10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

アゼルバイジャンの歴史を知れば、ロシアの悪行に気付く

アゼルバイジャン訪問に学ぶ(1)大国との位置関係とその歴史的経緯

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
北にロシア、西にトルコ、南にイランと、歴史的大国に囲まれた人口900万人の小国、アゼルバイジャン。3年前から始まった島田村塾で、この国を訪れることとなった島田晴雄氏。果たしてその訳は。また、この国の歴史から見えてきたこととは。(2014年10月2日開催島田塾第117回勉強会島田晴雄塾長講演より、全4話中第1話目)
時間:10:42
収録日:2014/10/02
追加日:2015/07/06
北にロシア、西にトルコ、南にイランと、歴史的大国に囲まれた人口900万人の小国、アゼルバイジャン。3年前から始まった島田村塾で、この国を訪れることとなった島田晴雄氏。果たしてその訳は。また、この国の歴史から見えてきたこととは。(2014年10月2日開催島田塾第117回勉強会島田晴雄塾長講演より、全4話中第1話目)
時間:10:42
収録日:2014/10/02
追加日:2015/07/06
≪全文≫

●アゼルバイジャンはロシアの南西に位置する小国


 アゼルバイジャンはどこにあるか、知っていますか? ほとんどの人は知らないですよね。しかし、ロシアはどこにあるか、知っていますよね。アゼルバイジャンは、ロシアの真ん中より少し南西に位置する国です。ロシアの真ん中より南はウズベキスタン、トルクメニスタンという中央アジアの国ですが、それより少し西側です。その隣の隣がウクライナです。ウクライナはほとんどヨーロッパなのです。キエフはヨーロッパの町と自他ともに認めていますので、いろいろな問題が起きるのです。

 アゼルバイジャンはその中間で、小さい国です。人口900万人で、四国ぐらいの面積です。


●ソリューションの時代、世界の歴史、文化などの熟知で信頼を築く


 なぜそんな所に行くことになったのかということですが、これは、島田村塾という塾があって、今日も皆さんが参加されていますけれど、島田村塾を3年前に始めて、1期生が卒業しまして、ものすごくよかったのです。今2期目に入りました。

 島田村塾は、次のような目論見でつくられている塾なのです。私は、皆さんと一緒にノアの方舟をつくっているつもりです。なぜかというと、先ほど「日本は持続性がないかもしれませんよ」と言いましたでしょう。今の日本がやっているような、閉鎖的な日本人の日本人による日本人のための国ということを続けていたら、日本は本当にこれから静かに行き詰ってしまうと思います。しかし、日本にはすてきな人がたくさんいますので、そんな人たちを行き詰らせたくないというのが私の思いです。

 ではどうすればいいのかというと、こういうことなのです。日本は、人口が減りますから、どんどんとマーケットが小さくなっていきます。マーケットが小さくなると、日本の国内で仕事をしている企業は営業利益が減りますので、借金しても返せなくなります。あるいは、投資を受けられなくなります。営業利益が増えなければ、駄目なのです。借金を返せないですから。

 そして、どんどん高齢化します。高齢化の社会的費用は、年金も介護も何もかもすごく高いのです。今、国民負担率は、社会保障と税金を合わせ平均して40パーセントです。高齢者の人口比率は25パーセントです。あと30年もすると、人口比率は40パーセントになります。その頃の国民負担率は72、3パーセントだと言われています。大和総研の研究だと73パーセントで、他の専門機関でだいたい70パーセント以上です。今でも500万円の所得の人は、手取りが300万円しかないのですが、70パーセントを超えると160万ぐらいになってしまうのです。それで生活できるわけがないではないですか。よって、日本には持続可能性がないのです。

 社会保障制度の改革ですが、清家篤先生という偉い方が社会保障制度改革国民会議の会長を務め、現在は社会保障制度改革推進会議の議長です。あの方は島田ゼミの1期生ですから、今、日本国家は私の影響下にあると、私は思っています。

 そこで今、一生懸命考えているのは、5公5民ですね。つまり、国民負担率が7割はひどすぎるから、5公5民でいこうということです。それができるのかというと、付け替えればできます。どのように付け替えるかというと、7割というのは、現役世代で借金を返すという前提ですから、それを次の世代に付け替えればできるのです。ただ、次の世代はもっと人口が少なくなるので、本当に生きていけないですよね。

 私には孫がいます。孫は今、...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。