10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ佐藤栄作の腹心・保利茂は田中支持に変えたのか?

『未完の敗者 田中角栄』を語る(2)田中に老婆心あり

佐高信
評論家
情報・テキスト
『未完の敗者 田中角栄』(佐高信著、光文社)
 
「田中に老婆心あり」。そう感じたのは佐藤栄作の腹心・保利茂。保利は、佐藤の次の首相に福田赳夫を推していたが、田中角栄に「老婆心」を感じ、田中支持に変えたという。果たして「老婆心」とは。田中の魅力を語る上で重要な「老婆心」について語っていく。(全3話中第2話目)
時間:09:23
収録日:2014/08/26
追加日:2015/02/04
ジャンル:
≪全文≫

●保利茂は「田中に老婆心あり」と感じて、田中を支持


 田中の魅力を語る上で、「田中に老婆心あり」という保利茂さんの言葉をまず紹介したいと思います。

 保利さんのその言葉を聞いたのは、村上正邦さんです。参議院のドンと言われた村上さんは、最近は安倍政治批判の急先鋒で、私もこの間、村上さんに呼ばれて、森田実さん、平野貞夫さん、菅原文太さんに私で、憲政記念館で安倍批判の大シンポジウムをやりました。

 その村上さんが、「田中角栄という人は、世間では金権政治の権化みたいに思われているけれど、お金だけであれほど人の心をつかむことはないんですよ。お金だけで人は動かない。角さんは、金によって人間が左右されるなんていうことは一つも言っていないわけだよ。金を使ってきた人間だけど、金につかわれてきた人間ではない」と話し、続けて「角さんは、金を使って自分の理想を実現させようとした。しかし、今の政治家は、ただ人を金で釣っているだけでしょう。金の奴隷なんだ。安倍晋三さんだって、美しい日本の国と言うけど、ただ金をばらまいたって、日本の美しい心なんていうのは取り戻すことはできませんよ」と言うのです。これが、右派中の右派と言われた村上さんの最近の言葉です。

 村上さんは、決して田中に近かった政治家ではなくて、中曽根さんの側近だったわけですね。今もそうです。

 佐藤栄作内閣の長期政権の後に、田中角栄は福田赳夫と争って首相となるわけですけれども、先ほど申し上げた保利茂さんという人は佐藤の腹心であって、佐藤の意中の人が福田だということは当時明らかでした。そうでありながら、保利茂は、最後には田中を支持したのです。

 ある人が、「あなたはどうして田中を推したのか」と保利さんに聞いたところ、保利さんは「福田に老婆心なし」と答えた。つまり、逆を言えば、「田中には老婆心がある」ということですね。

 その話をしていたのは、道元の研究家の田中忠雄という人なのですけれども、政治に欠けてはならないのはこの老婆心というもので、「では、その老婆心とは何なのだ」と村上さんが田中忠雄さんに聞いたところ、「老婆心とは、寒い冬に孫がこたつでうたた寝している時に、風邪をひいてはいけないと、自分の着物を脱いでかけてやる心だ」と解説してくれたというわけです。自分は寒くなっても孫に、ということですね。


●村上正邦は初めての参議院選挙で、田中角栄の「老婆心」を実感


 この村上さんが参議院選挙に立った時に、自民党総裁は田中角栄首相だったわけですね。当落線上の候補者を集めて、村上さんには、「お前は1万5000票足りないから頑張れ。何だったら手伝おうか」と言ったそうです。

 ところが、村上さんも頑固な人ですから、まして田中の政敵の福田派の人ですから、「福田大蔵大臣に車に乗ってもらいますので結構です」と言って断った。

 それに対して、田中は「俺は何も田中派にお前がほしいから応援すると言っているんじゃないんだよ。俺は、自民党総裁として公認した以上はお前を当選させたいんだ」と言ったそうです。

 私は、もちろん「いずれは田中派に」という下心が田中に全くなかったとは思いません。しかし、村上さんはその時、「なるほど、これが老婆心だな」と思った。

 村上さんは自信満々だった。たしか生長の家をバックにしていたからだと思います。ところが、開票をしてみると票が伸びず、次点に終わり、落選したわけですね。翌朝8時頃、意気消沈して家に帰ると、奥さんが、「田中総理から電話がありましたよ」と言う。田中は、奥さんに「困ったことがあったら、あんたが来いよ」と言ったという。「俺は、1万5000票足りないよとあれだけ言ったのに、お前のオヤジは自分の力でと言うから、その言葉を俺も信じた。お前のオヤジというのはそういうオヤジだから、俺のところに来いと言ったって来やせん。だから、困ったことがあったら、奥さん、あんたが来なさい」と。こう言われて、奥さんは感涙にむせんだそうです。

 村上さんは、落選のショックが大きくて、その時はそれほど思わなかったけれども、落ち着いてから、「老婆心というのはこういうものなんだな」と思ったというのですね。そして、「みんな、角さんは金だけの人だと思っているけれど、そうではなかった。私は、もう実感としてそれを知っている」と、こう言うわけです。


●辻元清美に見せた村上正邦の「老婆心」


 この村上正邦という人もそうですが、私は、何かそういう牢に入った人たちと変に親しくなる傾向がありまして、鈴木宗男さん、佐藤優さんとも今は近いのです。

 この村上さんについては面白い話があります。辻元清美という人が、社民党時代、NGO(NPO)法案、すなわち、市民活動援助(促進)法案を通そうとした時、税金の問題...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。