10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

製造業を成長させ中間層形成へ―モディノミクス

期待されるモディ政権、メイクインインディア政策とは

高島修
シティグループ証券 チーフFXストラテジスト
情報・テキスト
モディ・インド首相と握手する安倍総理(平成26年9月1日)
出典:首相官邸ホームページ(http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201409/01india.html)より
シティグループ証券チーフFXストラテジスト・高島修氏は、インドのモディ政権の「メイク・イン・インディア政策」は的を射ており、推進する上で、国内外ともにいい環境になっているという。それはなぜか。(全3話中第2話目)
時間:11:09
収録日:2015/06/09
追加日:2015/06/18
≪全文≫

●モディ政権は製造業を重視している


 今日、二つ目の話題として、インドのモディ政権がインドルピーに対して持つ意義について考えたいと思います。

 昨年(2014年)5月の総選挙の結果、インド人民党を主体とするモディ政権が発足しました。インドという国は、第一次世界大戦後から第二次世界大戦後にかけて、マハトマ・ガンジー、ジャワハルラル・ネルーが独立運動を主導し、イギリスからの独立を勝ち取りました。この流れをくんでいる政党にインド国民会議派があります。モディ政権の誕生前も、2004年から2014年にかけてはインド国民会議派の政権が続いていました。10年ぶりに、インド国民会議派以外の政党が政権を握ったのです。

 インド人民党はヒンドゥー至上主義を掲げている政党で、その意味で少々不安な側面もありますが、モディ政権は「寺よりトイレ」という標語を掲げていて、今のところは宗教色を薄める方針で政権を運営しています。ナレンドラ・モディ首相は、首相になる前、グジャラート州の知事をしていました。その時、製造業を誘致することで州の経済を立て直した実績があり、その手腕への期待が膨らんでいる状況です。

 モディ首相が掲げる政策の中で特に注目されるのは、グジャラート州経済を立て直した時と同様、製造業を重視する「メイク・イン・インディア政策」です。現在のインドは、経済構造上、第三次産業に依存する割合が比較的に高い国です。かつてのアメリカや日本、近年の中国などは、農業を中心とした第一次産業から、工業を中心とした第二次産業が立ち上がり、最終的にサービス産業を中心とした第三次産業に移行していきました。インドはもともと第一次産業への依存度が高い中で、第二次産業の製造業あたりが伸びてくる前に、金融、建設、ITなど第三次産業を中心に伸びていきました。日本、アメリカ、中国などとは違う経済発展の道をたどっているのです。

 しかし、そういった中で中間層を形成するには、組織だった企業経営、生産活動を行う製造業の発展が重要です。日本、アメリカ、中国と違い、製造業が発展してこなかったことが、インドの中間層の形成が遅れた理由の一つだといわれています。そこで今、モディ政権は製造業を成長させる政策を打ち出しているのです。


●インドの人口動態上の三つの強み


 今のインドを取り巻く環境を考えてみると、モディ首相がどこまで意図しているか分かりませんが、メイク・イン・インディア政策は的を射た政策だと思います。

 インドの国内事情としていえるのが、労働資源、つまり人口が豊富であることです。インドの人口を考えるときには三つのポイントがあります。一つ目に、全人口が現在約12億人で、中国に次ぐ世界第2位であること。しかも、中国と違い、インドの人口は今後も増えていき、おそらく2030年代には中国を抜いて、世界第1位の人口大国になると予想されています。

 二つ目には、人口が伸びるだけでなく、16歳から65歳までの生産年齢人口比率が上昇していくことが挙げられます。中国の生産年齢人口比率は、今ちょうどピークアウトしようとしているところです。そのため、今後の中国の経済成長率は、現在の10パーセントから、場合によっては7パーセントか、6パーセントに下方屈折するのではないかといわれています。過去、日本やアメリカで生産年齢人口比率がピークアウトした時、すなわち日本は1990年頃のバブル崩壊、アメリカは2008年のリーマン危機の時には、どちらも大きな経済的...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。