10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

内閣府試算「参考ケース」が語る財政再建の厳しい現実

アベノミクス2年の評価~第一の矢と第二の矢

島田晴雄
慶應義塾大学 名誉教授
情報・テキスト
先の衆院選で、日本はこれから4年間、安倍政権に命運を委ねることを選択した。島田晴雄氏は、だからこそ今、「アベノミクス」とは何なのか、その課題はどこにあるのかを、しっかりと考え理解しなければならないと語る。アベノミクスの深層に迫り、日本経済を考える。(2015年1月26日開催島田塾第120回勉強会島田晴雄会長講演「年頭所感 アベノミクス 2年間の経験とこれからの日本経済」より、全10話中第1話目)
時間:15:13
収録日:2015/01/27
追加日:2015/02/12
先の衆院選で、日本はこれから4年間、安倍政権に命運を委ねることを選択した。島田晴雄氏は、だからこそ今、「アベノミクス」とは何なのか、その課題はどこにあるのかを、しっかりと考え理解しなければならないと語る。アベノミクスの深層に迫り、日本経済を考える。(2015年1月26日開催島田塾第120回勉強会島田晴雄会長講演「年頭所感 アベノミクス 2年間の経験とこれからの日本経済」より、全10話中第1話目)
時間:15:13
収録日:2015/01/27
追加日:2015/02/12
≪全文≫

●「安倍政権でこれから4年」を念頭に「アベノミクス」とは何なのかを考える


 「アベノミクス2年間の経験とこれからの日本経済」というテーマでお話しします。

 安倍晋三首相が選挙で勝って、気が付いてみたら、順当にいけば、あと4年間は安倍政権なのですね。これからの4年間は、多分日本の大きな転換期で大変だと思うのですが、そのようなときに全部、安倍政権にわれわれは命運を委ねるような格好になるわけです。

 「アベノミクス」と言われていますが、本当のところ、アベノミクスとは何なのかということを、過去のことも踏まえながらじっくり理解して、問題があるのならあるように、また課題が何なのかということも確認しておく必要があると思った次第です。今日は、ちょうど「島田塾」の講義も120回のいい節目ですし、年頭にも当たっていますので、皆さんと一緒にアベノミクスを考えてみたいと思います。2時間という特別な時間をいただいていますけれど、一緒に考えたいと思うのですね。


●過去最低の投票率で国民の信認を得たか?-アベノミクスの真価を見極める時


 まず衆議院選挙ですけれども、自民党は圧勝して与党で326席を取っています。衆議院の絶対安定多数が266席ですから、何をやっても大丈夫というようなことになったわけです。ところが、投票率が52.66パーセントで、戦後最低でした。前回よりも7パーセント近くも低いのです。

 このことは、非常に世界中の関心を呼びました。『フィナンシャル・タイムズ』紙をはじめ、いろいろな新聞が、「自民党は確かに大勝したけれども、得票率が低く、野党が準備不足でかなり混乱しており、国民にとって他に選択の余地がない選挙だったのではないか」と書いています。また、「アベノミクスへの信任を問う、と安倍首相は言ったが、自民党が勝ったからといって、国民の信認を得たかどうかは不明だ」というのが、多くの新聞の論調です。

 ただ、今申し上げたように、この結果、国民は安倍政権に4年間命運を託すことになるので、本当によく見つめていかなければいけません。

 安倍政権の最大の課題は、恐らく経済を本当に浮揚させられるのかどうか、ということです。実質賃金の向上、財政問題、社会保障問題、全てしっかりとアベノミクスが成功して成長してくれないと、これらの問題は解けないので、しっかり見ていかなければいけないと思います。


●ここまでのアベノミクスの総合評価-脱デフレマインドを狙った「第一の矢」


 まず、アベノミクスの2年間を、総合的にざっと評価してみたいと思います。やはり、アベノミクスとは何だったのかということを確実に知った上で、批判するなら批判する、課題を考えるなら考えていかなければいけないと思うのです。

 アベノミクスが三本の矢から構成されているというのは、皆さん、もうよくご存知でしょう。第一の矢は、異次元的な金融緩和ということです。この島田塾に、1年半ばかり前に菅義偉官房長官がお見えになりました。あの時、菅さんがどのようなことをおっしゃっていたかというと、「日本はこれまでの20年間を失ってきた」ということです。つまり、世界史でも珍しいデフレが続いたわけです。

 「その時、政治家は一体何をしていたのか。財政政策は財務省に任せ、金融政策は日銀に任せ、と無責任だったではないか。デフレなのだから、貨幣供給を増やせば何とかなるというのは、誰が見ても分かることなのに、なぜそれをしなかったのか」という議論...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。