10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

自らも実践、年間の家賃収入は3億円以上!

「お金持ち大家さん」を語る

高橋誠一
三光ソフランホールディングス株式会社 代表取締役社長
情報・テキスト
『「お金持ち大家さん」への道』
(高橋誠一著、PHP研究所)
 
サラリーマンのゆとりある老後生活のために『お金持ち大家さん』を書いた、株式会社三光ソフランホールディングス代表取締役社長・高橋誠一氏。無料で個別相談を行い、これまでに1500人のうち800人がアパートを購入したという。自身も50歳からスタートしたという、不動産投資による個人年金構築システム「お金持ち大家さん」について、具体的な事例を交えながら語っていく。
時間:12:48
収録日:2014/07/24
追加日:2015/06/15
≪全文≫

●サラリーマンのゆとりある老後生活のために『お金持ち大家さん』を書いた


―― そこで、財産ドックという、地主さんの資産相続の相談にのる、「お金持ち大家さん」のほうにいくあたりが、またすごいところですよね。

高橋 あれは45歳のときですが、バブルが崩壊するというのは、何となく感覚的に臭っていました。それで、このままだったら駄目だなと思ったのです。

 地主さんの相続対策ですが、今、地主さんは相続税で半分持っていかれます。ただ、例えば今でこそ20億のうち半分の10億ですが、当時僕がやっていたときは7割です。10億あったら7億持っていかれて、3億しか残らない。ということで、「こんな国があるのですか」「こんなばかな話はないですよね」となる。

 けれども、僕がコンサルをすると、7億持っていかれるうちの半分だから、3億5000万で済みます。「そんなことができるのですか」と聞かれるので、「できますよ」と答えるのですが、地主さんに信用してもらうのが大変です。

―― 金を持っている人は信用しないですよね。

高橋 農家の人は特に信用しないですね。「何か口でだまされてしまうのではないか」とか、「こいつ、自分のことを利用しに来たのではないか」と思われるのが普通です。

 けれども、皆さんが30億、40億と持っていて、今120人のコンサルをしているので、3000億ぐらいの資産を預かっているわけです。それが僕の言う通りやって、相続税が皆だいたい半分になって、それで家賃が数千万から3億ぐらい入っている。そのうち半分ぐらいは返済にまわっているけれど、それでも半分残っているわけだから、生活は楽ですよ。

 そんなことをやって、皆さんをお金持ちにして、「よっしゃ」となったのです。地主さんをお金持ちにするのは簡単です。それならサラリーマンに老後ゆとりある生活をさせてあげようと思って書いたのが、この『お金持ち大家さん』です。


●個別相談を受けた1500人のうち、800人がアパートを購入


―― これはすごく分かりやすいですよ。

高橋 『お金持ち大家さん』は、誰でも読んだらすぐ理解できるように、不動産用語などを一切使わずに書きました。だから、主婦が読んで、「私でも分かります」という感覚の文章です。そうしたら、「私も分かりました。相談にのってくれますか」と言って、個別相談に今まで1500人ほど来ています。ここに来て1時間、僕が無料で相談をやるのです。そのうち800人がアパートを買っています。

―― すごい率ですね。

高橋 800人ですよ。しかも、その人たちが買うのは、1棟ではないのです。2棟、3棟、4棟、5棟と、一番多い人は5棟も買っているのです。

―― それは普通のサラリーマンの人ですよね?

高橋 普通のサラリーマンとか、会社の役員もいるし、医学部の教授とか、大学教授もいます。医学部の教授は、今は稼いでいるけれど、辞めたら収入がない。それで、「今しかないですよ」と言ったら、「やりたい」ということで、その先生は5棟持っています。

 僕のところには今、芸能界からも結構相談に来ていて、「今は売れているけれど、売れなくなったら生活ができなくなるので、アパートをほしい」と言って、もう2棟も持っている女優の方がいるのです。

―― 高収入の人ほど、ずっと続くと思っていないわけですよね。

高橋 そうです。その通りで、会社経営者もそうだし、お医者さん、女優、プロ野球...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。