10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン

「外国に干渉されることではない」と8月15日に参拝

靖国神社の参拝がなぜ問題になるのか(4)小泉首相の参拝と、解決への道

若宮啓文
元朝日新聞主筆
情報・テキスト
出典:首相官邸ホームページ(http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiprofile/index.html)より
小泉首相の在任中6回の靖国参拝は東アジア外交に大きな困難をきたした。なぜ首相参拝が行われたのか、支持されたのか。その理由を紐解きながら、憂慮すべき点も例示し、A級戦犯合祀を含む靖国問題の解決点を示す。
時間:14:59
収録日:2014/01/17
追加日:2014/02/24
出典:首相官邸ホームページ(http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiprofile/index.html)より
小泉首相の在任中6回の靖国参拝は東アジア外交に大きな困難をきたした。なぜ首相参拝が行われたのか、支持されたのか。その理由を紐解きながら、憂慮すべき点も例示し、A級戦犯合祀を含む靖国問題の解決点を示す。
時間:14:59
収録日:2014/01/17
追加日:2014/02/24

●遺族会票の獲得が総裁選公約の背景に

靖国参拝の問題ですが、前回は中曽根総理大臣が1985年に公式参拝をして、それに対して中国で大変な反発が起きて、それを受けて中曽根さんが翌年からは見送ったというお話をしました。
その後の総理大臣は、それを受けて、例外は少しありましたがそれは別として、参拝を基本的にしませんでした。特に8月15日はまったくしなかったのですが、小泉総理大臣が2001年に登場します。
小泉さんが、自分の在任中6回にわたって、毎年1回ずつ靖国神社を参拝したわけです。それに中国が大変反発し、韓国も反発したのですが、それによって東アジアの外交が大変混乱をきたすということになったわけです。そのことについて少しお話したいと思います。
小泉さんはもともとそれほど靖国神社に熱意のあった人ではないのです。2001年の春に、総理大臣になる前に自民党の総裁選がありまして、このときに、「靖国神社に8月15日に毎年参拝する」ということを、総裁選の公約にしたのです。
なぜそのようなことをしたのか。一つには、総裁選の少し前に、鹿児島の知覧に特攻隊の基地があるのですが、小泉さんはそこに行ったのです。そこには特攻隊のいろいろな遺品などが展示され、遺書がたくさんあるのですが、そこで思いを非常に強くしたのです。「戦争、国のために自分の命を犠牲にしたこういう人たちの霊を、慰めなきゃいかんな」ということに目覚めたというのですが、それで靖国に行くと言い出したのです。
もう一つの政治的な動機としては、総裁選は自民党の党員の選挙ですから、その中には特に遺族会の方が多く、遺族会の票をいただこうという作戦で、靖国神社の8月15日の参拝ということを公約したというように解説されています。私もそうなのだろうと思っています。

●退陣間際の2006年には8月15日に参拝

そして、この年、「8月15日に行くぞ」ということになったものですから、実は、中国などから事前に「それはとんでもない」「約束事に反する」というようなことで反発がきます。それで、この年はわずかに15日は避けて、前倒しで13日にお参りしたのです。小泉さんは、それで中国はまあまあ納得するのかと思っていたらしいのですが、ところが結果はあまり変わらず、中国ではやはり批判が強く巻き起こります。
小泉さんはその年、そのあと中国を訪問して、自分は歴史認識で別に過去を正当化するつもりで参拝したのではないという意味から、過去についての真摯な反省を述べたり、あるいは韓国にも行ってそういう発言をしたりして、少し修復させようとします。それで中国や韓国ももうこれで収まるのかなと思っていたようなのですが、小泉さんは翌年も、今度は春に、例大祭のときだったと思いますが靖国神社を参拝するということで、中国や韓国は余計反発を強めてしまったという経緯があります。
しかし、小泉さんは、「これは外国に干渉されることじゃないんだ」と言って、毎年、行く時期は秋に行ったりあるいは元旦に行ったりとくるくる変わりましたが、最後に自分がいよいよ退陣する間際の、2006年8月15日に参拝しました。それについて批判も国内でもありましたけれども、「小泉さん、よくやった」という声、応援団も日本の中では当然あったわけです。

●参拝は問題ないという論理

どうして参拝するのかという理由なのですが、これは中曽根さんもそうだったのですが、第一に、これは亡くなった方の英霊に対する約束だということです。亡くなった特攻隊の人だけではなくて、戦死した人は多いわけで...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。