期の終わり」を象徴する緊張が続出した。アメリカの影響力後退、地域主義の台頭、未承認国家の出現。とりわけ中東の地政学を大きく変動させる「イスラム国」は、国際世論を震撼させる存在だ。しかし、歴史的な見方を取れば彼らが挑戦しているのは、第一次世界大戦がアラブに強要した「サイクス・ピコ秘密協定の無効化」だ。イスラム国に対する拒否戦線を組むことで、世界は従来の国際秩序と国家観を守ろうとしているのだが…。(全4話中第1話目)
時間:11:41
収録日:2014/11/05
追加日:2014/12/28
≪全文≫

●第一次世界大戦から100年にあたって


 皆さん、こんにちは。

 今年2014年は、第一次世界大戦が始まってからちょうど100周年に当たります。現在の世界は、さながら20世紀の初頭を思わせるかのような大激動に見舞われています。それは、あたかも世界史において、どの世紀も世紀の始まりは不安定な時期を経験するかのようです。

 唐突かもしれませんが、私はここでアラブの歴史家、14世紀のチュニジア生まれのイブン・ハルドゥーンの言葉を思い出さざるを得ないのです。

 「諸々の状態が完全に変化する場合は、あたかも全創造が、全世界が変わったかのようになる。それはまるで、新しい創造、新しい生成が起こり、新世界が生まれたごとくになる」というもので、『歴史序説(アル・ムカッディマ)』の一説から引いた言葉です。


●20世紀の病根は第一次世界大戦に由来する


 特に現代中東の複雑かつ混沌とした政治構図は、これまでの世界史においても類を見ないほどです。その大きな要因は、第一次世界大戦中の連合国による秘密条約や偏った約束にあります。例えば1916年のサイクス・ピコ秘密協定は、現在のイラク、シリア、パレスチナ、ヨルダンの分割に関わる協定です。あるいは1917年のバルフォア宣言ですが、こちらは、パレスチナに「ユダヤ人の故郷(ジューイッシュ・ホーム)」をつくることに関するイギリスの約束で、イスラエルの建国につながりました。こうしたことにさかのぼるもろもろの複雑さが、今日の混沌をもたらしているのかと思います。

 第一次世界大戦は、世界史でも未曽有の残酷な戦法、新しい戦い方、あるいは破壊的な結果をもたらした恐るべき戦争でした。この事実について、イギリスの歴史家ジョン・キーガンは、「20世紀の病根のほとんどすべては第一次世界大戦に由来する」と言いました。これは過言ではないと思われます。


●2014年のアラブ世界で進行する三つの戦争


 この事実は、特に中東に当てはまるように思われます。例えば、2014年にアラブ世界では性格の異なる三つの戦争が同時に進行しましたが、その原因は実際には100年前にさかのぼるのです。

 第3次ガザ戦争とも呼ばれる、ガザにおける今年の戦は、パレスチナ人の民族自決権、そしてイスラエルの安全保障をめぐる対立が高じた上の衝突です。

 他方、シリアの内戦は、「アラブの春」に起因する反アサド政権の運動が発展したものです。しかも、スンナ派中心の反政府運動内部においても内戦が生じ、一番極端な「イラクとシリアのイスラム国」(「ダーイシュ」あるいは“ISIL”)という組織は、イラクとシリアの領土にまたがるシリア砂漠(バーディヤ・アッシャーム)に支配権を確立し、その名を「イスラム国」と改めたわけです。つまり、シリア内戦の中に内戦が入れ子状になっている二重戦争の複雑さが、さらにイラクや他の国にも広がろうとしているのです。


●第一次世界大戦を通して人類の近未来を理解する


 また、独立主権国家ウクライナの一体性を脅かし、クリミアを統合したロシアの動向は、東ウクライナでの内戦をもたらし、アメリカ・ヨーロッパとロシアとの緊張は、国際政治の中心的争点になっています。このウクライナをめぐるロシアとの緊張関係もまた、その遠い原因としては、第一次世界大戦とロシア革命にさかのぼると言えましょう。

 こうした点について触れるため、私は番組内で再三にわたり自著ではありますが、『...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。