10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本が掲げた理念を各国指導者たちはどう評価したのか?

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(12)大東亜会議を再評価せよ

渡部昇一
上智大学名誉教授
情報・テキスト
大東亜会議に参加した各国首脳
戦後、アジア諸国はみな独立をしたが、あのとき日本が戦っていなければ、独立はとても難しかっただろう。その意味で、重光葵外相が開催に尽力した大東亜会議を改めて評価すべきである。上智大学名誉教授・渡部昇一氏によるシリーズ「本当のことがわかる昭和史」第六章・第12回。
時間:01:32
収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/17
≪全文≫
 そして現実に、戦後、アジア諸国はみな独立をした。あのとき日本が戦っていなければ、独立はとても難しかっただろう。

 その意味で、私は重光葵外相が開催に尽力した大東亜会議(昭和18年〈1943〉11月5~6日)を改めて評価すべきだと考える。

 この会議に参加したのは、錚々たるアジアの人士であった。

 ビルマ国:バー・モウ内閣総理大臣
 満洲国:張景恵国務総理大臣
 中華民国国民政府:汪兆銘行政院長
 タイ王国:ワンワイタヤーコーン殿下(首相代理)
 フィリピン共和国:ホセ・ラウレル大統領
 自由インド仮政府:チャンドラ・ボース首班

 ちなみに、インドネシアの独立の闘士スカルノとハッタは会議直後に来日し、昭和天皇より皇居に招かれている。まだ独立していないため、正式メンバーとして出席できなかったのである。

 この大東亜会議のことは深田祐介氏が『大東亜会議の真実』(PHP新書)で詳しく書いておられる。そこに描かれているのは、当時、現地での日本軍憲兵の行きすぎた振る舞いなど日本の至らぬ点に対しては率直に苦言を呈しつつ、しかし、日本が掲げた理念に対して賛同する各国指導者たちの姿である。

 ビルマのバー・モウは、こう演説している。

 「私は亜細亜の夢を見続けて参りました。私の亜細亜人としての血は、常に他の亜細亜人に呼び掛けてきたのであります。昼となく夜となく、私は自分の夢の中で、亜細亜が其の子供に呼び掛ける声を聞くのを常としましたが、今日此の席に於て私は、初めて夢に非ざる亜細亜の呼声を現実に聞いた次第であります。我々亜細亜人は、此の呼声、我々の母の声に応えて茲に相集うて来たのであります」

 名演説家としても名高かった汪兆銘は、こう述べた。

 「本年一月九日以来、日本は中国に対し、早くも租界を還付し、治外法権を撤廃し、殊に最近に至り日華同盟条約を以て、日華基本条約に代え、同時に各附属文書を一切廃棄されたのであります。国父孫先生が提唱せられました大亜細亜主義は、既に光明を発見したのであります。孫先生が日本に対し、切望致しました所の、中国を扶け、不平等条約を廃棄するということも、既に実現したのであります」

 「重慶(引用者注:蔣介石政府のこと)は他日必ずや、米英に依存することは東亜に反逆することになり、同時に国父孫先生に反逆することとなるべきを自覚し、将士及び民衆も亦悉く飜然覚醒する日の到来することは必定たるべきことを断言し得る次第であります」

 チャンドラ・ボースは、大東亜共栄圏の建設は「全アジア民族、全人類の重大関心事」で「強奪者の連盟に非ずして真の国家共同体への道を拓くもの」であり、「(大東亜会議の)出席者各位は、新日本、新アジアの建設者としてのみでなく、新世界の建設者として永く其の名を歴史に止められるであろうことを、私は確信するものであります」と高らかに語った。

 そしてこの、アジアで最初、かつ世界初の有色人種によるサミットである大東亜会議で、共同宣言が採択された。この文章をぜひ紹介したい(読みやすさに配慮して文字遣いや表記を適宜変更し、句読点などを補う)。

 〈そもそも世界各国が各その所を得、あい倚り、あい扶けて万邦共栄の楽を偕にするは(万邦共栄の喜びを共有するのは)、世界平和確立の根本要義なり。
 然るに米英は自国の繁栄のためには他国家・他民族を抑圧し、特に大東亜に対しては、飽くなき侵略搾取を行ない、大東亜隷属化の野望を逞しゅうし、遂には大東亜の安定を根底より覆さんとせり。大東亜戦争の原因、ここに存す。
 大東亜各国は、あい提携して大東亜戦争を完遂し、大東亜を米英の桎梏より解放して、その自存自衛を全うし、左の綱領に基づき大東亜を建設し、以て世界平和の確立に寄与せんことを期す。

 一、大東亜各国は協同して大東亜の安定を確保し、道義に基づく共存共栄の秩序を建設す
 一、大東亜各国は相互に自主独立を尊重し、互助敦睦の実を挙げ、大東亜の親和を確立す
 一、大東亜各国は相互にその伝統を尊重し、各民族の創造性を伸暢し、大東亜の文化を昂揚す
 一、大東亜各国は互恵の下、緊密に提携し、その経済発展を図り、大東亜の繁栄を増進す
 一、大東亜各国は万邦との交誼を篤うし、人種的差別を撤廃し、普く文化を交流し、進んで資源を開放し、以て世界の進運に貢献す〉

 これは、いまでも一言も変える必要がないほど立派な内容である。

 この大東亜会議の再評価、すなわちリビジョンが必要だ。当時の首相は東條英機大将で、彼が大東亜会議の主役を務めた感があるが、この大東亜会議を構想した重光外相は本当に偉かった。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。