10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

近代化が進む中、明治天皇が心配されたのは進化論だった

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(15)当時の指導者の不見識は何に起因するのか

渡部昇一
上智大学名誉教授
情報・テキスト
種の起源
明治時代の日本は大変な勢いで西欧の技術や制度を導入し、国家の近代化を成し遂げた。しかし、それでも日本古来の精神や、日本古来の美風が忘却されることはなかった。その背景にはどのような要因があったのか? 上智大学名誉教授・渡部昇一氏によるシリーズ「本当のことがわかる昭和史」第二章・第15話。
時間:07:07
収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20
タグ:
≪全文≫
 つくづく思うのだが、幕末の維新や戦争の修羅場をくぐって鍛えられ、ガッツを身につけた先人たちは、素朴ではあっても時代を切り開いていくときに必要な歴史観と世界観はしっかりと身につけていた。

 だが、第一次世界大戦前後になると、日本外交を引っ張るような人々は、明治以降に教育を受けて上り詰めたエリートになっていた。

 たとえば対支二十一カ条を突きつけた折に外相を務めていた加藤高明は安政7年(1860)に生まれ、旧制愛知県立第一中学校、名古屋洋学校を経て、明治14年(1881)に東京大学法学部を首席で卒業。その後、三菱に入社してイギリスに渡り、明治19年(1886)に岩崎弥太郎の長女と結婚した人物である。

 日英同盟破棄と四カ国条約・九カ国条約の締結があったワシントン軍縮会議の折の外務大臣であり、さらに不戦条約締結の際には全権を務めた内田康哉は慶応元年(1865)に生まれ、明治9年(1876)に同志社に入学するも、のちに退学し、明治20年(1887)に帝国大学法科大学(現在の東京大学法学部)を卒業。外務省に入省している。

 また、日英同盟を破棄した折の全権代表(当時、外務次官)であり、その後、ロンドン軍縮条約締結の折の外相でもあった幣原喜重郎は、明治5年(1872)に生まれ、官立大阪中学校から、第三高等中学校を経て、明治28年(1895)に帝国大学法科大学を卒業している。ちなみに幣原の妻も岩崎弥太郎の娘(四女)であり、彼が最初に外相に就任したのも義兄・加藤高明が首相を務めた内閣の折であった。

 これまで述べてきたように、当時の外交を率いた人々の「不見識の罪」はかなり重いといわざるをえないが、彼らの不見識は何に起因するものであったか。

 ここで思い当たるのが、明治時代の教育の問題である。よく知られているように、明治23年(1890)に「教育勅語(教育ニ関スル勅語)」が発布されている。第一次大戦前後に日本を率いたリーダーたちのあり方を考えるうえでは、この教育勅語がなぜ編纂されることになったのかを見ておかねばならないと私は考えている。

 明治時代の日本は大変な勢いで西欧の技術や制度を導入して、国家の近代化を成し遂げた。しかし、それでも日本古来の精神や、日本古来の美風が忘却されることはなかった。

 実は、それを両立するのは、世界史的には類い稀なことである。日本のあとに近代化を進めた国は数多いが、ほとんどの場合、過去を捨て去ろうとする動きが強くなるか、あるいは古来大切にされてきた価値観への原理主義的な揺り戻しが起こるかの、どちらかであった。イランで近代化を進めようとしたパーレビ国王が、イスラム原理主義運動で倒されたことなどは、典型的な例といえる。インドやシナのような文明圏は、植民地化や共産革命を通過してようやく近代化に向かった。現在、日本を訪れる多くの外国人が、日本では伝統と近代が見事に融和していることに驚くのは、それ相応の理由があるのである。

 もちろん日本でも、近代化路線への根強い反発がなかったわけではない。萩の乱や神風連の乱、西南の役などの士族の反乱が続出した背景にも、その不満があった。しかし、そのような反発が局地的なもので収まり、全国で爆発することがなかった大きな要因は、明治天皇がおられたことにあった。

 たとえば身近なところでいえば、仏教伝来以来、「四つ足」(家畜)を食べることは禁忌だったが、しかしそれでも、子供が「天皇様も洋食を召し上がっている」といえば、親は文句がいえなくなる。長い間培われてきた風俗伝統を変えることは容易いことではないが、明治天皇のご存在が、その変化を強く後押ししたのだった。

 その一方で、明治天皇はきわめて厳格に皇室祭祀を復活させている。祭祀の前日にはお好きな牛乳も召し上がらなかったという話も伝えられる。これには、どんな復古主義者でも文句などいえるはずがない。

 このような明治天皇の御心が、近代化の奔流の中に投げ出された日本国民の安心立命の源ともなったのである。「和魂」と「洋才」の両立、つまり復古による近代化というきわめて幸せなパラドックス(逆説)は、かくして成立したのであった。

 明治天皇ご自身、「和魂」と「洋才」のバランスについて深いお考えをお持ちであった。明治以降、学校制度が確立され、西洋の学問が教育現場にどんどん導入されると、明治天皇は巡幸などで教育現場をとりわけ熱心に視察された。しかし、そこで明治天皇がご覧になったものは、英文を流暢に読めても日本語にうまく訳せなかったり、技術論は知っていても実務には疎い生徒たちの姿だった。

 このような状況に明治天皇は、「いまの教育はあまりに西洋風に偏り、日本古来の美風をなおざりにしているのではないか」との深い懸念を抱かれるように...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。