10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

分かった人はプロ! 日中4項目合意に村山談話が隠れている

どうなる?戦後70年「安倍談話」(4)村山談話をコミットした安倍内閣

若宮啓文
元朝日新聞主筆
情報・テキスト
習近平中国国家主席と握手する安倍総理(平成26年11月10日)
出典:首相官邸ホームページ(http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201411/10apec.html)より
戦後70年安倍談話では、「侵略」や「植民地支配」という言葉を同様に用いるわけではないと明言した安倍晋三首相。しかし、実はすでに、安倍内閣は村山談話を間接的にコミットしていると、若宮啓文氏は指摘する。一体、何がどうコミットしていると言うのか。(全5話中第4話目)
時間:10:45
収録日:2015/01/29
追加日:2015/03/19
ジャンル:
タグ:
≪全文≫

●日中4項目合意に村山談話が隠れている


若宮 実は、安倍晋三さんも、間接的には「村山談話」をコミットしていると思うのは、2014年のAPEC(アジア太平洋経済協力)で習近平さんと会いましたよね。あの時は非常にぎこちない会談で、習近平さんはそっぽを向いて、というようなことではあったけれど、一応とにかく会談しました。その会談よりも、会談の前段で、日本側から福田康夫さんやNSC(国家安全保障局)の谷内正太郎局長が中国に行き、また、外務省の局長も行ってまとめた4項目があるのです。その4項目合意は、見る人が見ないとなかなか分からない内容です。少し読んでみますが、実はこの4項目の中に村山談話が隠れているのです。分かった人は、すごいプロだと思います。

 1.双方は、日中間の四つの基本文書の諸原則と精神を遵守し、日中の戦略的互恵関係を引き続き発展させていくことを確認した。

 2.双方は、歴史を直視し、未来に向かうという精神に従い、両国関係に影響する政治的困難を克服することで若干の認識の一致をみた。

 3.双方は、尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識し、対話と協議を通じて、情勢の悪化を防ぐとともに、危機管理メカニズムを構築し、不測の事態の発生を回避することで意見の一致をみた。

 4.双方は、様々な多国間・二国間のチャンネルを活用して、政治・外交・安保対話を徐々に再開し、政治的相互信頼関係の構築に努めることにつき意見の一致をみた。

 こういうものです。

―― 見事ですね。3番などは芸術的ですね。

若宮 3番は芸術的ですね。よく分かっていらっしゃるから、芸術的とおっしゃったのだけれども、これは、中国側の要望で「尖閣諸島」という固有名詞を入れたわけです。

 また、「近年緊張状態が生じていることについて、異なる見解を有していると認識し」ですが、これを中国側は、「領有権について異なる見解を有していることを認識し」というようにしてくれれば、満足だったのです。つまり、紛争がある、領有権で見解が違う、ということを認めろ、というのが、中国の主張です。

 しかし、日本側は、それはできない、と言いました。そこで、非常に工夫して、「尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについての見解の違いである」と、間接的にしています。ですから、「領有権は何も認めない」というスタンスです。しかも、「近年」という言葉を入れたところが、外務省にすればミソです。これは、別に、鄧小平さんの頃からの話ではない、ということを言いたいわけです。一つの妥協ですけれどもね。

 ここで一番重要なのは、「危機管理メカニズムを構築し、不測の事態の発生を回避する」というところです。ですから、4項目の中で、これが一番の肝です。とにかく、何があっても、戦争、戦闘行為にはしない。何か不測の事態があったら、両官邸同士ではないけれども、軍と自衛隊の間などのホットラインをすぐに使って、そういうメカニズムをつくろう、ということですね。

 そして、先ほどの村山談話の問題に戻りますが、その前に、第2項目も若干、村山談話に関係しますね。「歴史を直視し、未来に向かうという精神に従い、両国関係に影響する政治的困難を克服することで若干の認識の一致をみた」の中の「両国関係に影響する政治的困難」とは、主として靖国参拝のことですね。ただ、「困難を克服することで若干の認識の一致をみた」というのが微妙です。「困難を克服する」というと、少なくとも「参拝はしない」というように、中国側は取るわけですね。もちろん、日本側も中国が薄々そう取ってくれることを期待したから入れているのですが、「認識の一致をみた」のところに、「若干」という言葉が入っているわけです。こんな文書はないですよ。

 ですから、安倍さんとしては「若干」であって、100パーセント認めたわけではない、ということで、だから、また行くかもしれないということは担保した、ということですね。しかし、玉虫色ですね。

 第4項目の、政治が安保対話をだんだんやるという「政治・外交・安保対話を徐々に再開し」については、総論としては結構なことだと思います。


●安倍内閣は村山談話をすでにコミットしている


若宮 ただ、問題は第1項目の「双方は、日中間の四つの基本文書の諸原則と精神を遵守し」というところですね。この「四つの文書」とは何か。一つは1972年の国交正常化の時の共同宣言ですね。その次が、1978年の日中平和友好条約です。その次は、1998年に飛んで、小渕恵三さんと江沢民さんの日中共同宣言です。そして、四つ目は、福田康夫さんと胡錦濤さんが2008年に出した共同宣言で、これが戦略的互恵関係...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。