10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本史上、数少ない行政改革を成し遂げたリーダーシップ

日本のリーダーはどうあるべきか

葛西敬之
東海旅客鉄道(JR東海)代表取締役名誉会長
情報・テキスト
中曽根康弘
当時、行政管理庁長官であった中曽根康弘氏らとともに国鉄改革に尽力した一人、JR東海の葛西敬之名誉会長が、中曽根氏、明治維新、大東亜戦争のリーダーシップを引き合いに出しながら、現代日本のリーダー像を論じる。
時間:21:06
収録日:2014/04/15
追加日:2015/01/27
中曽根康弘
当時、行政管理庁長官であった中曽根康弘氏らとともに国鉄改革に尽力した一人、JR東海の葛西敬之名誉会長が、中曽根氏、明治維新、大東亜戦争のリーダーシップを引き合いに出しながら、現代日本のリーダー像を論じる。
時間:21:06
収録日:2014/04/15
追加日:2015/01/27
≪全文≫

●中曽根さんによいタイミングで国鉄改革を提起することができた


―― 名誉会長のご著書『未完の「国鉄改革」』を拝読し、40代のときに、国鉄改革で、強烈に戦いましたよね。しかも、名うての革マル相手にやり合うというのは、すごい環境ですよね。

葛西 このままいけば国鉄は絶対に衰退して、もう誰にも意見を聞いてもらえないぐらい、みんなから信用されない組織になってしまうと思っていました。しかしその前に、たまたまよいタイミングで、中曽根康弘さんが行政管理庁の長官に就いたのです。行政改革がうまくいかなければ、彼は一生の目標である総理大臣になることができませんから、そのために何かやらなければいけないと考えていました。そこに、こちらから「国鉄改革をやるのが一番いいと思います」と提起できる場が与えられたのです。

 中曽根さんが行政管理庁の長官になったとき、岸信介さんのところにアドバイスを求めに行ったそうです。岸さんは、「行政改革というのは、日本の2000年の歴史の中で、成功した例は3回しかない。一つは大化の改新、二番目は明治維新、三番目は大東亜戦争の敗戦。この三つだけなのだから、君、自分は行政改革ができるなどと軽々しく思わないほうがいい」と言われたそうです。中曽根さんはそれを聞いて、「全部変えるなどということは無理だから、一番やりやすい改革をやろう」と考えました。それが、三公社の民営化でした。

 三公社のうち、電電(日本電信電話公社)と専売(日本専売公社)は自らを改革したがっていましたが、国鉄は絶対に嫌だと抵抗していました。しかし、世の中の人たちからは「国鉄だけは何とかしてくれ」と思われていたのです。


●国鉄改革は百に一つの可能性しかない賭けをしているようなもの


葛西 私はそのとき、第二臨調(第二次臨時行政調査会)を担当していました。1981年3月に第二臨調が発足し、4月に担当になりました。5月から7月にかけてヒアリングがありましたが、そのときは何も方向が決まらず、ただ聞くだけでした。しかし、9月には、すでに「ターゲットは国鉄」と決まっていたのです。おそらくその間に岸さんと中曽根さんの会話があったのかなと思いました。しかし、こうした天の時のようなものを巡り合わせとして持ったというのは、運がよかったです。

 私はどちらかと言うと、改革を先延ばしして、少しずつ沈むなどいうのは嫌でした。やはり今の国鉄はだめだから、これを叩き直すためには何か力が必要だと考えていました。世の中でもそうですが、国鉄の中でも予算決定権や人事権を握っているところが強かったので、第二臨調の担当になったとき、そういう人たちに働きかけました。

 ところが、臨調相手の説明の仕事などというのは、何の力もないポジションでしたから、「あいつを持っていっても何の実害も起こすことはできないだろう」と思われていました。たまたまその年が新しい再建5カ年計画の発足の年だったこともあり、私が働きかけた人たちはみな、「まず五カ年計画をやってみせて、その上でだめなら改革に着手すべきだ」と言うのです。「5年先送り」というのが当時の国鉄の主流だったのですが、そんなことをしていたのでは間に合わないので、「もうこれでは、計画が生まれたときにすでに子どもが死んでいるのと一緒です」「死んで生まれた子どもなのだから、この機会を利用して、もっと徹底的な抜本策をやらなければいけない」と、いろいろな人に説明して回りました。ですが、最初は誰も耳を傾けてくれませんでした。
...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。