10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年以降のユーロ下落には3つの局面がある

ユーロの十字架とギリシャ問題(1)ユーロ安の背景と今後の見通し

高島修
シティグループ証券 チーフFXストラテジスト
情報・テキスト
ユーロ安が止まらない。そして、再発するギリシャ問題。欧州とユーロに何が起こっているのか。今後どうなるのか。シティグループ証券チーフFXストラテジスト・高島修氏が鳥の目・虫の目で語る「ユーロの十字架とギリシャ問題」シリーズ第1話。
時間:11:47
収録日:2015/02/19
追加日:2015/02/25
≪全文≫

●金融緩和とギリシャ問題の再発でユーロ安


 シティグループ証券の高島修です。よろしくお願いします。最近、ユーロがずいぶん値を下げていて、ギリシャ問題がまた再発している状況です。そこで今回は、「ユーロの十字架とギリシャ問題」というテーマで話をしていきたいと思います。

 最初の項目として、ユーロ安の背景から始めさせていただこうと思います。

 昨年(2014年)半ば頃、ユーロドル相場は、1ユーロ1.4ドル台前後で、比較的ユーロが高い状態にありましたが、今は、足元1ユーロ1.1ドル台ぐらいまで値崩れしてきています。これは、背景として、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和が行われていることが一つと、また、ごく足元においては、ギリシャ問題が再発していることもあろうかと思います。

 ユーロの長い動きを見てみますと、1999年に統合通貨「ユーロ」が導入された後、ユーロは2年間ぐらい下げ続け、2000年の10月には、1ユーロ0.8ドル台まで値崩れしていました。

 そこからは、ユーロ高というより米ドル安という側面もあったわけですが、2008年のリーマン危機が起こる頃まで、ユーロ高が進みました。その時は、1ユーロ1.6ドル台ぐらいまでユーロが上昇する動きが出ていました。

 足元に至るまでのユーロの下げは、この2008年の1.6ドル台からの下落ということになります。


●近年のユーロ下落には三つの局面がある


 2008年以降のユーロの下落には、私が見るところ、三つの局面があると思われます。

 まず第一の局面は、2008年から2009年にかけてで、リーマン危機の米ドル高という側面があります。実は、米ドルは、大体深刻な危機に陥ると反発する傾向があります。リーマン危機の後のドルの反発が典型例です。こういったことがなぜ起こるかというと、世界中でいろいろな投資家や企業が米ドルを調達しているためで、危機になって米ドルの調達が難しくなってくると、いわゆるドル不足問題が発生して、ドルが反発する傾向があるのです。いずれにせよ、この2008年、2009年のドル高ユーロ安は、それまでユーロが上昇していた分のアンワインド(巻き戻し)としてユーロが反落して、ドルが反発した、という側面が強かったと思います。

 第二局面は、2010年のギリシャ危機、欧州ソブリン危機が起こったあたりで、大体1.5ドル台から下がっていく動きが出てきました。これは、ギリシャ危機、欧州ソブリン危機などによるユーロ安だったと思います。

 こういった状況は、2012年にいったん小休止となり、その後ユーロは底堅く推移していました。ところが、昨年の半ばに1.4ドル台でユーロの天井を付けた後、足元まで下がるという現象が起こっています。これは、ファンダメンタルズに基づくドル高ユーロ安だと見ています。これが第三局面です。

 ですから、第一局面は、2008~2009年の危機の米ドル高。第二局面は、2010~2011年ごろの、欧州の危機によるユーロ安。そして、第三局面は、この半年近く続いている、ファンダメンタルズに基づくドル高ユーロ安。そういう動きだと私は考えています。


●ユーロドルは米欧の金利差に基づいて動く


 ユーロドルが大体どういう動きをするかというと、アメリカとヨーロッパの金利差に基づいて動く傾向にあります。

 ユーロとドルの購買力平価(物価格差を考慮した上での為替相場の適正水準)をユーロとドルで見...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。