10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

不思議なことに人類の歴史は千年ごとに大変化を見せている

三つの千年紀から見た世界の変遷

高橋一生
元国際基督教大学教授/リベラルアーツ21代表幹事
情報・テキスト
国家百年の計というが、人類史には千年ごとの変化があると、高橋一生氏は言う。普段は使わない長大なスコープを通して見ると、人類と世界の課題も、将来への展望も、手に取るように見えてくる。いざ、三つの「千年紀」が語る世界へ。
時間:17:37
収録日:2014/10/28
追加日:2015/02/04
国家百年の計というが、人類史には千年ごとの変化があると、高橋一生氏は言う。普段は使わない長大なスコープを通して見ると、人類と世界の課題も、将来への展望も、手に取るように見えてくる。いざ、三つの「千年紀」が語る世界へ。
時間:17:37
収録日:2014/10/28
追加日:2015/02/04
≪全文≫

●歴史観は、現在の課題を見据え、将来を展望する基盤


 現在の課題を唱えていくとき、一番大事なのは歴史観だろうと、私は思います。歴史観と、歴史家としてどういう作業をするかとは違います。大事なことは、現在の課題を時間軸の中に位置づけて、将来を見通すための基盤を自分の中に判断基準として持つこと。それが歴史観だろうと思います。

 そういう観点から、世界や日本が現在抱えている主要問題を考えようとしたとき、歴史観として一番基本になるだろうと私が思うのは、非常に不思議なことですが、人類史が千年ごとに大きく変化していると考えられることです。

 たった今は、三つ目の千年紀のど真ん中にいる状況だと思います。


●第一の千年紀は「自然、人、神」の関係を掘り下げた古代


 第一の千年紀は、紀元前数百年あたりから紀元後数百年くらいまでの間です。普通の歴史と同じように、「古代」と言っていいでしょう。この時代は、「人と神と自然」の三つの非常に密な関係が、いろいろな形で深められていった千年間だったろうと思います。

 例えばインドでは、多神教の世界が『リグ・ヴェーダ』という文書に大変見事に展開されていて、今の形になったのは大体紀元前800年前後だろうと言われています。それは、何百年もかかって積み上げられてきた結果なのですが、そこには「自然、人、神」の非常に密な関係が見事に展開されています。

 中国に関していえば、この時期に「四書五経」の世界が大変見事に展開されていきました。これが世界の財産になっていると思います。

 また、ギリシャ・中近東あたりでも同じような事態が見られます。ホメロスからソクラテス、それを文書化したプラトン、さらには、旧約・新約聖書。そういうものがこの時代に、人類全体の財産として非常に密な展開をしてきました。

 こういうものが、今から見ると、第一の千年紀に、後世のわれわれのために残された非常に大きなものとして映ってきます。


●第二の千年紀は「人と神」による宗教と、位階秩序の時代


 それを過ぎますと、紀元後数百年から千数百年までの間、通常の歴史用語によれば「中世」の世界が展開してきます。これもまた千年くらいの間になると思います。

 具体的な年号として1492年とか、1500何年とか、あるいは1648年とか、特定のイベントを指摘する人たちがそれぞれにいるでしょう。しかし、この時期を人類の経験として考えると、「位階秩序」というものを非常に密な形で学んでいった時期だろうと思います。

 この時期は、制度化された「宗教」という形で「人と神」の関係が展開したことによっても特徴づけることができます。古代と変わってきたものとしては、この時期すでに、古代には中心的なものだった「自然」が、少し落ち始めた時代かなとも思います。おそらくそれとペアになっているのかもしれませんが、人間社会の位階秩序に関しては、非常に密な学びをしてきた千年間だったように思います。


●第三の千年紀は「民族国家」と「経済成長」の時代


 千数百年以降の状況は、例えば日本の歴史などでは「近世、近代、現代」という表現を取ったりしますが、これは全部「近代」と言っていいだろうと思います。確証はないのですが、おそらくこの時期も千年くらいは続くかもしれないので、第三の千年紀と呼んでいいだろうと思います。

 われわれは、その第三の千年紀の真っ只中、ちょうど真ん中あたりにいる。今はそう...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。