10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最も苦しいもの、それは孤独です――マザー・テレサ

在宅医療

堀江重郎
順天堂大学医学部大学院医学研究科 教授
情報・テキスト
日本では現在、病院で最期を迎える人が大多数だが、高齢化、終末医療の費用の問題、緩和医療ということを考えると、在宅医療の必要性は今後増大する。「人間らしい人生の終わり方」のために在宅医療推進の意義を説く。
時間:12:49
収録日:2014/01/24
追加日:2014/02/24

●1960年代から増加した「病院での最期」

皆さん、こんにちは。東京の順天堂大学病院で泌尿器科をしております堀江と申します。宜しくお願いいたします。
私は外科医ですけれども、今日のお話は、在宅医療のお話をさせていただければと思っています。在宅医療というのは、実はあまり耳慣れない言葉かもしれませんが、ご自宅で医療を供給するという形の、一つの医療の形態を言います。現在の日本におきましては、いわゆる病院の治療、これは入院をする治療です。そして外来での治療、これは病院あるいは診療所やクリニックでの診療が当てはまりますが、もう一つ大きな柱として、在宅医療というものが、現在、日本の国でも推進しているところです。
たとえば、いま人として、人生の最期を迎えて亡くなるとき、どのくらいの方が病院で亡くなるかということなのですが、おそらくほとんどの方は病院で亡くなることが自然だと考えていらっしゃると思います。ところが僅か50年前には、実はほとんどの方はご自宅で亡くなっていました。ちょうど1960年ごろを境にしまして、実は病院で亡くなる方が多くなってきたという現状があります。この背景には、まず医学自体の進歩、あるいは治療薬や治療機器の進歩というのがあって、死というものを治療によって回避できる。医療の非常に大きな目的というのは、病気、疾患あるいは外傷・怪我等によって亡くなることなく、また社会復帰できるということは、とりもなおさず医療の進歩であるということから、多くの方が病院で治療を受けられていることが自然になっています。

●十分とは言い難い日本の終末期医療

しかし、その延長線上で、もし皆さんがなかなか現在の医療では治らない状況に置かれた場合、どこで人生の最期を過ごしたいかという大きな問題が出てきます。現在の場合、大多数の方は病院で亡くなっているというのが、この日本の現状ですけれども、実はたとえばアメリカやヨーロッパでは、3割から4割の方は自宅で亡くなっているという現状があります。
実は2010年にエコノミストという雑誌がOECDの加盟国、そしてそれ以外の国々を含めました約35カ国で、人間の最終的な段階、これを「終末期」と言いますが、亡くなる前の医療について、ランキングを行っております。そのなかで日本は、そういった医療環境、すなわち国民のGDPであるとか、あるいは病院の数、医師の数、あるいは治療薬を入手できるかどうか、そしてどの程度保険医療を享受できるか、そういった点において非常に優れているのですが、いろいろな価値観を含めたこの終末医療のランキングを35カ国で見てみますと、実はちょうど真ん中より下、24番目くらいに位置しています。これはほかの国々と比べて、残念ながら終末期医療が十分に進歩していない、十分に行き渡っていないということの、一つの表れではないかと思います。

●「在宅」が終末期医療に望ましい理由-1.急速な高齢化という背景

では、なぜ病院ではなくて在宅医療のほうが終末期医療に望ましいかということですけれども、一つには、いま日本は急速な高齢化を迎えています。高齢化を迎えているということは、亡くなる方も増えています。たとえば現在の予測で言いますと、千葉県、埼玉県では今後10年後、まず亡くなる方自体が50パーセント以上増えると言われておりますし、もちろん日本の人口も見てみますと、やはり15年後には、国民の三分の一は65歳以上と、そういった極めて高齢化の進んだ社会になってきます。逆の言い方をしますと、日本のなかの多くの方々が高齢者になる前に大きな病気をしない、あるいは病気をしても治癒してそこまで元気になっているというのが、日本の素晴らしい医療の成果の一つですが、最終的にどの方も亡くなるということは生命の必然です。そのなかでどういう場所を選択していくかということを考える時期に来ているのではないかと思います。

●「在宅」が終末期医療に望ましい理由-2.延命にかかる莫大な医療費

そしてまた、実は国民の医療費が非常に高騰していますので、現在の国民医療保険制度、これが現在の状況をいつまで維持できるか、大変疑問が残る事態になっています。この国民医療費のかなりの部分が、我々が亡くなる3日前、4日前、その間の医療費、俗に言う集中治療費によって占められているといった現実もあります。これは、そういった集中治療を行うことによって、亡くなるということを回避できる、あるいは回復できるということでは大変意義がありますが、いずれにせよ、なかなか治らない状況の日数をただ延ばすだけ、俗に延命と言いますけれども、そういったためだけに莫大な医療費が使われるということに問題があるかもしれません。また、その時間を過ごすご本人あるいはご家族にとって、それがハッピーかどうかということが大きな問...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。